映画・DVD「エンド・オブ・デイズ」2007/10/12 00:25

元刑事で護衛の仕事をしている男の物語。

1999年のある日、元刑事の男は、ある男の護衛をしていた。
狙撃手にある男が狙われたが、元刑事の男が撃たれて…。
ある夜、護衛していた男にサタンが乗り移り、ある女性を探す。
サタンはその女性に自分の子供を宿らせて、
世界を滅亡させようとするのですが…。

サタンが子供を作るために、ある女を狙う。
なんか変な話だよね。
その女性が既に妊娠してたら、どうなってたんだろね?
もしかして、サタンだから、そんなの関係ないのかな?

元刑事の男は狙撃手の持ち物から、捜査開始。
最初の目的って何だったんだっけ?
忘れちゃった…。

女性の育ての親の婆さん。
強いなぁ。本当に強い。
だって、あのシュワちゃんがやられてるんだよ?
そうとうな力持ちだよね。

サタンの癖して、魔法とか使えないんだね。
爆発するために、サタンは…。
人間に乗り移っているからなのかな?
なんか魔法使ってというシーンもあってもいいのにね。

シュワちゃんは、やっぱカッコイイね。
やっぱ違いますな。

病室のシーンはちょっとグロかったね。
こんな事、人じゃ出来ないよね。

女刑事は最初大丈夫だったのに、
元刑事の男に銃を向けたよね?
一体、何があったんだろ?

元刑事と狙われる女性は一緒に逃げる。
ハラハラして良かったです。
教会関係者がいい人だけとは限らないんですね。

サタンは元刑事の男にある状況を見せて、誘惑。
やっぱ汚いね、サタンは。

元刑事の男は、サタンに対して、銃で対抗。
単純に考えたら、
サタンに銃って通用しないと思いつかないかな?
それでも、元刑事の男は十字架ではなく、銃を持つ。
ポリシーあって、いいね。

元刑事とサタンとの対決シーンは迫力あるね。
これは絶対、大画面、大音響で見たら、いいだろうなぁ。
まぁ、しょうがない。

元刑事の男が…というラストシーン。
感動して鳥肌が…。
久しぶりに鳥肌出ましたよ。
こういうシーンって弱いんですよね。

楽しかったです。
こういうアクション映画は好きです。
頭使わずに見れますからね。
だいたい予想はつくし。
でも、この映画のラストは予想外でした。
ちゃんと伏線あったのに見抜けませんでした。
まだまだですなぁ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/10/12/1849246/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。