映画・DVD「リーグ・オブ・レジェンド 時空を超えた戦い」2007/09/02 16:21

世界大戦を起こそうとする計画を阻止するために集まった人々の物語。

ある組織が銀行を襲い、金庫からベニスの街の地図を奪った。
目的はベニスで行われる会議を壊し、世界大戦を起こす事。
それを阻止するために、各地から特別な能力を持つが集まるのですが…


やっぱ、ショーン・コネリーはカッコイイ。
こんな風に歳とれたら、最高っすね。
渋いし、「ダンディ」って言葉が似合うし。
ほんと、こんな風になれたら、いいな。

映画は、なんだろう。
もうこうなるんじゃないかって分る様な感じで進むから、
あまりハラハラ、ドキドキ出来なかった。

船長が意外にカッコ良かった。
彼のアクションシーンはいいですよ。
一人で何人もの敵をばったばったと倒してく。
しかも、素手で。
その間、部下はじっと見てる。
邪魔すると怒られるのか?

その船長が動かす船がもの凄ーく長い。
先が長い。本当に長い。
こんな船で早く進むんだろうかってぐらい長い。
でも、早いんだよな。
これって、ちゃんと現実でも早く進むんだろうか?
ちょっと疑問。

チームの紅一点も良かった。
こういうカッコイイ女の人は好きです。
あるモノを連れての攻撃がいいですね。

そして、お笑い担当の透明人間。
いいキャラしてますね。
ある場所からチームの合流する時のシーンで、
少し笑いました。
確かに、この状態だと、彼の言う通りになりますよね、きっと。
俺にはたぶん、出来ない。

キザったらしい奴は、あまり好きになれない。
この人の能力は分ったんだけど、
どうして、こうなったのか、分らなかったんだけど、
最後の戦いで、なんとなくなんだけど、分った気がする。
ようするに、彼が取り戻したかった物が
彼の身代りになっていたって事なんでしょうか?

博士も船での活躍後に戻ってきた態度が良かったです。
なんとも恥ずかしそうに戻ってくるのが、
この人の良さを表しているような感じに思えました。

ショーン・コネリーが演じてた冒険家は、やっぱ、カッコ良かった。
よく、この歳で、こんなに動けるよな。

ところで、この映画のタイトルに、
「時空を超えた戦い」とあるんですが、時空超えてました?
てっきり、この言葉から、
タイムマシーンで乗って未来から来た人が
過去をどうにかしちゃうのかと思っていたんですが、
なんで、この言葉を入れたんでしょう?
もしかして、何か見落とした?

ラストシーンは、ちょっと意味有り気だよな。
まさか言葉通りになるんじゃないよね?
でも、そんな感じするなぁ。
まぁ、そこは想像に任せるって事なんだろうね。

やっぱり大物が出演しているだけあって、
金も掛かっているし、スケールも大きいし、
本当の娯楽映画でした。
ただ、予想していたような流れになってしまうのが残念でしたが、
皆の活躍ぶりはカッコイイし、
スカッとする映画だと思います。

やっぱCG使ってないと、この映画は出来ないよね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/09/02/1765175/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。