映画・DVD「ハサミを持って突っ走る」2007/12/31 15:28

心の病になってしまった母親をもつ少年の物語。

詩人の母親は夫との仲が上手くいかず、
心の病になってしまった。
分析医に診てもらい、少年は分析医の家に住む事に。
母親の心の病は、なかなか治らず、少年は…。

いやぁ、凄い親子だなと思いました。
冒頭のシーンは、
主人公が学校を休むために、
学校に電話するシーン。
随分、勝手な理由だよなぁって。
その良い?関係が何年か後には変わっちゃうんだねぇ。
主人公が学校を休むと言っても、
母親が駄目って言うようになっちゃった。

母親が精神的におかしくなってしまったのは、
主人公の父親との仲が悪くなったからみたいですね。
父親が酒乱?の気があるのかな。
でも、それだけだとは思えないんだけどなぁ。
父親が酒乱?になったのも、何かありそうだけど。

母親の詩っていいんでしょうか?
俺には詩の良さが分からないです。
詩の集まりで、他の人の詩を批判してますが、
自分の詩は…?

母親の心の病を治すために、
主人公は分析医の家に住む事になりましたが、
分析医の家族がインパクトある人達ばかりでしたね。
分析医の妻は、あるモノを平気で食べてる。
長女は、ちょっと変わった考えの人ですね。
猫を檻に入れて飼ってるのかと思ったら…。
次女は、主人公と意気投合し、主人公にある事をしようと…。
そして、養子の男は、主人公と親しい関係に…。
そのおかげで、主人公も本当の自分を得る事が出来たのかなぁ?

分析医もありましたね。
いい人だと思っていたら…。
こやつ、ズルイね。

母親の治療は、どうなっているのかと思ったら、
ちょっと違ってましたね。
少年が母親の元に行くと…。
これはショックかもしれないよね。
自分だったら、そんな事は無いと思うけど、ショックだろうな。

しかし、少年には、もっとショックな事が起こりましたね。
これは、放棄って事ですよね。
少年の気持ちも確認せずに決めるなんて、本当に身勝手だ。

主人公が分析医の奥さんにある事を頼みましたね。
その時の奥さんのリアクションが印象的でした。
他の家族は、こんなお願いしてないのかな?
なんか寂しいよね。

少年と次女がキッチンである行動に出ますね。
こんな事、普通の人はしないよね。
その行動の結果を見た分析医もある意味凄いね。

養子の男が最後にやってくれましたね。
いろいろあったんだね。

タイトルに「ハサミ」ってあるんですが、
ハサミってなかなか出なかったです。
やっと出てきたけど、持って突っ走ってない。
これは何かの例えなんでしょうか?
俺には分からなかったです。

なかなか良くならない母親。
少年は、ある決意をして…。
この歳で、よく決心したと思います。
その決意に対して、反応してくれた人の言葉に
ちょっとジーンと来ましたね。

変わった人達を描いた映画でしたね。
こういう事も実際にはあるんだろうなぁと思いました。
ちょっと悲しいですが、最後に、ちょっと救われましたね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2007/12/31/2538163/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。