映画・DVD「ハードキャッシュ」2008/06/05 00:10

悪徳FBI捜査官に脅迫されて大金を盗もうとする男の物語。

主人公の男は、馬券場にチームを作って、大金を盗んだ。
そして、私書箱に大金を預ける事にしたが、
それを悪徳FBI捜査官が横取りし、おまけに娘まで。
悪徳FBI捜査官は、主人公の男にある盗みをする事で、
娘を解放すると言うのだが…。

主人公の男は刑務所に服役。でも、1年半で出所って?
これ、本当にありなんでしょうか?信じられない。
愛する女と娘の元に帰る男。
2人とも喜んでくれて良かったね。
今度はまともな仕事に就くのかと思いきや…。
なんとも上手い作戦で大金を手に入れたよね。
まさか、この人までグルとは思ってもいなかったよ。
しかし、犯人役の格好がちょっと変だよね。
これも作戦なんだろうね、きっと。

大金を手に入れたのですが、各お札にはマークが。
これではいなけいとお金を洗う事にしたのですが、
2日後じゃないといけない事になり、私書箱に預ける。
そして、2日後に大金を取りに行ったら…。
この後のドタバタが面白かったですね。

娘が悪徳FBI捜査官に誘拐されて、大金を盗む事に。
再び、同じチームで作戦開始。
この作戦が凄かったですね。これでいいんだろか?
この作戦が成功するかどうか、
そして、娘がどうなるかは、ぜひ見て確認して下さい。

いつもは悪役のクリスチャン・スレーターが
ちょっといいもんの役なのが面白いですね。
でも、泥棒だからなぁ。
ヴァル・キルマーは面白い演技してました。
しかし、なんと言っても主人公の娘を演じた子役ですね。
あの最後のドアを開けようと必死になるシーンは、
すっごくリアルに見えました。まさか、もしかしたら…?

コミカルなシーンも多く、ハラハラするシーンもあったし、
個性豊かなキャラも多く、予想以上に楽しむ事が出来ました。
あの「隠し玉」はいいですね。退場の仕方が面白かったです。
こういう映画は好きですね。
明るい気持ちになれて良かったです。