映画・DVD「ダイヤモンド・イン・パラダイス」2008/01/22 01:02

盗みを辞めた泥棒の物語。

主人公の男は、
恋人でパートナーでもある女と一緒に、
ダイヤを盗んだ。
この仕事を最後に引退し、南の島へと住むのだが、
そこに、FBI捜査官が現れて、
島に1週間止まる船にあるダイヤを盗むと思われるのですが…。

主人公の男を演じているのは、
元ジェームズ・ボンドですよね?
なんか、老けてるなぁという印象が。
どうしちゃったんだろう?

冒頭は、ダイヤを盗み出すシーン。
FBI捜査官、ついてなかったね。
こんな風になったら、
どうにもする事が出来ないもんね。
おまけに最後は…。
どうにかしてダイヤを守りたかったのにね。
このために、捜査官は有名になったみたいですね。

主人公の男は、泥棒から引退して、
南の島に住むようになります。
毎日、遊んで暮らしてるみたい。
青い海が綺麗だね。
こんな所に住んでるなんて、うらやましい。

主人公の男の家に、捜査官がいました。
どうしても、主人公を捕まえたいみたいです。
結構、叩かれたのかなぁ。
ここまで来るとは、凄い執念です。

捜査官から、ある物を取り返すために、
主人公達は捜査官をお持て成ししましたね。
これはいいなぁ。
俺もぜひ、受けてみたい。

捜査官から主人公はダイヤの事を教えられます。
その事を恋人に言うのですが、
恋人は嫌な顔してましたね。
引退したのに、また危険な目に遭わせたくないんだね。
んー、愛ですなぁ。
しかし、主人公は…。
やっぱり、泥棒の血がうずくのかなぁ。

マフィアのボスから、
ダイヤを盗むように主人公は言われたのですが…。
おっ、やっぱり恋人のために…と思ったんですがねぇ。

主人公は捜査官と一緒に釣りをするために海にでます。
日焼け止めのシーンから面白くなりましたね。
こんなもんを釣り上げるとはね。
船に上げて、触ろうとした時の捜査官の対応が凄いね。
船から上がる時の主人公と捜査官も良かったね。

捜査官は部屋に盗聴器を仕掛け、
主人公と恋人の会話を聞きます。
捜査官の反応が面白かったです。
オチも良かったですよね。

捜査官、頑張るね。
いろいろ考えてんだね。
偉いよ、ホントに。
パレード(?)では、災難だったけど、
そのおかげで良い事もあったしね。
この後のシーンが面白かったです。

いろいろと考えてしまう主人公の恋人。
また、主人公が盗みをするんじゃないかと。
そのために、主人公は家に入れてもらえず、
捜査官の部屋に泊めてもらう事に。
それからの朝のシーンが面白かったです。
あと、見せられた写真も。

なんだかんだ言っても
主人公と捜査官って、
気が合うみたいに見えるんだけどなぁ。
これは大人の対応?
ある作戦を決行したりするしね。
お互いの恋人も親しいみたいだし。

4人でスキューバ・ダイビング。
しかも夜。危険じゃないのかね。
この時、主人公は…。
まさかねと思ったんだけどね、
どうなんだろう?

マフィアのボス、偉い。
自分でやろうとしたからね。
普通、自分でやろうとせずに、
部下に頼むのにね。
なんで自分でやろうとしたんだろう?

なんでダイヤを盗みたいんだろね。
泥棒として黙ってられないからかな?

とうとう我慢が出来なくなった主人公の恋人は…と思ったら、
予想していなかった展開に。
どうして、この人が?

ハプニングがあって、恋人の考えが変わったかな?と思ったら…。
こうなって、正解かもねと思いましたよ。
だって、恋人は、主人公の裏切り行為で傷ついちゃいましたからね。
しかし、と言うか、やっぱりと言うか、こういう展開になるんですねぇ。

最後に、ちょっと驚く事がありましたね。
でも、よーく思い返してみると、
なんか変だなぁと思うシーンがあったんですよね。
これで、なんとなく辻褄が合いますね。

主人公が最後に、趣味をするシーンは楽しかったです。
この趣味は、いろいろな人の協力が無いと出来ないよね。
しかも、金、掛かってるしね。

この映画はコメディだったんですね。
泥棒が主人公だから、ハラハラするもんだと思っていたんですが、
それよりも、いろいろと笑えるシーンがあって楽しかったです。
特に捜査官が良かったです。
結果OKですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/01/22/2572313/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。