映画・DVD「アタック・オブ・ザ・ジャイアントウーマン」2007/07/01 23:27

薬で巨大化してしまった女の物語。

あるコンテストで最終選考の3人の1人に選ばれた女は、
医師からある薬をもらっていた。
その薬を一度に多くするのは命に関わると、
医師から警告されていたが、
彼女は我慢出来ずに、
一度に大量の薬を飲んでしまい、
巨大化してしまう…。

コメディ映画なのですが、
残念ながら、あまり笑う事の出来るシーンはありませんでした。
唯一良かったのが、
最後の一人を決める男の彼女が荷物を運ぶシーン。
彼女は3人分の荷物を一度に運ぼうとします。
そんな彼女は足元が見えません。
彼女の行く道には…。
あり得ないんですけどね。

巨大化した彼女がどうにかなるのかと思ってんですが、
特に何も起こりませんでしたね。
何かあってもいいんじゃないですかね?
ハラハラしなかったです。

まだ巨大化していない女が朝起きた時の顔が凄かったです。
これは、見せていいものなんでしょうか?
怒っているような顔してますよね?

コンテスト最終選考の3人の中で
一番威張っている女の人がいるのですが、
何故、この人が選ばれたんでしょうか?
どう見たって、おばさんだし、肌も3人の中で一番…。
キャスティング、ちゃんとして欲しかったです。

彼女と同じ状態になってしまった動物を
主にした方が面白いものを
作れるんじゃないかと思いました。
でも、結局、同じなのかな?

もっと笑える映画だと
思って期待していたのですが、残念でした…。
お色気もなんか中途半端だったし。
借りた自分が悪いんだから、
しょうがないですよね…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/07/01/1619019/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。