映画・DVD「ギフト」2007/11/24 00:17

超能力者の女性の物語。

カードを使って、人々に助言する超能力者の女性は、
夫に暴力を振るわれてる女性に別れるように忠告する。
しかし、その事が彼女の夫に分かってしまい…。
金持ちの娘が失踪し、超能力者の元に、娘の父親が来る。
そして、金持ちの娘がどこにいるか、カードで見るのですが…。

この映画のタイトル「ギフト」とは、
英語で「超感覚」の事を意味してるようですね。
日本人なので、「ギフト」=「贈り物」と浮かんでしまい、
「何で、このタイトル?」と疑問に思ってました…。
英語の勉強もしないと、いけませんねぇ。

主人公の女性は、超能力の持ち主で、
ESPカード(?)を使って、
人々の知りたいことを知り、
助言をあげているようです。
あまり宣伝せずに、細々とやってるようですね。
仕事としてやってるみたいでしたが、
裁判での証言からすると、そうじゃないんですね。

主人公の女性には息子が3人。
彼女の夫は工場での爆発事故で…。
その爆発事故も彼女は予知して、
夫に言ったみたいなんですが、
それを無視して(?)、夫は工場に行ったようですね。
何で、夫は工場に行っちゃったんだろうね?
彼女の超能力を信じてなかったんだろか?
ホント、何でだろ?

主人公の力を頼ってくる女性は、
夫に暴力を振るわれていましたね。
サングラス取った顔が見ていられないです。
ここまでするなんて、本当に酷い夫だ。
その夫を演じるのは、「マトリックス」。
こんな役も演じていたんですね。
髭なんて生やして珍しい姿。
この夫、主人公に対して、嫌がらせをします。
男として最低だね。
主人公の家に侵入したり、子供を脅したり。
映画前半は、この男の嫌がらせで、
主人公の子供たちが
どうにかなってしまわないかとハラハラしました…。

「青いダイヤモンド」。
一体、何の事だか、さっぱり分かりませんが、
最後の方で、分かりましたが、
正直、「青い~」はカッコ悪いね。
カッコイイと思ったんでしょうかね?
思ったんだろうなぁ。

主人公に頼っている精神不安定な男性がいましたね。
車の運転中に突然、止まったりして、驚かされました。
元々、体の調子が悪かったのかな?
顔色悪いし…。
しかし、主人公や主人公の子供を助ける姿は立派でした。
子供を助けた時は、ちょっとやり過ぎたかな?
でも、あれくらいしないと、駄目だったかもしれませんよね。

映画後半は金持ちの娘が失踪し、
主人公の元に彼女の父親が現れ、
カードで居場所を見る事から始まりましたね。
しかし、カードでは、はっきりとは分かりませんでした。
なぜなら、邪念があったから。
何故、あんなに言うのかね?
協力してもらうために来たのと違うのか?
信じる信じないは別として、ちょっとなぁ。

カードでは分からなかったけど、
主人公はある事で金持ちの居場所が分かり、その場所が…。
居場所が分かるシーンは、
もし実際に自分に起こったら、嫌ですね。
自分が超能力者じゃなくて、ホント良かったです。
金持ちの居場所が分かり、
また、なんか起こるんじゃないかとハラハラしましたら、
やっぱり、起こっちゃったね。

裁判が始まり、主人公も証言する事に。
弁護士からの質問攻めに、主人公は…。
主人公の表情が痛々しかったです。
この弁護士、本当に嫌な奴。
被告人にウィンクするのを見て、
ゾッとしました。気持ち悪っ。

裁判では、金持ちの娘の本当の姿が出てましたね。
かなり酷いね。
金持ちの娘と結婚の予定があるのが、
主人公の子供の先生。
金持ちの娘の事を知って、荒れてましたね。
まぁ、仕方ないよね。

裁判って、物的証拠がなくても出来るんですね。
これじゃあ、間違って犯人にされる事もありそうだなぁ。
間違って逮捕されたら、恐いですね。

主人公、裁判が終わった後に、真犯人は別にいると言い出した。
簡単には済まされないよね。
ちゃんと犯人分かってからだったら良かったのにね。

裁判終わった後に、精神不安定の男が登場。
主人公に助けを求めたのですが、主人公は…。
そして、そのために、精神不安定の男は…。
ここ、大事でしたね。
主人公も大変な時だったかもしれないけど、
精神不安定の男の事を考えてあげられたらなぁ…。
一回の選択ミスで、
後悔する事が起きる事もあるんだよなと実感しました。

犯人と対面した主人公。
場所は予知できたんだから防ぎようがあったのにね。
主人公がピンチの時、ある方が…。
このシーンは鳥肌立ったよ。
なんか分かんないけど。
しかし、よく、主人公がここにいるのが分かったなぁと思っていたら…。
やっぱり、そうかという感じですね。
こういうの嫌です。

最後の方で、警官が「昔から知ってる~」と言いました。
昔から知っていると思ってる人ほど、
あまりよく知らないかもしれませんね。
この人は、こういう人だと決め付けてるかもしれないですね。
それにしても、映画に出てくる警官たちは、どいつも駄目だねぇ。
もっと、しっかりした警官はいないのかと思っちゃいますね。
主人公が警官の映画では、話は別ですけどね。

ラストシーンは、涙ぐんじゃいますね。
主人公は、いい息子に囲まれて幸せですね。
いいシーンです。

全く内容知らずに見ましたが、良かったです。
ちゃんと、ハラハラする事も出来ましたし。
謎解きもありましたし。
退屈せず、だれるシーンも無かったです。
ホラーでもあり、サスペンスでもあり、
いろいろな要素があっていいですね。
見て良かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/11/24/2454722/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。