映画・DVD「プラネット・テラー」2008/06/25 01:19

ゾンビに立ち向かう片足を無くした女性の物語。

ウィルスに感染した人々が続々と病院にやってくる中、
元ゴーゴーダンサーの女性は、付き合っていた解体屋と会い、
車で送ってもらうはずだったのだが、何者かに襲われ、
彼女は片足を失ってしまう…。
街中に、ウィルス感染して、ゾンビとなった人々が…。
果たして、この街から脱出する事が出来るのか。

最初に、ちょっと面白い事がありましたね。これ、良いですね。
なんか、めちゃくちゃで面白そう。ぜひ、全部、見てみたい。

映画全体に昔の古いフィルムのようになっています。
時々、映像が変化したりして、面白いです。
昔の映画館は、こんな感じの映像だったのかなぁ…。
こういうの良いですね。雰囲気があって、面白い。

一応、ホラーなんですが、結構、笑えるシーンが多かったです。
ヘリでやっつけたり、あの人があんな殺され方されたり、
車で○○をひいちゃったり、刑事の奥さんが凄い顔になったり。
子供にある事を言われた後の女医さんの顔も面白かったな。

主人公の女性は、片足だけもっていかれてしまって、
最初は、落ち込んでいたんですが、徐々に、立ち直って、
そこからが凄かった。人間、開き直ると強いね。
マシンガン付けてからの彼女は、本当にカッコ良かった。

同じくカッコ良かったのが、解体屋の男。謎を持つ男。
この男のアクションが凄かった。本当に何者?
また、カッコイイ事も言うんだよなぁ。外さないって。
変わった乗り物に乗るのも凄かったな。

店のカウンターにいた犬、可愛かったなぁ。
最後、可哀想だったけど…、笑ってしまいました…。

特別ゲスト(?)が2名いましたね。
1人は俳優。この人はやっぱカッコイイ。もう1人は…。
結構、長く出てましたよね。出たかったのかなぁ。

レンズに飛び散った血が付くなんて、本当は無しなのにね。
こういうのも面白い。

面白かったし、楽しかった。でも、完全版じゃないんですよね。
完全版、見てみたいです。この映画はおススメです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/06/25/3594488/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。