映画・DVD「ギャングスター」2008/07/29 00:40

殺人依頼を引き受ける泥棒の物語。

ある男から盗みの依頼を受け、仲間と一緒に実行するが、
失敗してしまい、自分1人で罪を背負い、8年間刑務所にいた。
出所した男は、ある人物から殺人を依頼され…。

主人公の男は、仲間と一緒に盗みを実行。
しかし、ある事が起こってしまい、失敗となります。
このある事がなんとも、ちょっと間抜けなんですよね。
慎重にしていれば、起きない事のように見えるんですけどね。
素人だったから、まずかったのかな?

1人罪を背負い、刑務所に入る主人公。
その間に、大親友がある事で亡くなってしまいます。
この大親友はギャングの息子で、盗みにも参加してましたが、
ギャングの息子が盗みに参加するかな?
スリルを味わいたかったのかな?
亡くなった原因がギャングの息子らしからぬ事なんですよね。
ギャングの息子でも、やっぱり人間なんですよね。

出所した主人公の男は、
盗みを依頼した男の殺人の依頼を受けちゃうんです。
どうして、この男を殺すのか。
それは、こいつが盗みの依頼をしなければ、
ギャングの息子が死なずにすんだかもしれないから…
と父親は思ってるみたいなんですよね。
んー、そういう事なんですかね?違うような気がする。
そして、もう1つあるんですが、
こっちの訳で、主人公は大変な事になっちゃうんですよね。

主人公は警察に事情聴取。警察も粘るね。というかしつこい。
しかし、主人公もよく頑張った。
ここで、ボロ出したら終わりだもんね。
その同時期に、盗みを依頼した男の恋人は、
警察から、ある事を聞くんですよね。
4時間もある事を教えなかったなんて、
ちょっと警察、酷いよね。
そして、彼女は、ある行動に出ちゃうんですよね。
まぁ、これは当然の行動なのかもしれないですね。

主人公は危機を乗り越え、そして、ある人物と会う事に。
しかし、その人物と会う場所には…。
どうして、こうなったのか?
ある人が情報を流していたんですよね。
これは、ショックです。やっぱり、長過ぎたのかな?
そう言えば、主人公に言っていたよね。

主人公は全てを知り、ある場所へ向かいます。
一体、どうなるんだろう?と思ったところで、「THE END」
えっ?こんな中途半端な終わり方でいいの?
こりゃないよぉ。
だって、今後、主人公がどうなるか分からないじゃん。
周りの人々もどうなるのかも分からないし。
後は見た人の想像?
久し振りに、こういうエンディング見ました。
なんか、スッキリしませんね。

ヴァル・キルマーがこういう役で出てるなんて…。
軽くショックです…。
友情出演ってヤツですかね?だったら、いいんだけど。
最近、良い人の役をやってるの見た事が無いように
思うのは俺だけでしょうか?
まぁ、本人が演じたい役だったらいいんですけどね。
でも、インパクトのある役でしたね。
「タコス~」とかね。

そんなにカッコイイシーンも無かったなぁ…。
警察の事情聴取のシーンは少しヒヤヒヤしましたけど、
そこ以外は特に無かったかも…。
ちょっと残念でした…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/07/29/3657031/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。