映画・DVD「饗色の館」2008/02/25 23:41


遺産を相続した友人に会いに来た人々の物語。

友人の1人が遺産を相続し、皆で会いに行く。
行く途中、用を足したいと車を止めて、1人、森の中へ。
用を足してる最中に、何者かが監察し、そして…。

また、やってしまいました…。
この映画?もほとんどがHシーンばかり。
しかも、モザイクあり…。
こんなのとは思っていなかったので、ショックでした…。
これじゃ、AVですよ。
AVより○○かも。
内容もほんのちょっとしかありませんでした。

冒頭からすぐにHシーン。
しかもある女性が夢の中でです。。
この女性は、欲求不満なのかな?
後で分かるのですが、なぜ彼女が、
こういう夢を見るのか分かるような、分からないような…。

彼女が目覚めて、Hシーン終了。
これで、まともになるのかと思ったら、
今度はある2人が森の中で…。
よく、やるなぁ…とあきれてしまいました…。

やっと遺産を相続した友人の家に到着。
その家は、昔、売春宿で、7つの部屋があり、
その部屋は、7つの大罪と関係しているとか、していないとか…。
なんか面白くなりそうな材料が出てきたなぁと思いきや…。
なんだったんだろう…。
こういうの止めて欲しい…。

Hな夢を見た女性が部屋にあった香水を嗅ぎ、
また、夢の続きを想像していました…。
これで、また時間が過ぎてしまいました…。
一体、何をしたいんだろう?

仲間内の1人の女性がシャワーを浴びに。
その最中に、黒い手袋をつけた人が彼女に迫り…。
あっ、やられちゃったかな?
ここから犯人探しが始まるのかとワクワクしました。
1人の男性が彼女の様子を見にシャワーのところに。
すると…。
あれ?なんで、こうなんの?おかしいよね、これ?
と思わず言ってしまいたい光景がありました…。
ここまで来ると笑っちゃうね…。

もう1人の女性が地下にあるシャンパンを取りに行きます。
シャンパンを見つけ、戻ろうとすると、
例の黒い手袋をつけた人が現れ…。
彼女の連れの男性が様子を見に地下に行きます。
すると…。
やっぱり、こうなりますか…。
もう分かりましたっ。
2度、同じ手は通用しませんよ。

そして、ここから記憶が無くなりました。
確か、またHシーンで、男2人に女1人と、
女2人のシーンがあったかなぁ…。

ラストに、ちょっとおまけとして、
内容らしい事をある女性が男性に話します。
だからって、何?って感じです。
今更、驚きもしませんよ。
こんな終わり方でもね。

全く、どういう目的で作製されたんだろう?
AVなのかなぁ?それとも…?
エロティック・サスペンスを期待していたんですが、
サスペンスの「サ」の字も無いです。
もう、エロです、エロ。
AVとして見るには、物足りないです。
だって、裸の女性に真珠の輪が着いてるもんですか?
まぁ、夢のシーンだからかもしれないけどね。
話のネタにもなるかなぁ…。
ある意味なるような、ならないような…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/02/25/2662255/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。