映画・DVD「ナンバー23」2008/07/17 00:08

「23」の数字にまつわる本を読んでしまった男の物語。

主人公の男は妻から誕生日プレゼントとして、本を貰った。
その本には、「23」の数字に苦悩する男が描かれていた。
主人公の男は、本を読み進めてみると、
自分と本の主人公に多くの共通点があると知り、
「23」の数字と本の著書について調べ始めるのですが…。

主人公を演じているには、ジム・キャリー。
笑い無しの演技で、とても新鮮でした。
「23」にまつわる本を読んでから、
主人公がちょっと変になってしまいます。
そんな状態になってしまった主人公を
上手く演じていたと思いますよ。

主人公は「23」にまつわる本を読み、「23」について考えます。
でも、ここで出てくる「23」についての考え方が
どう見ても、こじ付けのように見えるんですよね。
最初は主人公だけだったのが、息子まで。
最後は妻も一緒になって、謎を解明しようとします。
謎を解明した時に、ある事実が明らかになってしまいます。
この後の3人の姿は、
本当に絆がある家族になったように見えました。
こんな事が無くても、仲の良い家族なんですがね。

「23」にまつわる本を書いたのは予想とは違ってました。
これは、やられました。まさか、こんな事があったなんてね…。
しかし、そうだとしたら、こんな風になっても仕方ないかな…。

正直に言いますと、もっと恐いもんだと思ってましたが、
思ったよりも恐くなかったです。

本の第2章の映像が面白かったです。
ずーっと続いていて。こういうの好きです。

主人公が追いまわす犬は、ちゃんと知っていたんですかね?
なんかそんな感じがするんですよね。違うかなぁ…。

あまりハラハラ、ドキドキしませんでした。
途中から結末を目指して、見ていました。
ちょっと残念でした…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/07/17/3631535/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。