映画・DVD「リンガー! 替え玉★選手権」2008/08/07 05:28

障害者の振りをして、競技に出ようとする男の物語。

ある事が原因で、大金が必要となった男は、
金を貸した叔父に返してもらおうとするが、叔父も同じだった。
そんな叔父のひらめきで、男は障害者の振りをして、
スペシャル・オリンピックに出て、現優勝者に勝って、
賭けで大金を得ようとするのですが…。

主人公の男が何故、大金が必要なのか。
その原因は、主人公にもあるんですよね。
何もなければ、こんな事にもならなかったのにね。

主人公の叔父も大金が必要。こっちは、見るからにマズイよね。
主人公の家に入る時に言った一言、
ある有名セレブの名前を言うのが面白いね。

主人公は障害者の振りをして、競技に出場しようとするのですが、
係員の言葉で、ピンチに…。しかし、ここは叔父が乗り切った。
この叔父さん、口が上手いね。

係員は騙せても、競技出場者たちは騙せませんでしたね。
これは、当然ですかね。やっぱり見る人から見ると不自然?
皆、主人公に出て行けと言うんですが、出場理由を聞いて…。
皆、いい奴だね。

現優勝者も障害者なんですが、
俺から見たら普通の人に見えるんですけどね。
主人公の仲間は、なんとなく分かりますよね。

主人公と皆で遊ぶシーン。楽しそう。
後が大変だけどね。

主人公と相部屋の人は、しつこかったね。
たぶん、主人公は会う度に言われそうだよね。

誰にでも、自己紹介する人は面白い。
動きもいいし、話す事もいい。
彼の活躍が良かったですね。
最終競技が終わってからの主人公に対する言葉が面白かった。

主人公、懺悔しに教会に。ちゃんと懺悔してるのに…。
神父さん、凄いね。面白かったけど。

主人公がいいなぁと思う女性係員がいました。
2人だけでいる時は、ちょっといい雰囲気ですよね。
買い物の行き帰りの車での2人なんてね。
しかし、最初のお誘いは、ちょっと酷かったよね…。

主人公と女性係員の2人だけで買い物に行った時に、
主人公にピンチが訪れましたね。
駐車場で、古い友人に、ばったり会ってしまい、
女性係員に障害者ではない事がばれそうになりましたね。
しかし、主人公のある行動で切り抜けましたね。
これは賢かったですね。

主人公と仲間で映画館へ。そこである人と遭遇。
そして、皆で、その人に問い詰めましたね。
これは見ていて、ちょっと面白かったですね。
いろいろな反応が見れたので。

最終競技前に、パーティーが開かれました。
そこで、主人公は、女性係員とダンス。
いい雰囲気になったところで、主人公は…。
こういう反応になるのは、しょうがないのかな。
たぶん、女性係員は、何にも思っていないでいたと思うし。
しかし、この行動によって、彼女の見方が変わったはずですよね?

いよいよ、最終競技がスタート。
しかし、思わぬ事態が発生して、この結果…。
予想を裏切られました…。
優勝者が主人公に言った言葉がちょっと面白かったです。

主人公も賢かったけど、叔父さんも賢かったね。
もしかして、まぐれじゃないよね?計算ですよね?

表彰式。ここでも、ある事が起きましたね。
この行動は良かったと思いますよ。代償は大きいけれど…。

ラストは、定番の終わり方でしたね。

主人公は会社勤めでしたよね?
スペシャル・オリンピック中は、どうしてたんでしょう?
お休み取ったんでしょうかね?
でも、責任ある仕事に就いたばかりなのに?
どうなんでしょう?

あと、「リンガー」って、どういう意味なんでしょう?
ちょっと分からないですね…。

大笑いとまでは行きませんでしたが、
クスクスと笑えるシーンが多かったように思えます。
また、主人公と仲間たちの友情に、
ちょっとジーンと出来ました。