映画・DVD「エアフォース・ワン」2008/01/02 10:41

テロリストにハイジャックされた専用機を取り戻そうとする大統領の物語。

大統領専用機がロシアのテロリストにハイジャックされた。
大統領は脱出するはずだったが、
妻と娘を残しては出来ず、
テロリストから救出しようとするのですが…。

この映画の大統領は、大統領としては失格?それとも合格?
実際の人が同じような状況だったら、どうするんでしょうね?
やっぱり一人だけ脱出するのかなぁ。
その前に、大統領専用機に、関係者以外が乗れるとは。
乗るための検査も、そんなに厳しくないみたいですね。
それと、機内の見えるところに武器があるのもなんだかなぁ。
テロリストの仲間に、あの人がいたら、しょうがないのかな。

大統領専用機って、結構大きいですね。
機内で、仕事が出来るようになってんですね。
移動中くらい休ませてあげてもいいのに。

ロシアのテロリストのリーダーは恐いね。
俺も「モンスター」だと思う。
平気で、人殺すしね。
「人間じゃねぇ」って思いました。

大統領、頑張るね。
元々、軍人だったみたいで、強いよね。
一人で立ち向かおうとするなんて勇敢だし。

テロリストのリーダーの質問に答える大統領の娘。
泣くことなく、勇敢だったなぁ。
普通の女子だったら、絶対、「キャーキャー」と喚くよね。

試合を楽しみにしていた大統領。
ビデオにまで録画していたのに…。
これは無いよなぁ。
ちょっと可哀想だったけど、表情が面白かった。

いろいろとハラハラするシーンが多かったです。
専用機が着陸しようとして…とか、
女の人がテロリストのリーダーの呼び出されて…とか。
でも、一番ハラハラしたのは、
大統領がテロリスト達に見つからないようにする事。
だから、ほとんど、ハラハラしてました。

大統領がホワイトハウスに電話しようとするシーン。
このシーンも、ちょっと面白かった。
電話する前の大統領のおとぼけとか、
電話を受けたおばちゃんとか。

専用機には、攻撃された時の防御があったんですね。
背中からミサイルが飛んできたら…。
専用機って、凄いんだなぁ。

副大統領も頑張りましたよね。
周りの雑音?にも耳を貸さずに、
自分の考えを貫き通し、立派でした。

大統領、ある作戦を実行。
上手く行くかと思ったんですが…。
賢いと思ったんですけどね。
まさか、上空で、ある事が出来るなんてね。
そう言えば、「ステルス」でもやってたな。

大統領のために、犠牲になった人達もいましたね。
こういう事出来るなんて、本当に凄い。
俺には出来ないなぁ…。

最後は、予想とは違ってましたが、ほぼ当たってましたね。

思っていたよりも、結構、残酷な事している映画ですね。
もっと娯楽映画と思っていたので、ギャップありました。
でも、しょっちゅう、ハラハラしっ放しだったので、
だれる事無く見る事が出来ました。
眠気も無くなりましたからね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/01/02/2541396/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。