映画・DVD「ハートストッパー」2008/02/06 00:06

殺人鬼に追われる女子高生の物語。

自殺を計ろうとした女子高生は、
殺人鬼の死体を運ぶ車に乗る保安官に助けられ、
一緒に病院へ運ばれ、入院する事に。
しかし、病院で、死んだはずの殺人鬼が蘇り、
次々と人々を殺してしまった。
女子高生も危険を感じ、
たまたま入院した同級生と一緒に逃げようとするのですが…。

「ハートストッパー」を日本語に訳すと…。
その言葉のまんまの事が行われてました。
一番凄かったのは、
急患で運ばれた男性に対してですね。
バッと開いて、ガッとする。
バッと開いた時がもう…。
でも、このシーン、見方によっては笑えるかもしれないですね。
んー、笑えないかぁ…?

主人公の女子高生は自殺を計ろうとしていました。
最後にやったのが道の真ん中でしゃがむ事。
そして、女子高生は車に当たったのですが…。
ちょっとカッコ悪かったね。
助かったのは良かったんだけど、
その代わりに女子高生がなったのが…。
保安官が女子高生を助けようとすると、
女子高生、何を思ったのか、ある物を要求。
これには、驚きました。
苦笑いですね。
自分が何したか分かってんのか?

いや、女子高生がこうならば、母親も母親でしたね。
この子なら、親も親だよね。
自分の子供が入院したのに…。
さすがに、女子高生も文句言ってたね。

そうそう、女子高生が何故、自殺を計ろうとしたか?
ある事が原因で友達(?)からいじめを受けるのですが、
もし、ある事が本当だったら、
女子高生は自業自得ですよね?
本当は、どうだったんだろう…。

この映画のもう1人の主人公の殺人鬼は、
最初に、電気椅子で処刑されます。
処刑された後の殺人鬼の顔がすっごく気持ち悪かった。
電気椅子でやられると、本当に、こんなんになるんですかね。
その殺人鬼の死体を運ぶ車に女子高生は当たっちゃったんですよね。
なんとも運が悪かったとしか言えないね。
それよりも自殺しようとしなければ良かったのにね?

今、気が付いたんですが、女子高生は自殺しようとしていたのに、
殺人鬼からは逃げてましたよね?
死にたいんじゃなかったんじゃ…?
誰かに殺されたいとは思ってなかったという事ですね、きっと。

殺人鬼は病院で蘇るのですが、
何で生き返る事が出来たんだろう?
説明も無かったから分からんね。
悪魔とでも契約したとかも無かったし。
一体、どんな力が働いたんだろう?

殺人鬼が蘇ってからは、時間が無いように、
次々と殺していきました。
こんなに殺して、どうすんだろう?
と思ったら、それにも訳があったみたいですね。
どうも食ってるみたい…。
そのシーンは無かったけど、
殺人鬼が言ってました。
誰かが言ってたけど、ホント人間じゃないね。

とうとう女子高生が殺人鬼に追われるようになりますが、
同級生の男の子がある物を見つけ、
それを女子高生が殺人鬼に向かって使います。
女子高生、すさまじいね。
これでもかと言うぐらいやってたね。
今までのうっぷんを晴らすかのように。

女子高生が言った言葉で、お気に入りの言葉があります。
それは、「とっとと死ね」です。
これには、笑ってしまいました。
ちょうどタイミングも良く、
この言葉に、女子高生の今の気持ちが込められていたと思います。

ラストはちょっと忘れていた…って感じでしたね。
この後、どうなったんだろう?
その前に、アレは何?
何かするんだろうか?
まずは、そこからですよね。

あまり期待していなかった分、楽しむ事が出来ました。
主人公の女子高生がとんでもない奴なので、
最初は、女子高生に対して、文句ばかり言っていましたが、
だんだんと女子高生も変わってきて、
最後には、女子高生の行動の凄さに楽しんでました。
ちょっとグロいシーンもありますが、
見方を変えれば、笑える(?)シーンもあると思いますよ。