映画・DVD「トゥモロー・ワールド」2007/06/16 01:30

18年間、赤ん坊が誕生しない世界に生きる男の物語。

ある事が原因で、
18年間、赤ん坊が誕生していなかった
世界で生きる男は、拉致された。
向かった先には、
かつて、共に行動していた女性がいて、
男に、ある事を頼んだ。
男は、従い、そして、ある女性と出会った。
その女性は…。

赤ん坊が誕生しない世界。
想像つきませんね。
誰一人として妊娠しないって事ですよね。
こんな事起きるとは思っていないんですが、
もしも、そうなったら、
どんな世界になっているんでしょうね?
この映画のようになっちゃうのかな?
だとしたら、嫌ですね。

犬を連れた女の人との別れのシーンでは、
鳥肌が立ってしまいました…。
嫌ですね、こういうシーン。
悲しくなりますね。
はっぱ売りの男の最後のシーンも嫌でしたね。
どうして、そうしなきゃならないの?と。
看護婦さんとのシーンもですね。
そして、…。

カット無しの長いシーンは凄かったですね。
これは映画館で見たら、迫力あっただろうなと思いました。
この映画、実は友達に見ようと誘ったんですが、
断られてしまった映画なんですよね…。
失敗した…。

見終わった今、気が付いたんですが、
子供が出来ないからか、
犬を連れた人が多かったような…。
気のせいかな?

とにかく悲しくなるようなシーンばかりの映画でした。
でも、カット無しの長いシーンを
見るだけでも価値はあると思いますよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/06/16/1582146/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。