映画・DVD「ラットレース」2007/10/15 00:27

200万ドルを掛けたレースに参加する人々の物語。

ラスベガスのカジノであるコインを出した人々が集められ、
ある駅のロッカーに入っている
200万ドルを掛けてのレースがスタートした。
しかし、彼らの行く手には数々の困難が待ち構えていて…。

オープニング、面白いね。
登場人物の顔写真を使ったアニメ。
こういうの好きです。

「発情アフロ」を11回見たというやり取りが面白かった。
わざわざ、内容まで説明するなんて、
凄いフロントの人だ。
実際に、彼はどうなんだろ?
見てないのかな?それとも見たのかな?

最初は乗る気が無いように見えたんだけど、
やっぱりお金が絡むと人間違うんですね。

突然眠ってしまう人が面白かった。
本当にこんな病気あるんでしょうか?
もしあるとしたら、ちょっと恐いですね。
この人はタイミング良く(?)、眠っちゃうんですね。
この人にある危機が迫るんですが、
その時の回避方法が凄かった。
この人、人間ですか?
こんな事出来るなんて、本当に凄いですよね。

問題ある審判は、ちょっと可哀想だったなぁ。
いくらなんでも、これはやり過ぎでは?
でも、それだけ、掛けてたのかな?
お金が絡むと、人間恐いね。
バスの中の火事、トイレ、面白かったな。
後、バスの中の人達の反応もいいですね。

再会した母子も面白かったですね。
リスのおばさんに道聞いて…。
これは本当に可笑しかった。
しかも、彼女たちだけじゃないみたいで。
その後のある乗物に乗った時の二人の顔も良かったです。

家族旅行に来ていた父親。
この人は、何かすると失敗してしまうというキャラですよね。
もう見るからに、そうですからね。
彼の子供、可哀想だったな。
確かに、そう読めて正解なのかもしれないけど、
よーく考えれば、分るはずだよね。
こんなところにあるか無いかって。
ある車に乗ったら、トラブル起こって、車が行った先が悪かったね。
しかも、なんで、皆に事情を説明しようとしたんだろ?
こういうシーンを出したかったのかもしれないけど、
ちょっと無理があったなぁ。
でも、それを聞いてる人々が変わるのと、
事情を説明している父親がとても可笑しかったです。

空港で女性に近寄った男性。
一番、この中でまともかな?
男性は普通だったんだけど、女性の方が凄かったね。
ヘリのパイロットなんだけど、
ヘリを使った攻撃が本当に面白かったです。

ちょっとおバカな兄弟も面白かったですね。
弟が上手く話せない。でも、兄は理解できる。
二人がある男に鍵を盗まれた後のシーンが良かったですね。
よく無事だよね。

最後に200万ドルがどうなるのか?
こういう結果になるとはねぇ。
でも、これが一番良かったかもしれないですよね。

本当に面白かったです。
どの登場人物も本当に良かった。
だらけるシーンが無かったです。
笑えるシーンが沢山あって、ここにも書いてない事も。
これは、また見たい映画ですね。
人にも勧められますね。
こういう単純な映画っていいですねぇ。