映画・DVD「the EYE2」2007/06/27 22:24

自殺未遂した女の物語。

恋人に冷たくされた女は、
ホテルで自殺しようとしたが、助かってしまった。
その日から彼女には、見えない人達が見えるようになった。
そして、彼女のお腹には新しい命が宿っていた。
そんな彼女に付きまとう一人の女がいて、
彼女は彼女が誰なのか?何のために付きまとうのか?
調べてみると…。

前作は目が見えなかった女の人が
手術をして目が見えるようになったら、
見えないものも見えてしまったと言う物語でしたよね。
今作は、目の見える女の人でした。
んー、何で、このタイトルにしたんだろう?
別のタイトルでも成立しちゃう内容なんですよね。
もしかして、前作がヒットしたから?

今作は前作ほど、恐くなかったです。
でも、別の意味で恐かったかも。
主人公の女の人が…。
自分から別れを告げといて、
これは無いだろうと言う事してますからね。
恋人に追い掛けて欲しくて、
別れを言ったのは、相手に対して失礼です。
別れたくなかったら、言わなきゃいいのに…。
振り返ってみると、
全ての出来事が彼女がある事をした事で
始ってるんですよね。

主人公の女に付きまとう女が
自分とは関係があるのは複雑ですね。
どうなんでしょうか?
思い出したりしないんでしょうか?
それとも、
なっちゃえば、大丈夫なもんなのかな?
こればっかりは女の人で無いと分りませんね。

やっぱり前作の方が面白かったように感じます。
タイトルがタイトルなんですから、
前作のような感じにして欲しかったです。
別のタイトルだったら、良かったかも…。
見えないものの恐さより
人間の恐さが勝ってました。