映画・DVD「レインディア・ゲーム」2008/07/08 00:04

同じ部屋だった囚人になりかわった男の物語。

主人公と同じ部屋の囚人には文通相手の女がいた。
その彼は後少しで出所する前に刺されてしまう。
主人公と一緒に日に出所するはずだった男は出所できなかった。
主人公は、それをいい事に迎えに来た女に
自分が文通相手だと名乗り、彼女と一晩過ごすのだが、
そこに、彼女の兄と彼の仲間が現れ、
ある事の協力を求められるのですが…。

冒頭シーンは、「一体、何があったんだ?」と驚きましたが、
こんな事になった過程を描いた映画だったんですね。

主人公の男は、刑務所で同じ部屋だった男から
文通相手の女について聞かされてました。
写真まで壁に貼ってるんだもんな。これは気になって、正解。
出所した時に、同じ部屋の男が出られなくなって、
いいなぁと思っていた人がいたら、チャンスだもんね。
それにしても、主人公は度胸あるなぁ。俺には出来ないです。

文通相手の女に兄がいて、こいつが凶暴な奴でしたね。
この俳優さん、よく悪役で見掛ける人ですよね。
この兄、頭が賢くないよね。ホント殺すしかないんかい。
主人公はなりきった男と間違えられて、ある事に協力する事に。
兄、登場からハラハラしましたが、
この後の協力するのもハラハラしました。いつばれるかと。

文通相手の女は、兄の事が嫌いらしいんですが、
一緒に車に乗るんですよね。ここで、違和感が…。
ん?まさか…?と思ったら、予想は当たっていました…。、
でも、最後の展開には、やられました…。
これは強引じゃない?やっぱり世の中、金って、事なのかな?
金があれば何でも出来そうだよね。裏工作だって出来る?
これには、ちょっと現実味無かったけど、本当だったら…。

カジノのオーナー、良かったですね。憂さ晴らしかな?
まさか、あんな事するとは思わなかったです…。

主人公、危機一髪のシーンは、本当にハラハラしましたよ。

予想以上に楽しむ事が出来ました。爆発もあったしね。
主人公がベン・アフレックだったので、甘く見てたのかなぁ…。
文通相手の女は、あの女優さんが演じてるんだから、凄いよね。