映画・DVD「モブ・ザ・ギャング」2008/06/21 05:49

過去に罪を犯した修道士の物語。

過去にある屋敷に強盗に入って、ある事が起こった事から、
強盗団から抜けて、他のメンバーを刑務所へ送った男は、
修道院に入り、修道士になっていた。
しかし、その修道院に脱獄した他のメンバーが現れた。
メンバーは男に気付かず、修道院は彼らに占拠されてしまい…。

冒頭のシーンで、思わず、「えっ?」と言ってしまいますね。
主人公のとった行動は正しいよね?もっと早く気が付けばね…。

主人公は、他のメンバーからしたら、裏切り者であって、
もし、主人公が裏切った奴だとばれたら、
命の危険があるので、いつばれてしまうのか?とハラハラ。

刑務所に入っていたメンバーが刑務所から脱獄。
ちゃんと脱獄準備もされていた。
誰がこんな事を?彼らのボスのゴリアテという男がした…?
しかし、そいつがなかなか現れないんです。
ゴリアテとは、どんな奴なのか?最後に分かった気がしたけど、
そこまでして、今回の事を実行したかったんだなぁ。

主人公には、別な点で命の危険もありました。
なんと、体の中に銃弾が残っていた…。それが心臓の方に?
これ、実際にあったら恐いですよね。
この事が今回の事件で、どうなるのか?でもハラハラしました。

修道院に一人旅中の女性が一晩泊めて欲しいと頼みに来ました。
しかし、修道院は女人禁制。そこをなんとか泊まれる事に。
彼女もこの騒動に巻き込まれてしまい、大変な目に…。
タイミング悪い時に来ちゃったね…と思ったら…。

脱獄したメンバーは容赦なかったですね。無抵抗の人も…。
本当に酷かったなぁ。勝手な事をしていた奴らを許せず、
主人公はメンバーと対決。これがカッコ良かった。
戦う修道士。二丁拳銃。その決闘の最後に意外な事が発覚…。
これには、驚きと、ちょっとした感動がありました。
全ての人々が偶然に、集まったという訳じゃなかったんですね。
これには、やられました。この結末は、カッコ良かった。

これは、期待していたよりも面白かったです。
ハラハラしっ放しでしたし、見っけもんでした。
機会があれば、また見てみたいですね。おススメです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/06/21/3587799/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。