映画・DVD「ホーンテッド」2008/05/28 01:44

産みの母の土地を相続した女性の物語。

主人公は本当の両親を探していたが、
なかなか見つからなかった。
ある日、本当の母から土地を相続する事になった。
主人公は自分の出生、両親に何が起こったかを知りたくて、
その土地を訪れるのですが…。

土地まで送ってくれる男。
主人公はトラックに乗り、行きますが…。
そのトラックがなんと近くで放置されていた?
主人公は、どうやって来たんだ?
男は一体、何者?と思ったら…。
だから、あの時、老婆が女性に何か言おうとしていたのかな?

屋敷に入る主人公。
そこで主人公は、あるモノを見て、パニックして…。
主人公の慌てようは、ちょっと凄いね。
もうちょっとオーバーだったら、笑っちゃうかもしれない。

主人公はある男性に助けられます。
実は彼も母から土地を相続したらしい。
主人公、助けてもらった人に対して、
あの慌てようは、どうなんだろうね?
大人とは思えませんね。

主人公が見たモノを実は男性も見ていた。
それが2人に対して…。
何のために、分からんです、本当に。
というか、本当に襲っていた?
彼らの目の前に現れただけのようにも見えるんだけどなぁ…。
何か危害を加えられたっけ?
ただ単に迫ってくるだけでも襲われた事になるのかなぁ?

そして、何故か、ある時間になると、
両親に何かが起こった日にタイムスリップ。
どうして、こんな事になるのか不思議です。
これも、ある人の力なんだろうか?

ラストは、非現実的な世界になってしまいましたね。
んー、これは、ちょっと理解し難いかも。
こんな事になるんなら、
母から相続した土地に行かなければ良かったよね?
結果論ですけどね…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/05/28/3546279/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。