映画・DVD「ホスピタル」2007/11/01 01:04

廃墟となった病院に入った人々の物語。

廃墟となり、幽霊が出る噂のある病院があった。
主人公の女の子は、仲間と一緒に、その病院へ行く事に。
しかし、彼女だけは、入る事を拒したのだが、
説得され、仕方なく、入る事となった。
彼らが病院に入る前に、既に仲間の一人がいるはずなのだが、
なかなか見つからなかった。
ようやく、仲間の一人に出会えたのですが、
どこか違っていた…。

つい最近、同じようなタイトルの映画を見ましたが、
内容は全く別ものです。
あちらの病院は今でも開業中ですが、
こちらの病院は今は廃墟となっていました。
こちらの病院、結構でかいんですよね。
よく、こんな病院をこのままにしてるよなぁ。

この映画、ハロウィンの夜の出来事なんですよ。
見たのが、日付が変わってるので、昨日。
ちょうど、現実もハロウィンで、
こんなのあるんだなと思ってしまった。
本当に知らなかったので、ちょっと驚いたよ。

こういう映画に必要な登場人物たち。
最初に殺されるのは、やっぱり馬鹿な娘かな?
と思っていたんですが、違ってました。

人々が突然変異?しちゃうんですが、
これは、どうして、こうなったの?
その人達を銃で撃つと…。
これ、現実に見たら、凄いだろうな。
もう本当に気持ち悪いだろうな、きっと。

犬が可哀想な姿になっちゃったなぁ。
これは嫌だったなぁ…。

この現象を起こしたモノは、
ある理由があって、こんな事したみたいなんですが。
あまり、こういう事については詳しくないので、
分らないんですが、
現象を起こしたモノは、こうするしか無かったんですかね?
それとも、別の方法が?
もしくは、こんな事出来ない?
俺は単純に、現象を起こしたモノが望む事は出来ないと思いました。
なんとなくなんですがね。
違うかなぁ…。
そのモノは、やっぱり、こういう状態だからね。
無理なんじゃないかと。

妹を探す兄ちゃん。
病院で、妹と出会えたんだけど…。
これには、参ったなぁ。
こんな事になるなんてね…。
悲しかったです。

主人公の女の子は、ちょっと変わっていましたね。
これは、この先も続くもんなんだろか?
あまり、いいもんじゃないよね。
でも、勇敢な彼女によって…。
ホント、彼女は凄いね。
男はいざとなると駄目なもんなんだね。
俺も含めてだけど…。

冒頭のシーンは、
まるで、あの映画だね。
うっかり、こういう内容って思っちゃったよ。

仲間の一人のセクシー担当が中途半端だったなぁ。
もっと、やるんだったら、思い切って欲しかったよ。

こちらも、仲間の一人のセクシー担当を好きな男もすげぇな。
ハプニングがあって、彼が被害受けたんだけど…。
なんとも無かったようにしてるんだよなぁ。
本当に大丈夫だったんだろか?
この男が活躍するのかなぁって思ってたんだけどねぇ…。

で、仲間の中で一番いくじの無い男。
こいつには、本当にあきれるね。
もう、どうして、こういう男は、
自分で危険を呼び起こす事をするんだろ?
結局は、自分が大事だと思ってるしね。
こういう奴とは関わりたくないね。

主人公の女の子の母親について、
もう少し詳しく知りたかったなぁ。
ハロウィンの事についてとか。

刑事の男のマッチには驚きました…。
彼は、何者?
テレビに出てた人でいいのかな?

妹の友達、顔がちょっとだけ恐かったなぁ。
本当に、妹の友達?少し歳が上のような…。

どうして、このような事態が起こってしまったのか?
その原因のシーンがあるんですが、
ちょっと看護婦さん、おかしくないですか?
こんな行動に出る前に、別に、何かするべきだったのでは?
病院側もおかしいよなぁ。
彼女がこんな行動したから、病院で悲劇が起こったなんて…。
絶対に、おかしいよ、これ。

ラストシーンは、ちょっと残念だったなぁ…。
まぁ、しょうがないですよねぇ。

たぶん、もっと突っ込み処があるはずですが、
きりがないので、この編で止めときます。
気持ち悪いよりも、もっと恐さ、ハラハラさが欲しかったです。
本当に、グロい映像を撮るのが好きな人が多いんだな。
主人公の女の子の心の強さを見る事で、
ちょっとは頑張れば出来るかも…?と思えるかもしれないですね。
早く、この病院がどうにかなればいいのにね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/11/01/1882458/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。