映画・DVD「ケーブル・ガイ」2007/07/23 15:22

有料テレビの工事の男の物語。

恋人と別居した男は有料テレビの工事の男を待っていた。
約束の時間から4時間後に、工事の男は現れ、
金を渡して、有料チャンネルを無料で見れるように頼むのですが、
工事の男は友達になりたいと言い出し…。

ストーカー映画ですね。
子供の時に可哀想な日々だったんだね。
外で遊ぶのも禁止だったの?学校は?
友達出来る機会はあったはず。
ちょっと変だよな。

工事の男は、そんなに悪い奴ではないと思うよ。
接し方を考えればいいだけの事だと思うだけど、
やっぱり難しいかな。
彼は、どんな人でも暴走しそうだよな。

トイレでのシーン、面白かった。
気障な男があんな風にやられるのを見るのは、
ちょっと気持ちがいいね。

この映画、ベン・スティラーが監督したみたいだね。
本編も良かったんだけど、
同時進行していた、双子の裁判が気になったな。
こっちの方は映画にしないのかな?
ちょっと見てみたい。

工事を頼んだ男はちょっと酷いんじゃないかな?
恋人との寄りを戻せたのは、
どう見たって、彼じゃなく、工事の男のおかげなのに。
なのに、あの扱いは、ちょっと酷過ぎる。
確かに、工事の男も酷かったけどさ。
だから、工事の男が怒って、
こんな事になっちゃったのにね。

中世のショーをやっているレストラン。
子供向けかもしれないけど、
あったら行ってみたいな。
彼ら二人のようにショーには出たくないけど、
ショーは見てみたい。
アメリカだと、こういうのありそうだよな。
日本には、さすがに無いよな。

バスケットのシーンは工事の男、やり過ぎ。
これじゃあ、皆で楽しめないよ。
人と何かを一緒にする事に慣れてないみたいだね。

ラストは「えっ?」と思わせる出来事があったね。
こんな風になるとは思わんかったよ。
ここまで来ると、さすがに恐くなるね。

工事の男の思い込みで、
このような事態になってしまいましたね。
実際にもありそうで、ちょっと恐いね。
そう言えば、同じような状態になっていた人が
最近見たDVDにありましたね。
結構いるのかな?同じようになってしまう人。
外見は普通だから、その人がどうか分らないけれど、
ちゃんと冷静に対応すれば、
大丈夫だと思うんだけど、どうなのかなぁ…。
人と付き合うのって、簡単にはいかないですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/07/23/1675499/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。