映画・DVD「ザ・スナイパー」2008/06/13 00:55

元警官の体育教師と息子と元兵士の物語。

主人公の元警官の体育教師は息子とキャンプに出掛ける。
しかし、川で溺れている2人を救出すると、
1人は刑事で、もう1人は元兵士の犯罪者だった。
刑事は、元兵士を教師に託すと、息絶えてしまい、
教師が元兵士を警察に渡そうとするのですが、
元兵士には仲間がいて、教師達は追い掛けられるのですが…。

元警官の教師をジョン・キューザック、
元兵士をモーガン・フリーマンが演じてるんですから、
そんなに変な話ではないと確信していましたが、正解でした。

教師とその息子がキャンプに出掛けた先で、巻き込まれたので、
全て山の中での事。撮影、大変だったんだろうなぁ。
雨が降っている中を歩くシーンもあるんですが、
これも大変だったろうなぁ。特に、あの方が…。

主人公の教師は、元警官とあって、正義感、強かったですね。
元兵士を逃がさず、警察に渡す事を決めた時は、
息子の言い通りにすればいいのに…と思っちゃいました。
そして、元兵士を追う仲間達をやっつけようと思うのも凄い。
普通だったら、そんな事、思わないよね。息子もいるんだし。
やっぱ、元警官だからなのかなぁ…。
元兵士の仲間をパンチだけでやっつけようとするのが
ちょっと面白かったですね。マシンガン男に対しては、お見事。

元兵士も全くの悪人ではありませんでしたね。
教師の息子に対しての行動で、それがよーく分かりました。
そんな人が最後にあんな事するんですからね。
人間って、分からないもんですね。

元兵士の仲間が追跡術なるものを取得してるそうで、
そんな術もあるので、逃げられるのか、ハラハラしました。

最後の方は、場面が変わって、新たな気持ちで見れました。
これは、これで、ハラハラしますね。どうなるんだろ?って。

最後、元兵士、カッコ良過ぎましたね。
ある人への言葉が良かったです。
今、思い出しましたが、主人公って、元兵士なんですよね?
主人公を教師として見ていたので、ちょっと違いましたね。
次回は元兵士を主人公として、見てみたいと思います。