映画・DVD「達磨よ、遊ぼう!」2007/12/14 00:53

騒ぎが静まるまで寺院に身を隠すヤクザ達の物語。

騒ぎを起こし、このままでは捕まってしまうヤクザ達は、
上からの命令で、身を隠す事になり、寺院に行く。
しかし、坊主達は、そんな彼らを追い出したいと思っていた。
話し合いの場を持ったが平行線。
勝負に勝った方の言う事を聞く事になったのですが…。

達磨って、たぶん、坊主達の事を言ってるんですよね。
タイトルが面白いですよね。

身を隠すために、寺院を選ぶとは、なかなかですよね。
まさか、ヤクザがいるとは思わないし。
これは、賢いなと思いました。

この映画は、やっぱり勝負シーンですよね。
タイトルの「遊ぼう = 勝負」 なんじゃないとかと
勝手に思ってます。

三千拝は、もうどっちに有利か分かるのにね。
それでも、やってしまうのは、意地?プライド?

坊主達が特訓したのは、あちらでは有名なんでしょうか?
大の大人が必死にやっている姿が面白かったです。
でも、このために、ある方が…。可哀想に…。
でも、この後のある方は、変わりましたよね。
たぶん、こっちが本当の姿なんだろうな。

潜水は、単純だけど一歩間違えば…。
潜水をする2人にある共通点があるのが分かってからが面白かった。
あと、一方の人の顔、変で、可笑しかった。

花札とは、ヤクザらしい勝負を持ってきましたよね。
そう言えば、「オヤブン」と日本語で言ってますね。
何でなんだろ?

住職からの問題は、俺には全然分からなかったです。
しかし、片方のチームが答えられましたね。
頭が軟らかいんだなぁ。俺は固いんだなぁ。

坊主のリーダーは強いね。
一体、何をやっていたんだろう。
あと、薪割り係の坊さんも何してたんだろね。

水色ジャージの大学生?
とぼけていて、いいねぇ。
登場からして、変だし。
最後の戦い?が終わった時に、彼いましたよね?
いつからいたんだろ?
戦いに参加したとは思えないんだけど。
ホント、いつからいたんだろ。
確認してみようかな。

ヤクザ達を追い出そうと夜中、
ヤクザの1人がトイレから帰る途中で、坊主達が…。
これ、夜見たら、恐いだろうな。
まぁ、よーく見れば、何だか分かるんだろうけど。
パッと見たら、本物かと思っちゃいますね。

ヤクザ達が掃除をした時にあるアクシデントが起こり、
それを知った坊主達は住職に言います。
その後の住職の言葉に驚きました。
さすがは、住職ですね。

ヤクザのリーダーは、やっぱ男だね。
約束は守るし、筋の通ってない事をするのは許せないみたいですし。
子分達が、ある事を仕出かしてしまった後の
ヤクザのリーダーの行動は、けじめですよね。

尼さんに恋する?ヤクザの1人がなんか可愛かったですね。
度胸あるのかと思ったら、
やっぱり女の人の前だと、照れちゃって…。

やっと上の人達が、ヤクザ達を迎えにきてくれたのですが…。
んー、これは、ショックだよね。
ヤクザのリーダーは時前に、知っていたのですが、
これでは、あんまりですよ。
こういう事って、ヤクザの世界では日常茶飯事なんですかね?
だとしたら、大変な世界ですね。

ヤクザ達の元へ向かう、坊主のリーダー。
カッコ良かったです。
最初は、あんなに嫌っていたのにね。
やっぱり、いろいろとあった事で、
いつの間にか、ヤクザ達と坊主達の間に、
友情が芽生えていたんですね。
なので、最後の戦いには鳥肌立ちましたよ。
こういう展開になるとは思ってもいなかったので、
もう、ジーンと来てしまいましたね。
戦い終えてからの、坊主のリーダーの言葉に笑いました。

最後の方に、悲しい出来事が…。
これ、嫌でしたね。

最後の小坊主、可愛かったなぁ。
やっぱり子供なんだなと実感。

ラストの坊主のリーダーへの特別プレゼントに笑いました。
もらって、どうしろって?

エンドロールの曲も軽快で良かったです。
この映画に合ってる。

期待していた以上に、面白かったです。
これは続編が出来て、当然ですね。
早く続編見たいです。
この映画は、人にお勧めできます。