映画・DVD「オーディション」2008/03/01 08:33

ある屋敷に監禁された4人の若者の物語。

成功するためにハリウッドに来た女性2人。
その1人の兄といとこが会いにきた。
4人でパーティーに出掛け、俳優たちと知り合う。
彼らに誘われ、ある屋敷に入る4人。
しかし、その屋敷には、ある人物が待ち構えていた…。

ちょっと前に見た「NINE -ナイン-」 と同じ監禁ですが、
こちらは監禁された上に、1人1人襲われるという事でした。

パッケージがちょっと気持ち悪いんですよね。
この人は兄といとこが会いにきた女性なんです。
こんな風になってしまうんです。
どうして、こんな風になってしまったか、
それは、ある屋敷に入り、
そこで会った人物に質問され、ある答えを出したから。
彼女は最終的には、ものすっごい顔になってしまいました…。
この顔が本当に凄かった。
夢に出てきそうで嫌ですね。

いとこの男は気が付くと、
ベッドの上にいて両手両足を縛られてましたね。
部屋には1人の女がある事をしていましたね。
この女、何をするのかと思ったら、
「うわぁ」って言ってしましました。
しかし、結果は…あれ?そうだったの?とあっけにとられました。
これで終わりかな?と思いきや、女が男にまたがり…。
男が○○と死ぬらしいんです。
だから、男は○○ないようにしないといけないんです。
彼がどうなったか…、この映画を見て確認してみて下さい。
彼をどうにかしようとする女にもある事が起こります。
これは、グロかったなぁ…。
まじかで見たくないね。リアルだよね?

友達の女性は気が付くと、
ストリップで使うバーのある部屋にいました。
ある人物から、セクシーさを見せて欲しいと言われ、
女性は踊るんですが、んーセクシーかなぁ…。
その前に、この人は、どっから、こんな自信があるのってくらい、
大きな発言ばかりしましたね。
下着姿になったけど、体、細過ぎじゃないか?
ちょっと気持ち悪かった。
彼女は誘われた俳優にある事をされそうになるんですが…。
彼女がどうなったか…、この映画を見て確認してみて下さい。

兄は気が付くと、
壁が真っ白の部屋にいた。
何か起こるのか?と思いきや、…。
どうして、こんな事になったのかは、
彼の質問の答えがそうさせたようです。

そして、パッケージのような状態になってしまった女性。
彼女は最初、屋敷に入るのを嫌がってたんですよね。
女の勘で危険を察知したのかもしれないですよね。
彼女には、大きな夢があったんですね。
それをある人物の質問の答えにしてしまったために…。
彼女は一体、どうなるんだろう?と思って見ていたら…。
こんな風になっちゃうとはねぇ。

4人のうちの1人が毒に侵され、
2つの部屋を選ばないといけない。
1つは解毒剤がある部屋。もう1つは…。
一方を開けると、もう1つの部屋にロックがかかってしまう。
部屋を1つ選ぶのか?それとも何か策があるのか…?

屋敷にいる人物は、この出来事をドキュメンタリーとして撮影。
そのカメラマン2人がなんと日本人女性?
もしかしたら、日系の人かなぁ。
一言だけ台詞言うシーンがあって驚きました。
こいつら話さないと思っていたから。
あと、カメラ撮影以外、何もしないと思っていたんだけど、
ある時に行動しましたね。
こんな状態だったら、動かざる負えないからねぇ。

エレベーターに乗り、上の階へあがろうとした時、
屋敷にいる人物が4人のうちの1人にある質問をします。
たぶん、その人は仕方なく、その質問に答え、
そして、エレベーターである事が起こります。
その最後が酷かった…。
でもね、そんなに恐くなかったんです。
なんか、スーッと起こってしまった感じでした。
「あれ?あれ?あれ?」と思ってるうちに…。

いよいよ屋敷の人物と対決。
彼の言うとおり、彼に立ち向かう人は喧嘩慣れしてないね。
それでも立ち向かおうとする気持ちがいいよね。
この対決が終わり、そして、ラストとなりました…。

人の夢を利用して、こんな事をするなんて、
本当に酷い奴だよね。
何で、こんな事をするようになったんだろうなぁ…。
もしかして、「あの響き」のため?
リアルさを求めて?
だとしても、やっぱ酷いよね。
甘い話には気を付けないといけませんね。