映画・DVD「デイ・オブ・ザ・ウォリアー」2007/12/04 00:44

潜入捜査官をある組織から助ける物語。

何者かがコンピュータをハッキングし、
潜入捜査官の情報が盗み出されてしまった。
現在、潜入捜査を行っている捜査員達が
ある組織に狙われると思い、
潜入捜査員達の元に急ぐのですが…。

いきなり、ストリッパーのダンスからスタート。
乳を揺らすダンスには笑っちゃいました。

最初に突っ込みを入れないといけないのは、指揮官ですよね。
何て格好してるんだ?いつも、こんな格好?
しかも、仕事中に別な事してるし。

潜入先が凄いですね。
1人の男は、まぁ普通なんですが、
他が凄いです。
ここまでして潜入しないといけないなんて…。
悪い奴らを捕まえるにも大変ですねぇ。

潜入捜査員達の情報がコンピュータから盗まれて、
指揮官達は、すぐにある男を思い浮かべましたね。
どうして、すぐ思い浮かんだんだろ?
他にもいないもんかね?

潜入捜査をしている男が
潜入先のボスの手下を助けるのですが、
手下がいた拷問部屋がとってももろかった。
ちゃんとしたの作ればいいのに。
最後には、その部屋は爆破されちゃいました。
しなくても良かったんじゃないのかなぁ。
そして、助けた手下を連れて、ボスのところに帰ったら…。
ボスよりも、近くにいる女が凄いね。
決断は早い。
この女、いろいろと凄いんですよ。
まず、フクロウ。
これ、酷かった。
そして、最後の戦いで、
小屋で女を待ち伏せしての攻撃。
これ、笑いました。
面白かったです。
もっと女同士の戦い見たかったなぁ。

潜入捜査員の情報を盗んだ組織のボスは、「ウォリアー」。
レスラーでした。
彼は、捜査官を捕まえては、レスリングします。
変わった男ですね。

潜入捜査の一人に歌がありましたね。
しかも名前入り。
こういうのあると古いって感じますね。
歌詞が面白かったです。

指揮官と行動を共にする男は、
ある有名人のモノマネ?をしてるみたいなんですが…。
これは、ちょっと…。
ファンの人に怒られないのかね?
大丈夫なのかな。

車の中にファックス。
これ、古いね。
こんな大きいの車の中に入れてるんだからね。
ここまでしてファックス必要ですか?

捜査員の男は皆、マッチョ、女は皆、爆乳。
必ず、男と女の組で行動。
そして、2人は捜査の事を忘れて…。
すっごいですなぁ…。
ここの捜査員達は一体、何考えてんだ?
ちゃんと仕事する気あるんだろか。

プールで銃撃戦。
しぶとかったねぇ。
弾丸当たってもなかなか倒れない。
当たった時に発する声が面白かったです。

証拠のビデオを手に持つ女の走り方がすっごく面白かったです。
その前に、よくあの状況で出来たなぁ。
周りの2人が変だったのに。

ある組織のボスも女と…。
しかし、なんで力こぶ?
これを見て、女は興奮するのかね?
変でしたね。

ちんぴら2人は笑い担当だったのかもしれませんが、
彼らの行動に笑えませんでした…。
ボスに対してのあの馴れなれしい態度。
凄いね。
ちゃんと分かる人は、あんな事しないよね。

指揮官と男が組織に捕まります。
そして、組織のボスとレスリング。
このシーンは、コミカルで面白いですよ。
指揮官のコスチューム、凄いね。
わざわざ買っておいといたのかな?
指揮官も負けてないですよね。

アクションあり、セクシーあり、笑いありの映画でした。
ちょっと、お子ちゃまには見せられないですね。
この映画はシリーズみたいなので、
あと何本か見てみたいと思います。
もしかして、他のも同じような感じなのかなぁ…。