映画・DVD「SFソードキル」2007/09/17 00:10

現代で蘇生された侍の物語。

氷付けになっている侍の死体が発見され、
蘇生する事に成功し、侍は研究室にいる事になった。
ある夜、侍の持っている刀を盗みにある男が入るが、
侍によって返り討ちにされる。
そして、侍は、現代の街に出てしまうのですが…。

藤岡弘、さんが主演してました。
侍役なので、ずっと日本語を話してました。
確か藤岡弘、さんが英語を話せるような事を
聞いた事があるので、なんだか勿体ないですね。
でも、ある意味、藤岡弘、さんらしい
ハリウッドデビュー?ですよね。
あくまでも日本で貫き通したんですからね。

軽い感じで見てみたら、
結構、残酷な事してます。
まぁ、侍だからね。
これは当然の事なんだろうね。

でも、侍は悪い奴ではないんですよね。
老人が若い男達に
襲われているところを助けたりしましたし。
この老人が後で、侍を助けるんですが、
そのシーンが何とも言えないですねぇ…。

侍は英語理解してないよね?
でも、なんだか通じてるようにも見える。
やっぱ、言葉じゃないんだよな。

ラストシーンは、とっても切ない。
こういう事になる以外無かったのかなぁ…。

ちょっと昔の映画って感じですね。
藤岡弘、さんの殺陣はカッコ良かったですよ。
物語の内容よりも殺陣ですね、この映画は。