映画・DVD「ハッピー・フライト」2008/01/31 00:53

スチュワーデスになる女の物語。

主人公は子供の頃から、
自分の町が嫌いで、いつか出て行こうと思っていた。
しかし、なかなか実現出来なかった。
主人公は突然、恋人に捨てられ、落ち込んでいたところ、
テレビで、スチュワーデスが本の紹介をしていたのを見て、
本を買い、町を出る一歩として、小さな航空会社に入る。
客はギャンブラーと酔っ払い。
たまたま空港の食堂で、
違う飛行機に乗っているスチュワーデスを見て、
主人公は、もっと上の航空会社に入ろうと面接を受けるのですが…。

主人公が頑張って、
成功を勝ち取ろうとする物語は好きです。
励まされますね。

主人公は町を出たいと思う気持ちがあるのですが、
なかなか実行出来ずに、ずるずると。
主人公の転機は恋人に捨てられ、
テレビで、本の紹介をしている女性を見た事。
この女性が主人公と同じ田舎育ちで、
そこから国際線のスチュワーデスになった人でした。
自分と同じ状況の人が、こういう風に成功したと知ったら、
「自分でも出来るんじゃないか」と思いますよね。
そう思った主人公は本を買って読んで、
小さな航空会社に入りましたが、
かなり違ってましたよね。
でも、この小さな航空会社に入ったおかげで、
主人公は、いい出会いをする事になったんだから、
これはこれで良かったんですよね。

いつものように先輩、後輩と食堂(?)にいたら、
ちゃんとしたスチュワーデスが。
そうそう、小さな航空会社の制服(?)が、
なんか、どっかの店の姉ちゃんが着てるような服なんですよね。
自分達と全く違うのを見たためか、
主人公は先輩、後輩と一緒に、大手航空会社の面接を受けます。
その面接の試験官が1人。
しかも、ちょっと変わった人でした。
この面接で、先輩がある事をしてしまったために…。
先輩は、この後、どうしたんだろ?
ちょっと気になりますね。
面倒見のいい先輩なんですよね。

主人公は訓練を受ける事になります。
訓練を与えるのが、なんと試験官だった人。
んー、この人で大丈夫なんだろうか?
と思っていたら、やっぱり、ちゃんとしてましたね。
主人公も後に、彼の事を良く言ってましたからね。
でも、彼は可哀想ですね。
たぶん、いろいろな知識や経験があると思うのですが、
ある事のために、搭乗出来ないんですからね…。

主人公は、テレビで本を紹介していた女性と知り合いになります。
彼女の家に食事会に招待され、
主人公は彼女にいろいろと質問していましたね。
主人公にとって、憧れの女性なんですね。
憧れの人と話せるなんて、主人公は運がいいですね。
というか縁があるんですね。
主人公は憧れの人にクローゼットを見せてもらいます。
そこで、主人公は、憧れの人から、
3つの単語を繰り返し唱えさせられます。
これって、一種のマインドコントロールですよね。
しかも、その時に、憧れの人から「私に似ている」なんて言われてましたよね。

いよいよ卒業試験。
この試験の結果で、自分の所属が決定されます。
主人公は試験の手ごたえはあったみたいで、
自信満々だったのですが、
試験の結果、主人公は近距離、後輩はNYとなってしまいました…。
この時点で、おかしいなと思ったんですよね。
主人公は、ある記録を更新したりと、いい成績なのに、一番最低の近距離。
そして、何故か、後輩がNY。
主人公は試験の答案を見せて欲しいと頼むのですが…。
この時に、何で駄目もとで、憧れの人のところに行かなかったんですかね?
でも、この配属で、主人公には、いい事があったんですよね。

主人公が配属のために住んでいる町に、
訓練前に出会った男性と再会するんです。
本当に、主人公は運がいいと言うか、なんと言うか…。
そして、2人は付き合い始める。
クリスマスは、彼の家で楽しそうでしたね。
最後のプレゼントが主人公のとっては、嬉しいよね。
彼の家族は、皆、いい人そうだから、いいよね。

人間と言うのは一つの欲望を満たすと、
違う欲望が現れるもんなんですね。
主人公は、偶然、後輩と出会い、
彼女と話す事で、国際線に搭乗する夢を思い出します。
そして、今度は正しい行動を取りましたよね。
その結果…。
やっぱりそうだったかという事でした。
どう考えたって、試験の結果、おかしかったし。
何かあると思ってたんだよな。
それにしても、誰も変だと思わなかったのかね。

主人公は再試験を受けますが、その代わり、失うモノが…。
再試験は、やっぱり合格。
主人公は国際線に搭乗。
そこに、当然の報いを受けた人が現れ、
キャット・ファイト!
面白かった。
最後のあれはパンかなぁ?

主人公は、憧れの人とバッタリあるところで会います。
憧れの人は、やっぱ、只者じゃなかった。
こういう人だからこそ、成功したんだなぁと思いました。
そして、なかなか粋な事をしますよね。

主人公は彼の家に到着し、ある人に話し掛けるんですが…。
誰かに話したいんだよね。
でも、本当は彼に言いたいのに。
話し掛けた人が何かしてくれるのかな?と少しだけ期待していたら…。
違うトコから来たね。
そして…。

最後にはビックリしました。
主人公、凄いね。
やっぱ、努力家なんだなぁ。

この映画を見ると、
自分も頑張れば出来ると思うかもしれませんが、
主人公が運良過ぎです。
都合良いんだもんなぁ。
こんなに上手く行くなんて事あるのかなぁ?
まぁ、映画なんだから、こんな事になってもいいですよね?
見終わった後は、当然、いい気持ちになりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/01/31/2590898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。