映画・DVD「ザ・スリーパー」2007/09/28 23:38

ある計画から抜けた男の物語。

他人の夢の中に入り、情報を収集する計画から
抜けた男は追われる身となってしまった。
ある夜、夢の中にいた男は知り合いの男が
何者かによって殺されてしまうところを見てしまう。
そして、今度は男が暗殺者に狙われるのですが…。

またまた変な映画(?)を見てしまいました…。
短いし、意味もあまり理解できなかった。

まず、他人の夢の中に入って情報収集する計画。
果たして、他人の夢の中で
正確な情報って取得できるもんなんだろか?
夢って、非現実的な事も起きますよね?
こんな事をやろうと考え出した人も凄いな。
そして、他人の夢の中に入れるのも凄いよね。
一体、どうなってんだ?

主人公の男は、他人の夢の中に入って
情報収集する計画から抜けてしまいました。
その理由が、「今更、気が付いたの?」と言ってあげたい。
どう考えたって、わざわざ他人の夢の中に入って
情報収集するんだから、
主人公の男が思ってる事は無いと判断できると思うんだけどな。

夢の中に現れる暗殺者の格好がちょっと変でしたよね?
なんで、こんな格好してんだろね。

ある場面で突如現れれる女。
なんて格好してんの?
この女の人は何しに出てきたんだろね。

男は捕まり、拷問されます。
そのシーンで、ある男に「男になれ」と言われて、
ある部分を触られたみたいでした。
んー、こんな事までしないといけないのかね?
変な映画(?)だなぁ。

暗殺者と思わる人物と直面。
そいつがある人を銃で撃つ時の
顔のアップのシーンがありました。
そんなに衝撃ってないものなんでしょうか?
下向きで撃ってるのに。
しかも無表情。
あきらかに不自然。
でも、それも当然。
全部、夢の中だから…。

捕まった男の目の前にある人物が。
その人物の出現によって、はっきりと分った主人公の男。
まさか、こういう事だと思ってもみなかったです。
というか、あまり考えて見てませんでしたね…。

主人公の男、この先、どうなっちゃうんでしょうね?
なんか嫌だな。
このままだったら…。

やっぱり夢は夢。
現実では無いんですよね。
非現実なんだから、こんな事も出来ますよね。

正直に言いますと、あまり良くありませんでしたね。
カッコイイと思えるシーンも無し。
感動できるシーンも無し。
笑えるシーンも無し。
ハラハラするシーンも無し。
ただし、イライラするシーン有り。
…でしたからね。