映画・DVD「スライド」2008/01/16 00:21

不思議な出来事に遭遇する女性写真家の物語。

ある夜、女性写真家は、恋人と食事した帰りに、
恋人に店に行って、チョコレートを買ってくるように頼む。
その店に、強盗が押し入り、恋人は殺されてしまう。
気が沈んでいる女性写真家は、カウンセラーに見せもらっていた。
女性写真家は、授業を持っていて、
生徒達の写真をスライドで見ていると、一枚残ってしまい。
その一枚を見てみると…。

邦題は「スライド」なんですが、原題は「November」。
どちらが合っているかと言うと、原題でしょうかね。

冒頭でとても不幸な出来事が起こってしまいましたね。
食事した帰りに恋人が入った店に強盗ですからね。
で、恋人は本当の事を言ったにも関わらず、
殺されちゃいましたからね。
もし財布持っていたら、助かったのかなぁ。

11月7日を印象付けるように出てきますね。
これは日付が関係あるのかな?
この謎は最後まで見れば、分かるのかな?
あまり深い意味は無さそうかな。
でも、何か意味あるのかな?
んー、やっぱ分からんです。

女性写真家と恋人の出会いは、
ある撮影で知り合ったんですね。
その撮影が弁護士年鑑に載せる写真の撮影。
弁護士年鑑って、何ですかね?
弁護士について、いろいろ書いてあんのかな?
例えば、こういう裁判で、勝ったか負けたとか?

女性写真家はクラス持ってましたね。
スライドで生徒達の作品を見る。
最後に一枚残り、見てみると…。
「誰が、こんな事を?」って思いますよね。
これについて、刑事に頼んで、調べてもらうんですが、
このスライドの持ち主が…。
ここからです。
この辺から、分からないワールドに突入してしまいました。

女性写真家は、恋人がいるにも関わらず、なんと…。
いやぁ、人は見かけによらないですね。
恋人が店にいる間の彼女の行動にも…。
この後の事を見ると、
女性写真家が恋人に電話をするんですが、それがきっかけで…。
こういうのは、なんか嫌ですね。

スライドで生徒の写真を見ていると、
また驚く写真が映し出されました。
この写真は、一体、誰が撮ったんだ?
おかしいですよね?
んー、分からなくなってきた。

ちょっと経ったら、もっとおかしい事が起こってしまいました。
ん?パラレルですか?
もう、どれが本当の世界か分からないです。

いろいろな事が分からないままで、最後の方まできました。
たぶん、最後の写真撮影シーンの前のシーンが本当の世界かな?
んー、でも分からないまま終了してしまいました…。

久しぶりに見ちゃいました。
こんなんで終わらせるなんて…。
消化不良ですね。

しかも、エンドロールが長い。
ちょっと、スピード遅いよね?
ゆっくり過ぎるよ。
"Special Thanks to"が結構あったように見えました…。

これは、お勧めできないです。
はっきり言って、訳が分からないです。
もし理解できた方いましたら、教えてもらいたいです。
どうしろって言うんだ?
もっと、サスペンス的な事を期待していたのですが、残念でした…。