COLOR - LIVE TOUR 2007 "BLUE" at SHIBUYA-AX 2007.11.242007/11/24 23:25

今日、参加するのはCOLORのライブです。
a-nationで彼らのパフォーマンスを見て、
たぶん、近い将来、売れて、
ライブのチケットは取れなくなるだろうなぁと思ったアーティストです。
彼らのライブがあると知り、
チケットがあるか確認すると、まだあったので、
ここで見れなかったら、もう見れないかもと思い、即決でチケット購入。
値段が3500円とD-51と同じ値段に驚き、お得な感じです。
チケット代とは別にドリンク代が必要なようです。

ライブ会場は、SHIBUYA-AXというライブハウスのような所です。
初めて行くので、迷子にならず、
無事に開演時間までに
たどり着けるか不安ですが、なんとかなるだろう。

開演時間は18時と遅めなので、
当然、部屋を出るのも遅めです。
空気が冷たいですね。
帰りの寒さがちと想像したくないですね。

昼頃から、ちょっと頭が痛いんですが、
たぶんライブ見れば、頭痛も吹っ飛ぶはず。

彼らは新生COLORなんですよね。
彼らの持ち歌はまだシングル二枚。
今月28日にニューシングルも出ますが、
ライブするには、あと何曲も必要ですよね。
前のCOLORの曲も歌ってもらえるんだろうか。
だとしたら、やって欲しい曲が何曲もあるんだけどなぁ。
果たして、兄がやって欲しい曲を歌ってくれるのか?

今回は予習したので大丈夫つもりなんですが、どうなる事やら。

あと、ゲスト来るんじゃないかとひそかに期待してます。
予想が当たってくれると嬉しいなぁ。

そうこう考えてる内に、原宿駅に着きました。
ここから、SHIBUYA-AXまでの道がとても不安。
覚えている頭の地図を頼りに道を行くと、
どうも変な雰囲気に。
おばさま方の行列に混ざってしまいました。
臨時で出ているお店からすると、
代々木体育館で、イ・ビョンホン(?)のイベントがあるようですね。
一瞬、間違ったと思いましたが、
自分を信じていくと、看板がありました。
やっぱり、看板無いと駄目です。

17:35頃にやっとSHIBUYA-AXに到着しました。
入場待ちの人が結構いました。
寒いんだから、早く入れてもいいのにね。
並んでいる人を見ると、
やっぱり女性が多いんですが、男性もいますね。
一人で来た兄、ちょっと安心しました。

外にはグッズ売り場がありましたので、
会場に入る前に、
ツアーTシャツを購入しようとしたら、なんと二種類ある。
前に大きなロゴと小さなロゴの奴。
どっちにしようか迷いましたが、大きなロゴの方を購入しました。
やっぱ、ダーンとデカイ方がいいよね。

兄のチケットは2階席なのですが、
いつ入れるか分からないので、うろうろしてしまいました。
係りの人は整理券番号と言ってるしね。
いつまで待ってもしょうがないので、
係りの人に聞いたら、もう入場しても良かったみたいでした。
ドリンク代取られて、中に入りました。
そして、すぐにドリンクをもらうための列に並びましたが、
兄、若い兄ちゃんに横入りされちゃいました。
本当にマナーの悪い人がいるようなと少し凹みました。
横入り兄ちゃんは、コーラを注文。
兄は、続いて、ウーロン茶を注文。
そしたら、横入り兄ちゃんの注文よりも先に兄のウーロン茶が。
ちょっと凹んだ気持ち戻りました。
ドリンクの注文聞いてた、横山剣似のダンディさんに感謝です。

ドリンク持って2階に行く階段に行ったら、
係りの人に一階席だと言われてる人がいました。
どうして、チケットもってる人は2階だと思ったんでしょうね?
ちゃんと何階かチケットに記述してるのにね。
でも、もしかしたら、2階立見の人だったのかなぁ。
と言うのは、2階に行ってみたら、席ではないところに人がいたから

兄の席の前は通路。
これは座って見れると喜びましたが、
その喜びもすぐに消えてしまいました…。
謎のおばさん2人、登場。
この方達が前に立った事で、
兄も立たなければいけなくなりました。
気が付けば、隣にも女性2人組が。
実は兄の席の隣は、これまた通路で人がいないはずなのに…。
バラードの時、
女性2人組の一人がもう一人に、
大声で話し掛けてました。
ファンだったら、ちゃんと静かに聴くよね?
ライブの最中、前の通路では人が行ったり来たりしてるし、
気になって、ライブを完全には楽しめなかったです。
不完全燃焼でした…。
ライブハウスは2階席指定なら、
端は立見の人がいて、本当に悪い席ですね。
勉強になりました。
チケットが安くて良かったです。
これで高かったら、たぶん怒って文句言ってたかもしれないです。

ライブは開演予定時間より、少し遅れたのかな?
ライブ一曲目は…。
あれ?予習したのになぁ…。
聴いても、頭が?になるばかりで、
また一緒に歌えずに悲しくなる思いになるのかと思っていたら、
ちゃんと、予習していた曲達も歌われました。
やっぱ、生で聴くのはいいですねぇ。
そう言えば、彼らにはバンド付いてないんですね。
ぜひ、次回はバンド、生演奏でライブして欲しいです。

数曲歌って、COLORが舞台からいなくなって、ゲスト登場。
ゲストは兄の予想していたアーティストではありませんでした。
加藤ミリアが出て、
COLORと一緒に歌うのかなと思っていたんですがね、残念でした…。
登場したのは、COLORと同じく、新生J Soul Brothers。
まずはダンサーのみのパフォーマンス。
生で、しかも、こんなに近くでダンス見るのは初めてかも。
迫力あって凄かったし、コミカルなダンスもあって楽しめました。
そして、ボーカル2人登場。
よく見ると、ボーカルの一人がテレビで見た事がある顔が…。
いつの間に、こうなっていたんだ?と驚きました。
彼は、頑張ったんだね。
頑張った甲斐があって、良かったねぇ。

ゲスト後は、兄には嬉しいコーナーでした。
予習してきたので、ほぼ一緒に歌えました。
気持ち良かった。
ただ、ちゃんと聴くところは一緒に歌わずに聴きましたよ。
ここまで来ると、COLOR各個人の事が少し分かりますね。
KEISEIさんは、盛り上げるのが上手いですね。
RYOさんは、声が繊細のように感じました。
YUICHIROさんの声は高いですね。シャウト、凄かった。
そして、一番、兄の目に止まったのが
COLORのリーダーTAKAさんでした。
声がいいですね。芯の通った声、安心して聴けます。
こういう声、憧れます。
しかし、兄の目に止まったのは声が良かっただけではなく、
TAKAさんの動作?ダンス?動きが良かったんです。
なんか一人だけ違うんですよ。
ステップの踏み方とか、一人だけ難しくしてるように見えたし、
「You」と歌うところで、決まって指差すんですが、なんか印象に残った。
他の3人と、ちょっと違った動きをしていて、
とても個性が出ていたと思います。
兄には目立って見えました。

「あっ」と言う間に本編終了。
短く感じましたね。
どうして短く感じたのかは、楽しんでいたからか、それとも…?
客席からのアンコールは、
すぐには起きず、ちょっと遅れて始まりましたね。

アンコール1曲目前のMC、リーダーがやってくれましたね。
でも、上手い事、言ったよなぁ。「特別な気持ちで歌います」って。
さすが、リーダー。
アンコール1曲目はCOLORの気持ちがすっごくこもっていました。
いい曲ですねぇ。
そして、本当のラストの曲では、
兄も一緒に腕振りたかったんだけど、出来ませんでした…。
周りがやる雰囲気じゃなかったんですよね。
もう1階の人達がうらやましかった。
やっぱ、ライブは一体感を感じないとねぇ。
本当に不完全燃焼で悔いが残ります…。

残念ながら、兄が聴きたかった曲は、やってもらえませんでした。
初めて聴いた時は、鳥肌が立ってしまいました点…。
前のCOLORの曲だから、やらないのは当然かぁ。
でも、やって欲しかった。ホントに、いい曲だから。

19:43頃に出口にたどり着きました。
出口付近で、係りの人が渡していたので、兄も受け取りました。
J Soul Brothersのシール。
なんか「当たった」とか言ってる人がいましたが、
当たったら何かもらえたのかなぁ。
兄のには何もありませんでした。

ライブ中はずーっと立っていたからか、
年齢のせいなのか、ライブ終了後、腰が痛い…。
やっぱ悪いのかな?
どうしちゃったんだろう…。
一度、病院行った方がいいかな。
その前に、部屋にあるバンテリン塗って様子見てみようかな。

今日のライブを参加してみて、
ライブハウスならば、1階のスタンディングもいいなぁと思いました。
ライブの楽しさを教えてくれた妹も、
スタンディングは一体感を味わえていいと言っていたし。
どちらかと言うと、今までは、アーティストを見たいと思っていたけれど、
今日のライブはCOLORは見えたけど、
完全燃焼出来ずに100%楽しめなかった。
何事も経験してから、判断しても遅くないはずだから、
今度、ライブハウスで行うライブに参加する時は、
スタンディングにしてみようかなと思います。

COLORは、バラードがいいですね。
皆、個性ある声持ってるし。
ぜひ、今度は、ライブハウスもいいんですが、
ホールでライブして欲しいです。
ホールだったら、皆、座って聴けるし。
じっくりと、COLORの歌、聴いてみたいです。
あと、折角4人の歌い手がいるんだから、
4人のソロも聴きたいですね。
たぶん、4人とも違った感じの歌を歌うんだろうなぁ。
次回のライブはリベンジという事で参加して、
その時は、完全燃焼したいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/11/24/2456442/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。