映画・DVD「クローバーフィールド HAKAISHA」2008/05/02 01:46

ポスターとチケット
謎の生物に街を破壊されてしまい、逃げる人々の物語。

公園で発見されたビデオ。
これには、謎の生物に襲われた模様が
録画されていた…。

今日は1日という事で、1000円で映画が見えるので、
久しぶりに映画館へ仕事帰りに行ってみました。
いつもとは違う大きな画面に大きな音。
公開されてから、ズーッと気になっていた
「クローバーフィールド HAKAISHA」
いろいろと噂に聞いていた事が本当にそうなのか?
ワクワクして席に着きました。
席はど真ん中。人も少なく集中できました。

この映画の映像が、
被害にあった人が撮影したビデオの映像という事で、
手振れして、気持ち悪くなると言う事を聞いていたのですが、
確かに最初の方は正直、ちょっと気持ち悪かった。
でも、人間とは不思議なもんで、慣れるんですね。
途中から、手振れは全く気になりませんでした。

最初に写し出されたのは、幸せそうな男女。
「あれ?どうなってんだろう?」と思ったのですが、
見ていくと、「なるほど、こういう事なのか」と理解できました。

謎の生物に襲われた日は、パーティーが開かれていました。
パーティーの主役の男性は、日本に行き、
しかも、副社長に就任するらしい。
一体、どんな会社なんだろう?
ちょっと気になりました。

パーティーの最中に、地震のような音がして、
停電となり、皆で屋上へ行き、周りの様子を見ていると、
謎の生物が攻撃開始で街を破壊していました。
だから、副題が「HAKAISHA」なのかな?

いくら映像だからといっても、
物がこちらの方に飛んでくると、ヒヤっとしますね。
大画面、大音響によって、迫力が凄かったです。

映画紹介で見たシーンでしたが、
「顔」が飛んでくるのは、ビクッとしますね。
やっぱり象徴するもんだから。

パーティーの主役の男と、その兄、
兄の恋人、その恋人の女友達、
そして、ビデオ撮影している男の5人で行動を共にします。
安全な場所へと、
たぶん、謎の生物とは反対の方へ行ったんでしょうかね、
まんまとやられました…。
ここで、ある人が被害に…。
これは、ショックですよね。
んー、こういうのは見たくないですね。

実は、パーティーの主役の男には恋人がいたんですが、
ある事が原因で、別れてしまったようで、
これは、しょうがないですよね。
そして、恋人はパーティーに出席したんですが…。
これは、ちょっと、どうにかならなかったのかなと。

男は恋人から電話をもらい、助けに行こうとします。
彼女がいる方には、謎の生物が…。
なので、道中は結構、厳しいもんでしたね。
地下鉄のシーンは不気味でしたね。
あれは、ちっちゃいバージョン?
俺には、ある生き物に見えました。
ここで、危ない目にあっちゃいました。
このシーンは、ハラハラしましたね。

ある人にハプニングが
「えっ?」と思った時は、時既に遅かったようで。
これは一体、何だったんでしょう?
「感染?」したって事なのかな?
隔離しようとしましたからね。
はっきりとした事が分からなかったので、
どうなったのか気になりました。

助けを求める恋人の住むマンションに着いたのですが、
凄い状態になっていましたね。
どうするのかと思って見ていたら…。
いやぁ、度胸あるなって思いましたよ。

街全体を破壊すると、軍人から聞いていた彼らは、
ヘリで脱出する事に。
彼らのうちの1人が先のヘリに乗り、
残りは次のヘリに乗ります。
謎の生物は近くまでいます。
ヘリが飛び立ち、喜んだのも束の間…。
あんな事を言うから、こうなるんですよね。

ヘリから見た謎の生物は、
気持ち悪い動きしていましたね。
「この生物って、某アニメで出てきた?」
と一瞬、思ってしまいました。

ビデオカメラを取りに戻ろうとした男。
すると…。
この展開は、どこかであると思っていました。
はっきりと謎の生物が見えましたね。
でも、何だか分からんかったな。

襲われた日に撮った映像の最後のシーンは、
なんだかやるせないですね。
悔しいですね…。

そして、ビデオの本当の終わりでの一言が
ちょっと皮肉ってますよね。
この一言を最後に持っていくために、
こんなんだったのかな?

賛否両論だそうですが、
俺は、こういう映画は好きですね。
実は、見た後に文句言って楽しもうと
思っていたのもあったんですが…。
この映画を見て、損はしませんでした。
続編があるそうなので、
もし公開されたら、また映画館で見てみたいですね。
謎の生物がどうして出現したのか?
「感染?」した人はどうなっちゃうのか?
生き残った人達は?
と、まだいろいろな疑問点が解明されてませんからね。
今度は、どんな映像なんだろう。
楽しみです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/05/02/3433484/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。