映画・DVD「ロンリーハート」2008/07/05 09:52

男女の殺人犯を追う刑事の物語。

戦争で夫を亡くした未亡人を騙していた詐欺師の男は、
ある女と出会い、そして、助けられてしまう。
その後、2人で次々と未亡人を騙していった。
その内の1人が浴室で自殺し、警察が捜査を開始し、
容疑者として、詐欺師の男と女が浮かび上がり、
3年前に妻を亡くした刑事は2人を追う事になるのですが…。

詐欺師の男は運が悪かったですね。人々を騙した罰かなぁ。
助けてくれた女は思い込みが激しかったんですね。
だんだんと恐くなってきました。確実に妄想入っているよね。
男も何で、この女から逃げないんだろう?って、
何度も思いましたが、やっぱり女の事を愛してるから?
だからって、最後に騙そうとした女性に、
あんな事するなんてね…。その上、もっと酷い事も…。
これは、本当に許せなかったですね。本当に酷い。
ここまでして、金が欲しいですか?って思いました。
人間って、恐いなぁ…。

主人公の刑事は3年前に妻を亡くし、息子と2人だけの家族に。
事件以外で、彼には問題が2つありましたね。
俺は、この刑事、ちょっと悪いと思う。きちんと話さないから。
話さないで、どうにか出来る問題ではないからね。

この映画は、主人公の刑事の相棒がナレーションしてます。
なので、相棒が当時の事を思い出してるって感じですかね。
最後の方で、相棒が主人公の刑事と話しているシーンは、
なんだかドキッとしました。ある事を執行された後なんでね。
主人公の刑事と相棒は良いコンビだと思いました。
お互い、言いたい事を言えないとコンビを組むのは難しいよね。

ジョン・トラボルタ、良かったです。
苦悩する刑事を見事に演じてました。
詐欺師の女を演じた女優さんも良かったです。
本当に憎たらしく思えたから。
主人公の刑事の相棒もいいキャラしてましたね。
嫌味を言う若い刑事にいろいろするから面白かった。

詐欺師とその女の行動にハラハラしました。
その2人に刑事が迫っていくのも面白かったです。
最後の方のあるシーンでは、2人の性格が出ていていましたね。
もしかして、事実に基づいて製作されたのかな?違うよね?