映画・DVD「スクリーム」2007/11/05 00:07

殺人犯に狙われる女の子の物語。

2人の高校生が殺害。
そのために、学校にはレポーター達が集まり、
その中に、主人公の女の子が
嫌な事を思い出す人もいた。
自分には、今回の事件は関係ないと思われていたが、
主人公の女の子にも殺人犯から電話があり…。

もう、この映画は何度も見たような記憶があります。
いろいろなコメディ映画で使われていますよね。
犯人もちゃんと覚えてますので、
いろいろと、分った上で見る事になりますね。
こういう見方も結構好きです。
確かめって感じで。

最初の犠牲者となるのは、
女の子じゃなかったんですね。
なんと、アメフト選手。
しかも、殺され方が半端ないね。
結構、グロかった…。
普通、ホラー映画で最初に殺されるのって、
胸の大きな、頭の悪い女の子なんですよね。
他のホラー映画と違ってますね。

ドリュー・バリモア、若いねぇ。
いいとこの娘みたいですが…。
本当の彼女は、どうなんでしょうね?

犯人から電話があって受話器に出たのは、
2人だけだったんですね。
何人もいるのかと思ってました。
電話では、クイズなんてしてたんですね。
最初の電話での第1問目のクイズが
ちょっとひっかけで卑怯だね。
本当に、答えがそうなのか確認したくなる。

主人公の女の子は眉毛がしっかりしてるね。
彼女には彼氏がいるんですが、
この子は、この男のどこを好きになったんだろうね?
ある事から、彼女はHに対して拒否。
まぁ、こんな事があったら、当然だよね。
それを分ってあげない男。
「服の上から触るだけ」って言ってるけど、
本心は違うはずと思って見てたら、やっぱりだ。
といか当然だよな。
ここまで来たら、最後までやっちゃうよね。
彼が部屋を出て行く時の言葉は
彼女の事を気遣ってないのが見え見え。
こんな事言って、彼女にプレッシャー与えるのが
本当の恋人とは思えないね。
我慢できないんだったら、別れればいいのに。

おちゃらけ野郎が言った一言。
「内臓ベロンチョ」。
こんな表現使うんだね。
びっくりした。

主人公の女の子の友人の一人が
ビデオショップで働いていて、
彼がホラー映画の事に詳しくて、
ホラー映画で生き残るルールを言うんですが、
確かに当たってるかも。
ただ、この映画では通用するかどうか。
最初が違ってたからね。

この映画の登場人物達の住んでる家は大きいね。
金持ち高校なのかな?

主人公の女の子を付け回す女性レポーター。
1年前にも会ってるみたいで、
主人公の女の子にとっては、嫌な存在なんですが、
俺から見ても嫌な存在に見えたよ。
警察から出てきた主人公の女の子にマイクを向ける女性レポーター。
この後の主人公の女の子の行動に、スッキリしました。
よくやったと言ってあげたい。
女性レポーター、大きいな勘違いしてるんですよね。
自分がもてると思い込んでるようで。
顔も美人じゃないのに。
何が良くて?
主人公の女の子の友人の兄の警官は、
女性レポーターにメロメロみたいでしたね。
「目を覚ませっ!」って言ってあげたかった。
でも、嫌なレポーターは彼女だけじゃなかったね。
「知る権利が…」と言ってるレポーターも
なかなかの者に見えた。

主人公の女の子の父親が家を空けるので、
彼女は友人の家に泊まる事になりますが、
その前に、友人が彼女を迎えに行く事を
電話で話してる時に、
迎えに行く途中で、
「栄光の彼方に」を借りて、
トム・クルーズのナニが見ものって言ってたね。
これ、有名な話ですよね。
こういう風に、
所々で映画の話が出てくるんですよね。
この映画を作った人は映画好きで、
結構見てる人ですよね。
だから、ホラー映画の生き残りルールとか出せるんだよね。

主人公の女の子に殺人鬼から電話が来て、
彼女は襲われますが、
この主人公、勇敢だし、強いね。
護身術でも習ってるんじゃないかって感じだし。
やっぱり、あんな事があったからかなぁ。
ところで、なんで彼女を殺そうとしたんだろね?
この後も必要以上に殺人鬼は彼女を追っ掛けるんですが、
まさか、あんな所まで来るとは…。
彼女が、学校の、しかも、ここに来る事を知ってたって事?
絶対、変だよね、これは。
でも、ゆっくりと姿を現すシーンは、
ちょっと好きかもしれないです。

ある人の登場するのがおかしいんですよね。
なんか、タイミングが良過ぎるよね?

分っていて見るからかもしれないけど、
「あぁ、このシーン、犯人についてのヒントになってるなぁ」
と思えるシーンがありました。
分っているからこそ、気が付くシーンですね。

トイレで、主人公の女の子の事を尻軽って言ってる
チアガールっぽい女が出て来たんですが、
この女の方が、主人公の女の子と比べて、
断然、尻軽だよね。
しかも、馬鹿っぽいし。
ホラー映画では、こういう子が殺されるんだけど、
果たして、この子は、どうなるのか…。

この映画の犯人、役者だねぇ。
平気な顔して、言ってるから、恐いよね。

主人公の女の子の父親が行方不明。
犯人は彼女の父親かと疑われるのですが…。
どこに、自分の娘を襲おう父親がいるんだよ。
犯人の言った通りになったって事?
そんな事ありえないよ。

こんな事件が起こったために、学校が休校で、
外出禁止令も出た。
そんな時に、彼らは、パーティーをする事に。
主人公の女の子と友人がある店に買い出しに行ったんだけど、
ここに、あの殺人犯の姿が…。
これ、おかしいよね。
あの格好でいたら、絶対、目立つのにね。
誰も気が付かなかったのかな?

外出禁止令が出たために、人々が家に帰るシーンの一つに、
母親に手ひかれる子供のシーンがありました。
その子供が可愛い動きをしてました。
ちょっと気休めになりました。

校長が一人になるシーンが
ちょっとハラハラしました。
誰もいない学校って、なんだか恐い。
日頃、人がいる場所に人がいないのが恐い
と言った方が正解ですね。
まさか、校長まで…?と思ったら…。

パーティーで何も起こらないと思ったら、大間違い。
ちゃんと犠牲者が出ましたね。
ここで、あれ?と思う事が。
ある人が殺された人がいると
思われる場所に行くような事を言うのですが、
何も反応無し。
これも、分かっているから、
こそ気が付く点なのかもしれないですね。

友人の兄、分かってないねぇ。
そうとう、女性レポーターに参ってるね。
どこがいいんだろう…。

主人公の女の子に会いに
パーティーに来た彼氏。
そして、2人は、友達の両親の部屋に行き…。
おいおい、他人の家なんだよ。
普通、やるかねぇ。
で、やっちゃった…。
目的達成で、彼氏豹変か?と思ったら…。
こういう展開でしたね。
で、この後、いよいよ犯人とご対面…。

次々と犠牲者で出てくると
この主人公の女の子の事を
お騒がせ女と思っちゃうね。
主人公の女の子が動かなければ、
次々と犠牲者が出なかったじゃないのかな?
実際にパーティー行かずにいたら、
どうなってたんだろ?
何も変わらずだったのかなぁ…。

犯人の殺しの理由が酷いもんだったね。
2つの映画をあげてるけど、
しょせん映画なんだからね。
まぁ、これも映画なんだけど。
実際に、こんな事されたら、
たまったもんじゃないね。
どうかしてるよ、まったく。

だいたいの流れは覚えてるつもりだけど、
結構、忘れてますね。
別の映画とゴチャ混ぜになってるのかな?

この映画から同じような映画が
多くなったように思えるんですが、
実際のところ、どうなんでしょうか?

「最終絶叫計画」は
本当に、この映画を似せて作ってんだね。

犯人を分って見ると、
いろいろ分っては楽しかったです。
「スクリーム」は、「2」,「3」とあるのですが、
「3」は、かろうじて覚えてるかな?
「2」がちょっとド忘れしてるかも。
この2本もまた改めて見直してみたいと思います。