映画・DVD「SPEED MAN」2007/12/01 02:06

速いスピードで行動できるようになった男の物語。

悪の組織を追っていた部隊の隊員の男は、
ビルの爆破により、瓦礫の下になってしまう。
病院に運ばれ、リハビリを行い、
少しずつ回復に向かっていた。
ある時、男が立って走ると、
人の何倍もの速さで走る事が出来てしまった…。

これは完全にテレビ映画ですね。
ちゃんとCMに入る部分で暗くなりますし。
もちろん、テレビ東京でも流せますね。

悪の組織のボスは化け物で、
主人公の友人だった男でしたね。
どうして化け物になってしまったのか。
そのいきさつは、なんとも辛いものがありますね。
いきなり止めるのは酷いよね。
でも、仕方ないのかな?
問題があって止めたとある人物が言っていたけど、
それって、化け物になってしまった人に問題ありだから?

主人公は、あるビルで、悪の組織のボスと対面。
そこで、悪の組織のボスが友人だった男と分かってしまうんですが、
生きていて良かったんですが、
こんな姿で、こんな状況で会ってしまうのは、
主人公にとっても辛いはずですよね。

ビルが爆破され、主人公は瓦礫の下になってしまったんですが、
結構、高いビルなのに、よく無事でしたよね。
運が良かったのかな?

自分に人の何倍もの速さで行動できる事を知った主人公。
さすがは正義の味方。
その能力を悪い事に使わず、良い事に使いましたね。
しかし、主人公のコスチューム、あまりカッコ良くないよね。
動きもカッコ良くないし…。
もうちょっと、どうにか出来なかったのかなぁ…。

コンビニ強盗とのシーンでは、
もっと面白く出来たんじゃないかと思うんですよね。
もっと、素早く、いろいろな事をして、
強盗を捕まえるとか出来たのに、
この映画ではしませんでしたね。
強盗の最後は、なんとも情けなかったですね…。

悪の組織は、ある作戦を企んでましたね。
その名も「地獄の炎作戦」
すっごい作戦名ですよね。
どんな作戦かは映画を見て確認して欲しいんですが、
凄い事を考えるなと思いましたよ。

作戦のために、ある物を盗もうとする悪の組織。
そこに、部隊がやってきて、止めようとするのですが…。
女性隊員が悪の組織の一味にやられそうなところを
主人公がSPEED MANとして助け、そして…。
その時に、名前を言われて、
必死に逃げるSPEED MANの姿が面白かったです。
滑稽でした。

部隊が悪の組織の一人を捕まえ、尋問します。
その最中に、捕まえた男が…。
すげぇ。
こんな事出来るんですね。

悪の組織のボスのある事を止めてしまった男は
酷い事になってしまったね。
悪の組織のボスは、本当に憎しみしか持ってないんだね。

悪の組織のボスは、化け物になったため、
ある事をしてましたね。
いやぁ、ちょっと嫌だなぁ。
こんなの実際に見たら、気持ち悪いだろうな。

悪の組織のボス、やっぱり汚かったね。
彼の考えを知った、ある人物は…。
その後のボスは、いろいろ言って、
自分を正当化しているけど、哀れだったねぇ。

主人公と悪の組織のボスの最終決戦の場に、ある人が…。
そういう事ですか。
よくあるパターンですね。

最終決戦で、生き残ったのは…。
やられ方がちょっとお粗末でしたね。
もっと凄いのを期待していたんだけどなぁ。

正直に言いますと、
あまりカッコイイヒーローではありませんでしたね。
特に必殺技とか無いんですが、
彼なりに頑張る姿は立派でしたね。
続編はたぶん無いだろうなぁ…。
何故、そう思うかは映画を見て確認してみて下さい。

映画・DVD「スイミング・プール」2007/12/01 09:07

ミステリー女性作家の物語。

ミステリー女性作家は
編集長のフランスにある家に行き、
そこで新作を書き上げようと思っていたのだが、
編集長の娘が現れ、
女性作家は気持ちが乱れてしまい…。

この映画の雰囲気、好きです。
淡々としていて、いろいろと起きる。
んー、上手く言葉に表せないですね。
派手な展開は無いんですが、
ジワジワと来るのがいいです。
あと、映像が綺麗ですね。

作家は、ちょっと気難しい性格なのかな?
電車の中で話し掛けた人に対しての反応が…。
おばさん、ちょっと可哀想だったな。

フランスの家の周りは静かで、いいトコですね。
こんな家あったら、いいなぁ。
俺も何日か滞在してみたいです。

編集長の娘、すっごい乱れてますね。
いろいろな男を連れてくるし。
全裸でプールを泳ぐし。

ある時から、
作家は、編集長の娘を観察するようになりましたね。
これは、いいネタだと思ったんでしょうね。
娘、いろいろとやってそうだしね。

外でランチをする作家。
食べるのが早っ!
こんなに早く食べて、
美味しいかどうかなんて分かるのかなぁ?

娘がHしてるところを見る作家。
作家の顔から、
娘の何かに嫉妬してるのが分かりますね。
ちょっと恐かったシーンでした。

娘を観察し、娘について書くようになった作家は
勝手に娘の部屋に入り…。
これ、良くないよね。
これはしちゃいけないでしょ。
あと、プールは嫌いと言っていたのに、作家も泳ぎましたよね。
娘が泳いでるのを見て、同じ体験をしたくなったのでしょうか。

この映画、サスペンスなんですよね。
途中まで勘違いしてました。
俺は、まんまと罠に掛かっていましたね。

娘も作家の部屋に入り…。
この後、娘がどんな行動をするのかと、
いろいろと考えてしまいまいたが…。
逆に、娘の違った面を見たような気がしましたね。

真夜中のプール、娘は男と一緒に…。
そこに作家が…。
このシーン後は急展開でしたね。
どうなるんだろうと、ハラハラしました。

作家が朝起きると、
プールにシートが掛けてあり、シートには膨らみが…。
不思議に思った作家は、シートを取ってみると…。
思わず、「えーっ」と言ってしまいました。

作家はやっぱりミステリー作家なんですね。
疑問に思った事は自分の足で調べてますもん。
調べる事の基本は心得てるんでしょうかね。

ある事が起こった後の娘がなんとも言えない姿でしたね。
どうしちゃったんだろうって思いましたよ。
だって、女性作家を見て…。

ある事を知った作家。
その後の作家の行動が、
今までの作家からとは違う印象を受けました。
たぶん、気持ちに変化があったんですよね。

ある人物がある真実に近付こうとした時、
作家は、ある行動に出ましたね。
これには驚きました。
ある人物も驚いてたよね。

最後の方で、作家と擦れ違ったのは…?
おかしいなぁ。
見間違いなんでしょうか。
これって、どういう事?
まさか…?

いろいろな余韻を残してくれる映画ですね。
こういう映画は好きです。
謎もまだありますし、また見たい映画ですね。
娘の行動は乱れていますが、品のいい映画だと思いますよ。
とても綺麗な映画だと思いました。

倖田來未 - KODA KUMI LIVE TOUR 2007 ~Black Cherry~ SPECIAL FINAL in TOKYO DOME at 東京ドーム 2007.12.12007/12/02 02:06

今日の天気は晴れだったんですが、
やっぱり冬なので寒かったです。

今回は、ライブの楽しさを教えてくれるきっかけとなった
ELLEGARDENのライブに誘ってくれた妹を招待しました。

開場は16時、開演は18時だったので、
その前に、あちらこちらと寄り道しました。
寄り道は、まず100円ショップでは、
スパゲティをレンジで茹でるタッパを買い、
次にドラッグストアでは、スパゲティとミートソースを買い、
電車に乗って移動して、秋葉原へ。
アニメイト、とらのあな、書泉と巡りまして、
電車に乗り、水道橋に着きました。

ちょっと遅い昼ご飯を東京ドームホテルの
食べ放題の店でしようと向かいました。
やっぱり、もうライブに参加する人達がいました。
皆、早いですね。
そして、ホテルの食べ放題の店に行ったんですが、
うちらが行ったのが14時15分頃だったので、
残り45分、15時で料理が片付けられると、
係りの人に言われて、断念する事にしました。
その代わり、ホレストガンプの店に行きました。
最初、正直に言って失敗したかなと思いました。
メニューを見ても、何がなんだか分からない。
なので、兄はバーガーを、妹はマヒマヒを注文しました。
実は妹はトマトが嫌い。
注文したマヒマヒには、トマトが…。
でも、食べてました。
本人曰く、火が入っていれば大丈夫らしいです。
兄の注文したバーガーに付いていた、
ピクルスもマヨネーズに付けて食べてました。
きゅうり嫌いなのに。
日本のきゅうりと違うから大丈夫なんだそうです。
兄の注文したバーガーはハンバーグではなく、
肉がありまして、焼き方も聞かれましたので、
ミディアムでお願いしました。
そのバーガーが来ました。
フライドポテトが沢山ありまして、ボリュームあります。
そして、バーガーを食べてみますと…、美味かったです。
いやぁ、本場のバーガーを食ったという感じで、とても満足できました。

食事後、ラクーアで、いろいろな店を見ました。
ある店にありましたTシャツがとても印象に残りました。
ある有名ブランドを漢字にしたものでした。

開場時間となりましたので、東京ドームの方へ。
会場に入る前に、グッズ売り場で、
さいたまスーパーアリーナで買えなかった
ツアーTシャツを買うために並ぼうとしたのですが、
すっごい人の列。
もしかしたら、ドーム内にグッズ売り場があるんじゃないかと思い、
会場に入る事にしました。
うちらの席は、3塁側2階でした。
人が少なかったんですが、
ちょっと人の列の動きがちょっとずつだったので、
「おかしいなぁ」と思ったら、
ドーム内に入るには、回転ドアから入らないと駄目だったんですね。
事故があった今でも回転ドアってあるんですね。
兄が知っているビルには回転ドアがあったんですが、
事故後、撤去されたんですけどね。

ドームに入るとすぐ目の前に、やっぱりグッズ売り場がありました。
ドーム内にグッズ売り場がある事を皆にお知らせしてるんでしょうかね?
なんかしてないような気がするなぁ。
早速、ツアーTシャツを購入するために、誰もいないレジへ。
「ツアーTシャツ欲しいんですけど」と言ったら、
「黒とピンクのどちらですか?」と聞かれました。
もちろん、黒と返答しました。
どうもピンクの方は…。

ツアーTシャツも買ったので、いよいよ席へ。
チケットに何列か書いてあったんですが、
ちょっと分かりにくかったです。
妹のおかげで大丈夫だったんですが、
一人だったら間違っていたかもしれないです。
席に座ってみると、ステージがすっごい遠い。
たぶん、米粒かなと思っていたら、ほぼその通り。
しかし、すぐ目の前に小さなステージがある。
もしかして、ここに来てくれるのかなと期待が膨らみました。

まだ開演まで、結構な時間がありました。
スクリーンに席に着いてる人が映し出されて、
「~やって」等とコメントが。
ほとんどの人がやってましたね。
ウサギの耳を付けた人がノリ良く答えていて、面白かったです。

さいたまスーパーアリーナと同じように、グッズ紹介VTRもありました。
何度見ても面白かったです。
特に、ツアーTシャツ(黒)の値段連呼と
ツアーTシャツ(ピンク・ブルー)の
値段を聞いたダンサーさんの一言が良かったです。

開演18時になりましたが、始まりませんでした。
何かあったんですかね?
フライヤーには遅刻早退厳禁と書いてあったのにね。

いよいよ開演しました。
前回はステージ全体が見えず、今回はステージ全体が見えたので、
本当に同じか比較はできませんが、
内容は、さいたまスーパーアリーナとほぼ同じだと思います。

さいたまスーパーアリーナと違っていたのは、
バンド登場して、何曲か歌った後、
スクリーンに、5人組グループが映し出され、
「LAST ANGEL」の文字が…。
東方神起が登場しました。
いやぁ、カッコイイね。

あと、アンコールが違ってましたね。
一度共演したブルーマンが登場。
まさか、この人達が登場するとは
思ってもいませんでしたので、驚きました。
結構、いい曲で、のれました。
次は、CMソングメドレー。
CMの映像がバックで流れてましたね。
これは楽しかった。
その次は、なんと東京ドームだけのスペシャルメドレー。
もう聴けないだろうなと思っていた「CHASE」が聞けて嬉しかったです。
メドレーを歌っている間に移動して、
目の前の小さなステージに来てくれました。
今回もある意味、席が良かったです。
そして、デビュー7周年という事で、デビュー曲も歌ってくれました。
引き続き、バラードを歌うのですが、
真ん中の小さいスペースが上がり、高い位置で歌ってました。
よく、くぅちゃんは出来るなぁ。
やっぱ、度胸あるね。
また、移動して、ステージに戻り、
くまと一緒にステージから消えてしまいました。
「えっ?まさか、これで終わり?」と思っていたら、
ここで中継が入りました。
さいたまスーパーアリーナでやったのと
同じ?アンコールがここから始まりました。
神戸でのハプニング映像も使って、皆の笑いをとってましたよ。
最後の曲が終わり、ライブ終了と思われ、皆、出口へ向かっていると、
ステージに、くまがいまして、ダンサーがくまの頭を取ると、くぅちゃんでした。
まだ終わりたくないとか言ってましたね。

今回のライブは、途中までは楽しい気分になる事が出来ませんでした。
うちら2人が立ったら、後ろの席の人達が
「見えない」と言ったからです。
実は、ほぼ周りは座ってる人達ばかりでした。
しょうがないので、座ってましたが、
バラードだと言うのに、静かに聴かず、うるさく話していたりしてました。
もう我慢の限界からか、ある曲から妹が爆発して、立ち上がり、
兄も続けて立ち上がり、楽しむことが出来ました。
なんとかして取った高いチケットの席なのに、
自分の好きにライブを楽しめなかったら、悲しいですからね。
それにしても、周りは本当にノリが悪かったなぁ。
今まで、立ち上がっても、
「見えない」なんて言う人に出会ったことが無いのですが、
皆さんはありますか?
その時、どうしました?
無視して立ったままでした?それとも、座りましたか?
ちなみに、後ろの人は、
わざとフライヤーを兄の席の下に落としてから帰っていかれました。
たぶん、うちらが立ったから、その腹いせにやったんだと思いますが。

今回のライブは楽しかったです。
立ち上がったため、本編最後の方の踊りも出来たし。
やっぱり、ライブは皆と一緒に踊ったりしないと。
立ち上がらなかったら、たぶん後悔していましたね。
今回は先に立ってくれた妹に救われました。
本当は、兄が席を交換しなければいけなかったのにね。
妹よ、ありがとう。
また、一緒にライブ参加しようね。

あと、今回のライブでは、
当然ながら、くぅちゃんの姿は米粒でしたが、楽しむ事が出来たんですね。
これは、アーティストを見なくても、
ライブを楽しめる事と、ほぼ同じ事だと思うんですよ。
なので、ライブハウス1階スタンディングでも
ライブを楽しめるんじゃないかと。
こりゃ、近いうちにライブハウスで行われるライブに
参加して確かめないといけませんね。
さて、どのライブに参加しようかな。

次回のくぅちゃんのライブもぜひ参加したいですが、
東京ドームは、もういいです。広過ぎです。
また、さいたまスーパーアリーナでライブする時は参加したいですね。

今回のライブも勉強になりました。

映画・DVD「ギャング・オブ・ホラー」2007/12/03 00:20

地獄の番人が伝える、ある3人に起こる恐怖の物語。

ホラー短編オムニバス3作品でした。
結構、グロいシーンがありましたね。
内容としては、主役となる人物がいて、
その人に起こる恐怖の物語でした。
「世にも奇妙な物語」残酷版という感じですね。

冒頭、アニメシーンからスタートします。
確か、パッケージに実際の人が写っていたので、
「最初、間違ったか?」と思いました。
しかし、何故、アニメシーンだったか。
それは、残酷なシーンがあったからでした。
実際に話を始める時は実写になりますが、
時々、アニメシーンがあります。
たぶん、そのシーンは実写だとグロくなるからなんでしょうね。
でも、実写でも結構グロいシーンがあったんでうけどね。

最初の話は、壁画を描く女性が主人公でした。
彼女の母親は、彼女が幼い時に、
ある人物に目の前で殺されてしまいます。
それ以来、街フラフラして悪さをする奴らを
目の敵にしていたみたいですね。
別に、そいつが母親を殺した訳じゃないのにね。
壁に自分の名前を書いていた奴らに彼女は立ち向かうのですが…。
彼女が一体、何をしたいのか分からないですね。
奴らを煽っておいて、あの行動でしたからね。
彼女は、不思議な(?)男に気絶させられ、ある場所へ。
そして、ある能力をもらいます。
彼女は、その能力を使い、残酷な事を始めるんですよね。
この残酷シーン、気持ち悪かったです。
特に一番最初が…。
能力を使って、いろいろとやっていた彼女。
しかし、彼女にも…。
不思議な(?)男は、彼女に能力を与えて、
違う事のために使って欲しかったんですよね、きっと。
でも、最後に彼女は、あの形で、やった事になったんでしょうね。
彼女の壁画は良かったですか?
皆、喜んで拍手していたけど…。
俺には何とも言えないです。

次の話は父の遺産をもらうために、
元軍人の住む屋敷に住む事になった息子夫婦が主人公でした。
この夫婦が本当に酷い奴らでしたね。
元軍人達から良いところを学んでもらうために、
父親は一緒に住む事を条件としたのに、
夫婦は元軍人達に酷い事ばかりしていましたね。
その前に息子は、もっと酷い事していました。
「こいつ、本当に人間なんだろうか?」と思えるくらいです。
いろいろな仕打ちに我慢が出来なくなった元軍人達は、
夫婦に対して反撃をするのですが…。
いやぁ、キレた元軍人達、恐いねぇ。
やっぱり軍人だったんだから、こういう事は、やりなれてるのかな?
夫婦一人ずつ、お仕置きをしたんですが、妻の方が凄かったですね。
アニメシーンにしなくて良かったのかなぁ。
この話の最後に登場した新しい管理人の行動にビックリしました。
これで、完全にスッキリですね。

最後の話は、有名になったラッパーが主人公でした。
彼にはパートナーがいたのですが…。
彼のパートナーには才能があったみたいで、
いい話もあったみたいなんですが、
こうなってしまっては、なんとも言えないですね。
しかし、それには、ある事実がありました。
これも本当に酷かったですね。
賞を受賞したラッパーの前に、ある人物が現れ…。
これは彼への最後のチャンスだったんですね。
しかし、ラッパーは…。
こいつは、やっぱ駄目な奴ですね。
考え変わらないね。
そのために、ラッパーにある事が起こるんですが、
最終的にはある所に落ち着いたけど、
前2作よりはスッキリしませんでしたね。
もっと、しっかりして欲しかったです。

3人の話が終わった後、地獄の番人がラップで、おさらいをします。
洋楽聴かないので、分からなかったのですが、
地獄の番人はラップで有名な人だったようですね。
しかし、このおさらいラップが本当に長かった…。
なんか、無理やりラップにした感じでした。
違和感ありましたね。

変わった映画でしたね。
アニメシーンの絵が独特でした。
アメリカのアニメを見て、違和感ある人は、
ちょっと見るのが大変かもしれないですね。
実写の方もいろいろと酷い事がありましたし、
残酷シーンが苦手な人は、見ていて辛いかもしれないですね。

映画・DVD「デイ・オブ・ザ・ウォリアー」2007/12/04 00:44

潜入捜査官をある組織から助ける物語。

何者かがコンピュータをハッキングし、
潜入捜査官の情報が盗み出されてしまった。
現在、潜入捜査を行っている捜査員達が
ある組織に狙われると思い、
潜入捜査員達の元に急ぐのですが…。

いきなり、ストリッパーのダンスからスタート。
乳を揺らすダンスには笑っちゃいました。

最初に突っ込みを入れないといけないのは、指揮官ですよね。
何て格好してるんだ?いつも、こんな格好?
しかも、仕事中に別な事してるし。

潜入先が凄いですね。
1人の男は、まぁ普通なんですが、
他が凄いです。
ここまでして潜入しないといけないなんて…。
悪い奴らを捕まえるにも大変ですねぇ。

潜入捜査員達の情報がコンピュータから盗まれて、
指揮官達は、すぐにある男を思い浮かべましたね。
どうして、すぐ思い浮かんだんだろ?
他にもいないもんかね?

潜入捜査をしている男が
潜入先のボスの手下を助けるのですが、
手下がいた拷問部屋がとってももろかった。
ちゃんとしたの作ればいいのに。
最後には、その部屋は爆破されちゃいました。
しなくても良かったんじゃないのかなぁ。
そして、助けた手下を連れて、ボスのところに帰ったら…。
ボスよりも、近くにいる女が凄いね。
決断は早い。
この女、いろいろと凄いんですよ。
まず、フクロウ。
これ、酷かった。
そして、最後の戦いで、
小屋で女を待ち伏せしての攻撃。
これ、笑いました。
面白かったです。
もっと女同士の戦い見たかったなぁ。

潜入捜査員の情報を盗んだ組織のボスは、「ウォリアー」。
レスラーでした。
彼は、捜査官を捕まえては、レスリングします。
変わった男ですね。

潜入捜査の一人に歌がありましたね。
しかも名前入り。
こういうのあると古いって感じますね。
歌詞が面白かったです。

指揮官と行動を共にする男は、
ある有名人のモノマネ?をしてるみたいなんですが…。
これは、ちょっと…。
ファンの人に怒られないのかね?
大丈夫なのかな。

車の中にファックス。
これ、古いね。
こんな大きいの車の中に入れてるんだからね。
ここまでしてファックス必要ですか?

捜査員の男は皆、マッチョ、女は皆、爆乳。
必ず、男と女の組で行動。
そして、2人は捜査の事を忘れて…。
すっごいですなぁ…。
ここの捜査員達は一体、何考えてんだ?
ちゃんと仕事する気あるんだろか。

プールで銃撃戦。
しぶとかったねぇ。
弾丸当たってもなかなか倒れない。
当たった時に発する声が面白かったです。

証拠のビデオを手に持つ女の走り方がすっごく面白かったです。
その前に、よくあの状況で出来たなぁ。
周りの2人が変だったのに。

ある組織のボスも女と…。
しかし、なんで力こぶ?
これを見て、女は興奮するのかね?
変でしたね。

ちんぴら2人は笑い担当だったのかもしれませんが、
彼らの行動に笑えませんでした…。
ボスに対してのあの馴れなれしい態度。
凄いね。
ちゃんと分かる人は、あんな事しないよね。

指揮官と男が組織に捕まります。
そして、組織のボスとレスリング。
このシーンは、コミカルで面白いですよ。
指揮官のコスチューム、凄いね。
わざわざ買っておいといたのかな?
指揮官も負けてないですよね。

アクションあり、セクシーあり、笑いありの映画でした。
ちょっと、お子ちゃまには見せられないですね。
この映画はシリーズみたいなので、
あと何本か見てみたいと思います。
もしかして、他のも同じような感じなのかなぁ…。