映画・DVD「デス・プルーフ」2008/06/27 00:37

車で、女性を殺すスタントマンの物語。

スタントマンは、女性を狙う殺人者。
彼の凶器は、"耐死仕様"の車。
バーで頼まれた女性を助手席に乗せ、彼は…。

この映画も「プラネット・テラー」同様、古い感じが出てた。
「プラネット・テラー」では強調していた部分があったけど、
これは、あまり強調してなかったですね。
でも、こういう雰囲気が良いですね。

この映画にも出ましたね。今回は、店のオーナーでしたね。
相変わらず、凄い高いハイテンションでぶっ飛んでました。

この映画は2部構成と言った感じですね。
1部と2部とで、違った楽しみ方が出来ました。

1部の見所は、ラップ・ダンス?
すっごいクネクネしてたね。
でも、なんと言ってもラストですね。
もう何回も繰り返して見たくなると思います。
どうなったのか確認しようと思いますよね。
これ、書き終えたら、そこだけ、もう一度見ようと思います。

2部の見所は、やっぱりカーシーンですね。
これは凄かったですよ、ホントに。ヒヤヒヤしました。
そして、2部のラストは、ただ一言、凄かった…。
こういう展開になると、恐いですね…。
ちょっと深読みしてしまってましたが、
流れに任せて良かったんですね。

ちょっと、女性達の話のシーンが多過ぎのような気がしました。
こんなに長くなくても良かったんじゃないかと思います。
でも、そうしたら、結構な短さになっちゃいますね。

いろいろとアクション起しているシーンは、
本当に楽しかったし、面白かったです。
これは、実際にありそうで、ちょっと恐いですね。
でも、スタントマンが何故、こんな事するのかが分からんです。
もしかして、保安官が言っていた事が当たっているんですかね?
それとも、何か恨みがあるのかな?
もっと、スタントマンが活躍するシーンが見たかったですね。
女性達が話してるシーン、削れば、出来たのになぁ。
スッキリした状態で見終えたのも良かったです。おススメです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/06/27/3597442/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。