映画・DVD「ブレイブ ワン」2008/07/27 23:07

暴漢に襲われて、婚約者を失ってしまった女性DJの物語。

婚約まじかの女性DJは婚約者と一緒に夜、公園に犬の散歩へ。
そこで、3人の男達に襲われてしまい、彼女は重症を負い、
婚約者は亡くなってしまった。
退院した彼女は、身を守る為に銃を持つようになり、
ある店で彼女は銃を使ってしまい…。

女性DJ、最初、可哀想だった…。あんなに暴力振るわれて、
しかも、婚約者まで失ってしまったんですからね…。
外に出れなくなるのも当然だけど、昼間なら大丈夫なんじゃ?
銃を持つようになったからといって、
夜に出歩けるようになるのは普通?
俺が彼女と同じような体験をしたら、極力、夜は出ないだろうな。

銃を持ってしまった為か、
それとも女性DJのタイミングが悪いのか、彼女は銃を使用。
しかし、これは、ちゃんと説明すれば、正当防衛では?違う?
何で、彼女は逃げちゃったんだろう?
銃の購入が違法だからかな?
途中から、彼女は変わってしまいましたね。
これって、慣れなんでしょうか?俺は、これに慣れたくないです。

女性DJが近付いた刑事は、彼女と同士だったのかな?
だから、最後に、あんな行動をしたんでしょうね。違うかな?

ある男性が乗ってるエレベーターに乗ったシーンは、
これから何をするんだ?とハラハラしました。

同じマンションに住むおばちゃんの
「死ぬのは簡単。生きるのは大変」という言葉が心に来ました。
あと、女性DJが刑事に言った「正義の味方…」というのも。

女性DJの最後の行動には、やっぱりなぁ…と思いましたが、
結果がちょっと予想外でした。最後、これで、いいのかなぁ…。

主演女優が良いと物語も面白いですね。飽きずに見ちゃいました。