映画・DVD「ラストソルジャー」2007/10/21 11:06

ある特殊部隊の最後の生き残りの物語。

ドローンという人造人間の反乱によって、
人々は殺されていた。
阻止するために送られた特殊部隊もやられ、
たった一人だけが生き残った。
彼は生き残る事が命令と思っていたが、
ドローンにやられてしまった女性を助けた事により、
彼はドローンと戦う事になるのですが…。

このブログに書く記念すべき777作品目なのですが、
残念でした…。

カッコイイシーン、無かったです。
アクションシーンが多過ぎ。
しかも、ドンパチやる戦闘シーンだから、
あまり変化無いように見えちゃいました。
なので、途中、あくびが…。

笑えるシーン、無かったです。
シリアスな内容だから、
しょうがないのかもしれないけど。
折角、笑えるシーンが出来る要素があるのに、
それを使わないなんて勿体ない。
犬とか、システムの姉ちゃんとか。
でも、システムの姉ちゃんとのやり取りで、
ちょっとだけ可笑しいシーンあったかも。
んー、どんなシーンだったか忘れちゃいました。

ハラハラするシーン、無かったです。
なんだろうねぇ。
主人公の男が見るからに強そうなんだよね。
どんな敵が来てもやられそうには思わない。
だから、全然、ハラハラしないんですよね。

男が助けた女性といい仲になって、
さぁっと思ったら、あれれ?
もう次の日になっちゃった。
もう少しあってもいいのになぁ。

この映画の時代は、相当未来みたいですよね。
警察が人から人造人間になってるんですからね。
それだけ、犯罪が多くなって、
治安が悪くなったという事ですからね。
恐い未来だ…。
しかし、何で、人造人間は反乱したんだろうね?
自分達で進化して、
人間はいらないって思っちゃったのかね?
よく分らんです。

そう言えば、
ちょっとカッコイイなぁと思うシーンを思い出しました。
男が部隊は無くなったけど、
今でも部隊の一人だとか言うシーン。
ここだけかなぁ…。

最初の方の戦闘シーンでの
マシンガンを持った人のやられ方がちょっと凄かった。
やっぱり、こういうシーンあるんだね。
こんなに綺麗になるもんなんですかね?
まぁ、実際には見たくないけど。

いやぁ、本当に残念だったなぁ。
この映画、自分には、本当に合わなかったです。
本当に、残念。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/10/21/1863266/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。