映画・DVD「24エスケープ」2008/01/08 00:32

ギャンブル好きな男があるゲームに参加する物語。

送迎車の運転手の男は、
ギャンブル中毒で、負けてばかりいて、多額の借金をしていた。
そんな彼に借金している男からの刺客が現れ、男は逃げる。
逃げる途中、男はヘリからの銃弾で死んだ男から、
会員制カジノのカードを取り、そのカジノへ逃げ込む。
しかし、彼は、24時間逃げ切るゲームに参加する事になってしまう…。

ギャンブルをやらない俺にとって、
主人公の男は、馬鹿だなぁと思うのですが、
やっぱり、ギャンブルをやる楽しさから、
主人公の男のようになってしまうんですよね。
恐い、恐い。

借金している男からの刺客は女。
だからと言って、甘く見ると…。
大変でしたね。
この刺客、途中から主人公を助ける事になります。
自然の流れですね。

刺客の女の人、カッコ良かったな。
バイク乗ったり、蹴り入れたり。
追っ手にも女の人いたんだけど、この人は…。
2人対決するのかと思ったんだけど…。

主人公は会員制のカジノに入ってしまい、
まんまと、ゲームに参加するようになってしまいましたね。
今回は、刺客の女から逃げるという状況もあったから、
ゲームに参加するようになったけど、
何も無い状態だったら、
主人公は、どうしていたんでしょうね?
やっぱり、ゲームやるのかな?それともやらないのかな?
俺は、当然、やりませんっ!

主人公はまず、飛行機に乗って、ラスベガスから脱出を試みますが、
追っ手の方は、さすが、会員制のカジノを持っているだけはある。
自家用ジェット。
スタッフも考えましたよね。
さすがに、ラスベガスで派手に爆発とか出来ないから、
このようにして、場所を移動したんですよね。

主人公は元選手でした。
ある事で、今の生活になってしまったようで…。
んー、なんか大変ですよね。
ある事が無ければ、こんな事にならなかったかもしれなかったのにね。

主人公が船に乗り込む?シーンは、
予想していたのと違っていて、
更に面白かったです。
このシーンは見て、損は無いと思いますよ。
ボス、OKです。

このゲームでは警察に言ってはいけないルールがあるんですが、
ここまで、派手に爆発とかやってると、
「警察が来るんじゃないかなぁ…」
なんて思っていたら、やっぱり来た。
そりゃ来るよなぁ。
でも、警察は何もしなかったね。
何してんだ?警察は?

この映画の楽しみは、
24時間主人公が逃げ切れるかというのが表だとしたら、
裏として、追っ手のボスの行動で楽しむ事が出来ます。
この男、そんなに強くないし、ちょっと抜けてるし、お茶目です。
とっても人間的な人です。
悪役ではないみたい。
ある状況下で、ボスが平気な顔して、ゆっくりと歩くシーンは、
変な光景で、面白かったです。
また、ボスは本当に体張ってます。
いろんなスタントしてますよね。
走っている車のボンネットに乗ったり、
走っているトラックに後ろから乗り込んだり、
爆発に巻き込まれたり…。
主人公よりも頑張ってます。
そして、最後まで、ボスは面白かったです。

刺客の女が契約書を見て、主人公にある事を伝えました。
ちゃんと最後まで確認しないと駄目なんだね。
それにしても、よく考えたよなぁ。
どうするんだろうと思ったら…。
追っ手を利用しましたね。
主人公、運がいいね。

最後に、衝撃?の事実が…。
やっぱりカジノなんですね。
こういう事になっていたとはね。

ハラハラする映画なんでしょうが、
ハラハラ出来ませんでした。
なんと言っても、追っ手のボスです。
この人に注目してると面白いですよ。