桜OVER☆SHOCK 其ノ弐 ~DIVE TO WORLD release party in TOKYO~ at Shibuya O-WEST2007/12/30 02:10

どうしても今年最後にもう一度ライブに参加したくて、
いろいろとネットで探してみまして、
このライブに参加する事にしました。
ファンの方には大変申し訳ないんですが、
出場したアーティストは全部知らなかったです…。

実は開演時間を18:00と勘違いしていまして、
開演17:00に間に合う事が出来ませんでした。
まず、渋谷駅に着いたのが、16:55頃で、
そこからネットで調べた行き方で
行ったつもりだったんですが、道に迷ってしまった。
確か、コンビニが地図にあった事を思い出し、
一か八か、コンビニを右に曲がり、道を進んでいくと、
ありましたSubuya O-WEST。
しかし、なんか変だなぁ。
外に沢山の人がいました。
「もしかして、開場されてないの?」と思ったんですが、
Shibuya O-WESTの反対を見て分かりました。
反対にあるライブハウスで、
ある方がライブするから、沢山の人がいたんですね。
という事は…急いで階段を昇り、
係りの人にネットで予約した事を言い、
受付でチケットを前売り価格で購入し、会場に入りました。
まず、入ってすぐに人がいて、なんか前に行けそうもない。
と思ったんですが、前に行ったら、
一人分のスペースがあちこちにあり、
右側の真ん中辺にいる事に。

演奏されているのは、AZUREというユニットでした。
ロックというよりもポップス色が強いように思われました。
結構、好きかも。
しかし、残念ながら、2曲しか聴く事が出来ませんでした。
彼らのワンマンライブが1月19,20日とあるらしいんですが…。
兄には既に2デイズ、他のアーティストのライブに
参加する事になってまして、本当は行きたいんですが、
今回は見送る事になってしまいました。

演奏終わり、兄、汗だくです。暑い。
それもそのはず、コート着てますから。
手にはフライヤー持ってまして、ライブに集中できない。
コインロッカーはどこにあるんだろうとキョロキョロすると、
2階にあると表示がありましたので、2階へ。
数が少ないので、開いてるか不安だったんですが、
何個か開いてましたので、
ロッカーにコートとフライヤーを入れて、再び1階へ。
ドリンク券があるので、今回はウォーターにしました。

また、開いてるスペースを探して、位置につきました。
今度は、さっきよりも、ちょっと前です。
そうこうしている内に2組目のザ★ボンが登場しました。
ボーカルの人が客席に乱入したのには驚きました。
あと、元JUDY AND MARYの恩田さんが
プロデュースしているとあって、
今後、どうなるのか楽しみですね。

3組目は、CONCONJUMP。
さよならバイバイ(?)が楽しかったです。
再デビューしたと何度も言ってましたね。
再デビューって、なかなか難しいと思います。
凄いバンドですよね。
お母さんに向けた曲にジーンと来ました。
ドラムの音がすっごく心臓に響きました。

4組目は、THE PINK★PANDA。
なんか周りの人達の雰囲気が違う…。
前3組より激しい曲、そして、皆も激しかった。
チョッパーさん、凄いですね。
マユさんも凄かったですが、やっぱりチョッパーさんですね。
皆、飛び跳ねたりして凄かったなぁ。

5組目は、少年カミカゼ。
モッシュが起こりましたね。
こんなにまじかで見たのは初めてです。
当然ながら、兄は参加しませんでした。
ボーカルが男性女性と珍しいですよね。
でも、その分、いろいろな曲が出来そうでいいですよね。
このバンドのTシャツ着ている女子が多かったなぁ。

最後は、このライブの提案者?のCHERRYBLOSSOM。
ここでもモッシュ起こりましたね。
2人が楽しそうに歌っているのを見ているのが楽しかった。

ライブ終了は、22:00ちょっと前でした。
外に出ると、雨が降ってました。
1階がコンビニなので、ビニール傘を買って、来た道を行きました。
来る時は気が付かなかったんですが、夜になって分かりました。
Shibuya O-WESTは、ラブホテル街にあったんですね。
まさか、周りがこんなだったとは…。
すんごい所にあるんですね。

疲れました。
約5時間立ちっ放しでしたからね。
腰と足にきました。
足の裏なんて、熱持ってました。

今回のライブ、周りには若い人ばかりでした。
兄は、ちょっと浮いていたかもしれないです。
やっぱり、年相当のアーティストのライブに参加した方がいいかもなぁ。
そうは思っても、今回のライブ、楽しかったですよ。
来年も、いろいろなアーティストのライブに参加したいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/12/30/2536028/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。