映画・DVD「オーディション」2008/03/01 08:33

ある屋敷に監禁された4人の若者の物語。

成功するためにハリウッドに来た女性2人。
その1人の兄といとこが会いにきた。
4人でパーティーに出掛け、俳優たちと知り合う。
彼らに誘われ、ある屋敷に入る4人。
しかし、その屋敷には、ある人物が待ち構えていた…。

ちょっと前に見た「NINE -ナイン-」 と同じ監禁ですが、
こちらは監禁された上に、1人1人襲われるという事でした。

パッケージがちょっと気持ち悪いんですよね。
この人は兄といとこが会いにきた女性なんです。
こんな風になってしまうんです。
どうして、こんな風になってしまったか、
それは、ある屋敷に入り、
そこで会った人物に質問され、ある答えを出したから。
彼女は最終的には、ものすっごい顔になってしまいました…。
この顔が本当に凄かった。
夢に出てきそうで嫌ですね。

いとこの男は気が付くと、
ベッドの上にいて両手両足を縛られてましたね。
部屋には1人の女がある事をしていましたね。
この女、何をするのかと思ったら、
「うわぁ」って言ってしましました。
しかし、結果は…あれ?そうだったの?とあっけにとられました。
これで終わりかな?と思いきや、女が男にまたがり…。
男が○○と死ぬらしいんです。
だから、男は○○ないようにしないといけないんです。
彼がどうなったか…、この映画を見て確認してみて下さい。
彼をどうにかしようとする女にもある事が起こります。
これは、グロかったなぁ…。
まじかで見たくないね。リアルだよね?

友達の女性は気が付くと、
ストリップで使うバーのある部屋にいました。
ある人物から、セクシーさを見せて欲しいと言われ、
女性は踊るんですが、んーセクシーかなぁ…。
その前に、この人は、どっから、こんな自信があるのってくらい、
大きな発言ばかりしましたね。
下着姿になったけど、体、細過ぎじゃないか?
ちょっと気持ち悪かった。
彼女は誘われた俳優にある事をされそうになるんですが…。
彼女がどうなったか…、この映画を見て確認してみて下さい。

兄は気が付くと、
壁が真っ白の部屋にいた。
何か起こるのか?と思いきや、…。
どうして、こんな事になったのかは、
彼の質問の答えがそうさせたようです。

そして、パッケージのような状態になってしまった女性。
彼女は最初、屋敷に入るのを嫌がってたんですよね。
女の勘で危険を察知したのかもしれないですよね。
彼女には、大きな夢があったんですね。
それをある人物の質問の答えにしてしまったために…。
彼女は一体、どうなるんだろう?と思って見ていたら…。
こんな風になっちゃうとはねぇ。

4人のうちの1人が毒に侵され、
2つの部屋を選ばないといけない。
1つは解毒剤がある部屋。もう1つは…。
一方を開けると、もう1つの部屋にロックがかかってしまう。
部屋を1つ選ぶのか?それとも何か策があるのか…?

屋敷にいる人物は、この出来事をドキュメンタリーとして撮影。
そのカメラマン2人がなんと日本人女性?
もしかしたら、日系の人かなぁ。
一言だけ台詞言うシーンがあって驚きました。
こいつら話さないと思っていたから。
あと、カメラ撮影以外、何もしないと思っていたんだけど、
ある時に行動しましたね。
こんな状態だったら、動かざる負えないからねぇ。

エレベーターに乗り、上の階へあがろうとした時、
屋敷にいる人物が4人のうちの1人にある質問をします。
たぶん、その人は仕方なく、その質問に答え、
そして、エレベーターである事が起こります。
その最後が酷かった…。
でもね、そんなに恐くなかったんです。
なんか、スーッと起こってしまった感じでした。
「あれ?あれ?あれ?」と思ってるうちに…。

いよいよ屋敷の人物と対決。
彼の言うとおり、彼に立ち向かう人は喧嘩慣れしてないね。
それでも立ち向かおうとする気持ちがいいよね。
この対決が終わり、そして、ラストとなりました…。

人の夢を利用して、こんな事をするなんて、
本当に酷い奴だよね。
何で、こんな事をするようになったんだろうなぁ…。
もしかして、「あの響き」のため?
リアルさを求めて?
だとしても、やっぱ酷いよね。
甘い話には気を付けないといけませんね。

ケツメイシ - ドキッ!! オヤジだらけの歌合戦 目指せ金メダル2008 ポロリもあるよ!? at 横浜アリーナ 2008.3.12008/03/02 14:45

横浜アリーナで行われたケツメイシのライブに参加しました。
横浜アリーナに行く前に、友達と一緒に、
ラーメン博物館に行きました。
ミニラーメン2杯とラーメンコロッケ食べました。
中では、「KTM」と書かれたバッグを持った人々と
何度も遭遇しました。
皆、考える事は一緒なんですねぇ。

ラーメン博物館を後にして、
次にある場所へ向かうはずだったのですが、
友達がグッズ買ってからにしようという提案で、
横浜アリーナに向かいました。

グッズ販売の列の最後尾に15時頃、並びました。
10分、20分経ってもなかなかグッズを売っているテントに
辿り着けません。
階段を上っても、まだ続いてる列。
会場からリハーサルの音が漏れてました。
これは、ちょっと嬉しいですね。
列が進むと、今度は下る階段。
まだまだです。
トイレ付近、ツアートラックと周り、
やっとテントに辿り着、グッズを購入したのが、
開場時間8分前でした。
HPで、グッズ販売開始時間が13時だった意味をやっと知りました。
グッズは早めに買った方がいいと勉強になりました。

2人で急いで入口に。
今回の席は、アリーナ指定です。
しかし、どこに並べばいいか分からない。
友達が係員に聞いて、なんとか分かりましたが、
こういう時は、プラカードのような見て分かるもんの方がいいですね。
ちょっと段取りが悪かったなぁ。

開場して、中に入りました。
それにしても広い通路ですね。
今回の席はアリーナ指定で、左側でした。
アリーナ中央は立見のブロックとなってました。

開演まで友達と話してました。
場内アナウンスが終わると、幕にある文字が…。
こういうファン・サービスはいいですね。
でも、開演時間10分前のは反則ですよね?
面白かったです。
ちゃんと開演前に来ている人の事も考えてるんですね。

ライブ、スタート。
面白い映像から始まりました。
3年ぶりのツアーとあって、
もう最初から会場はノリノリです。
兄も友達もグッズで買ったタオルを使って、
皆と一緒に踊りました。楽しかった。

兄の好きな曲もやってもらえました。
3つのある流れがいいですね。
憎い演出しますなぁ。

MCで、RYOさんが…。
よく家族が見てる前で、
こんな事出来るなぁと関心してしまいました。
その前に、驚きましたが。

途中、コントもありましたね。
まさか、こういうのをやってくれるとは
思っていなかったので、驚きました。
MC3人の仲の良さが見えて楽しかったです。
自然な演技でしたね。

スペシャル・ゲストとして、2人組が登場。
「キャー!!」と言ってる人がいたので、
ケツメイシと関係ある方々なんでしょうね。
兄は、知らない人達でした…。

後半戦と言われ、会場も更に盛り上がり。
ホント、いい曲ばかりだなぁと実感していたら、
あれ?本編終了?

アンコールの手拍子が始まりました。
すると、ファンの人達が合唱。
何を歌っているのか分かりませんでした。
残念…。

幕に文字が…。
最後に皆、「えーっ」と言って、ある曲がスタート。
こういう演出好きなんですね。
こういうの好きです。

アンコールも盛り上がりました。
最後の曲も楽しかったけど、
その前の曲も良かったなぁ。

アンコール終了。
アナウンスで、ある物が配られました。
これは嬉しかったですね。
しかし、出口に辿り着くまで大変でした。
やっと着いて、ある物をもらって、外へ。
とても気持ち良かったです。
また、参加できたらいいなぁと思いました。

【セットリスト】
01.歌謡い
02.三十路ボンバイエ
03.1日
04.ダンス
05.君にBUMP
06.トレイン
07.夢の中
08.冬物語
09.さくら
10.また君に会える
11.ケツメイシ工場
12.スタート
13.ア・セッションプリーズ
14.出会いのかけら
15.恋の終わりは意外と静かに
16.ライフ・イズ・ビューティフル
17.トモダチ
18.君色
[ENCORE]
19.涙
20.手紙~未来
21.さよならまたね
22.カーニバル

カヒミ・カリィ - 大友直人 Produce POPULAR WEEK at 東京文化会館 小ホール 2008.3.22008/03/03 00:07

今日は東京文化会館で行われたカヒミ・カリィのライブに参加しました。
この会場は普段はクラシックのコンサートを行う会場で、
今回はPOPULAR WEEKとして特別に小ホールでライブが行われました。
カヒミさんは2日目でした。
今回は開場時間前に着いて列に並びました。
席は指定なので、ギリギリに来てもいいんですけどね。
どうも友達の影響からか開演時間前に並ぶのも
楽しいと思うようになってきたみたいです。

開場して、まずはグッズ売り場に。
今回を記念してのグッズはさすがにありませんでしたね。
そして、席へ。
今回の席は後ろから2番目でしたが、
小ホールなので姿はばっちり見えるはずです。
開演まで1人席に座って、
どんどん会場に人が集まってくる雰囲気を楽しんでました。
女性客が多かったです。

感じたのは兄だけかもしれませんが、
会場内のアナウンスがちょっと不気味に聴こえました。
兄だけかなぁ?

18時になりまして、ライブ、スタート。
しかし、遅れてくる人がやっぱりいるんですね。
遅れて入ってくるのは、やっぱり嫌な気分になりますよね?

ミュージシャン2人とカヒミさん、登場。
カヒミさん、小さいですね。
兄の席からもカヒミさんの姿、顔が見えました。
小ホールっていいですね。

カヒミさんの曲って、ほわんほわんしたイメージがありました。
ライブでも同じでした。
どうも、この手の曲を聴くと、ついウトウト…。
隣の人も寝息たててました。
ファンの人に怒られちゃうかもしれませんが、
違った意味で気持ち良かったみたいです…。

最初の方のMCでは、あまり話さなかったカヒミさん。
しかし、だんだんと話すようになってくれました。
見た目とは違って、面白い事を言うんですね。
もっと、カヒミさんの話を聞きたかったですね。

ウトウトしながらも完全には眠らずに、
最後まで見る事が出来ました。
カヒミさんの独特の世界があって、
貴重な経験をさせて頂きました。

映画・DVD「アカデミー」2008/03/04 00:31

芸術学校1年生の物語。

有名な芸術学校に入っても才能が無ければ、
強制退学日に退学させられてしまう。
学生達はその日まで成果をあげようと努力するのですが、
ある1人の日本人女性は退学し日本に帰ろうと思うのですが…。
また、ある1人の日本人男性は映画監督志望の男性に…。
そして、バレエを愛する女性は下宿先で…。

まず最初のおばちゃんにビックリします。
ちょっとねぇ、汚いよねぇ。
最初なんだからさぁ、最初なんだから。

この映画の主人公は3人。
退学して日本に帰りたい日本人女性。
俳優になりたい日本人男性。
国際的なバレリーナになりたい女性。
彼らは強制退学日まで、いろいろな出来事に遭遇します。

退学したい日本人女性は、ちょっと変わった人ですね。
退学したいために、いろんな事をするのですが…。
ある生き物を放すのは良くないよね。
でも、これって被害は少ないよね…。
彼女が退学して日本に帰る事が出来るのかどうか…。

そんな彼女に、同級生で、バイオリンを弾く
地元の男性との出会いがありました。
この男性がちょっと可哀想なんだなぁ。
彼女の事が好きなんだけど、彼女は友達だからと…。

俳優を目指す日本人男性は、杉浦太陽さんじゃないですか。
どういういきさつで、この映画に出る事になったんだろう?
ちょっと興味ありますね。
彼は、変な映画監督志望の男性に映画出演を頼まれて、
出演するのですが、その映画がどうも同性愛をテーマにした映画っぽい。
そして、どうも監督の男性はは日本人俳優の事が気に入ったらしく、
演技指導が行き過ぎてましたね。
あの緑のグニョグニョは一体?
強制退学日の前に、舞台をやる事に。
主役は日本人男性かそれともライバル(?)の男性か…?
そして、舞台が始まり、その舞台上で、予期せぬ事が…。

国際的なバレリーナを目指す女性は、下宿先を出る事になって可哀想でしたね。
しかし、ちゃんと泊めてもらえる事になって良かったですね。
でも、金が無いので、仕事をする事に。
その仕事がちょっとバレエとは程遠い仕事。
これは一歩間違えば、危ないんじゃないの?って感じですよね。
ちゃんと考えてんのかなって思っちゃいました。
発表会の前に、あんな事するとは…。
国際的を目指す人がこれでは駄目だよね?
優れたバレリーナがする事では無いよね?

そして、強制退学発表の日。
3人はどうなったかと言うと…。
この結果には意義はありません。
これが普通だと思うけど…。
しかし、この後の行動は理解できませんね。
ここで変な風になっちゃいましたね。
だから、ラストはあまり好きじゃないですね。
ちょっと自分勝手なような気がするから。
ちゃんと努力した人達に失礼に思えました。

この映画で何を表したかったのか、分かりません。
3人ともそれなりの事をして、それなりの結果となったのになぁ。
なんか変だよなぁ。
こう思うのは俺だけかなぁ…。

映画・DVD「アドレナリン」2008/03/05 00:50

特殊な毒を盛られた殺し屋の物語。

ある人物を殺した男は部屋で何者かに襲われ、気を失っていた。
目が覚めるとDVDがおいてあり、自分が特殊な毒を盛られた事を知る。
男は自分をこんな目にした奴を探そうとするのですが…。

特殊な毒が体を周らないようにするには、
アドレナリンを出し続ける事。
本当に、こんな毒あるんですかね?

殺し屋はアドレナリンを出し続けるために、
いろんな事をしてましたね。
基本は走る事かな?
その時にバックで流れる曲が変わっていましたね。

アドレナリン出すためだからって、
盗んだバイクで、あんな事しなくてもいいのにね?
調子に乗るから…。
何でやろうと思ったんだろう?
ちょっと疑問。

テレビで公開された殺し屋の似顔絵は
ちょっと恐いよね?
でも、面白い。

殺し屋は毒を盛った男の弟に会い、
居場所を聞くのですが…。
やっぱり、こういう展開か。
しかし、殺し屋は残酷な人だね。
殺す時も結構、凄い事をしてそうだなぁ。

殺し屋の恋人は、未だに携帯電話を持っていないとは…。
だから、連絡手段は…。
これでは、いつ彼女に伝わるか分かりませんね。

殺し屋は恋人に自分の本当の職業を教えていませんでしたね。
彼女に言っていた職業と言うのが、
外見からどう見ても、この職業には見えないんだけどなぁ。
よく騙せたもんだ。
彼女に嘘をついてるから、
彼女と一緒に彼女の部屋から移動する時に、
敵がいた場合は彼女の目を敵から逸らして、殺し屋がやっつける。
このシーンも面白かった。

恋人の女性と、あんな所で、あんな事するなんて…。
自分の命がかかってるんなら、
出来る事なら、何でもしますよね?
でも、これは凄いね。
周りの人達の反応が面白かった。

恋人に自分が殺し屋だと打ち明けます。
そして、毒の事も。
でも、恋人は信じてくれない。
そうか…と思ったら、彼女はある行動をしましたね。
ちょっと間抜け?な登場でしたね。
そこから、殺し屋と恋人との逃避行。
盗んだ車で、アドレナリンを出すために、
恋人がある事をしてくれましたね。
彼女、分かってますね。
どうも殺し屋の恋人は笑い担当のようですね。
彼女の反応が面白いです。

ある場所で殺し屋が敵の1人を
あるモノで痛い目にさせてましたね。
このシーンは、本当に痛い。
こんな事、よく出来るよなぁ。
ちょっと残酷ですね…。

殺し屋は自分に毒を盛った男に、とうとう会いました。
そして、殺し屋は敵に対して、指鉄砲。
これは、薬のおかげで、
どうかしちゃったかな?と思っていたら…。
最初はビックリしましたよ。
どうなってんだ?って。
しかし、ちゃんと種明かし。
そこから、銃撃戦でしたね。

最後はなんと空中戦。
そして、殺し屋は…。
恋人の電話を掛けるシーンは非現実的ですよね。
でも、映画ですから。
ラストで、殺し屋は…。
これは俺じゃなくても「えっ?」って思いますよね?
一体、どうなったんだろう?
んー、気になります。
ここから先は想像に任せるのかな?

殺し屋の行動が素早いので、テンポが良く、
飽きる事無く、楽しむ事が出来ました。
恋人とのシーンでは笑えるシーンが多く、
思わず、笑ってしまいました。
また、見てみたいですね。
こういう映画は好きです。