映画・DVD「ジェシー・ジェームズの暗殺」2008/09/02 01:10

有名な強盗団のボスの弟に憧れている青年の物語。

強盗団最後の仕事を手伝った青年は、
強盗団のボスの弟と最後の仕事の相棒になった。
ボスの弟も相当な悪で有名だった。
青年はボスの弟に憧れていた。
最後の仕事をきっかけに、
青年はボスの弟と行動を共にするのですが…。

タイトルにもあったり、冒頭で紹介されたりしたので、
てっきり、強盗団のボスの弟が主人公だと思ったんですが、
どうも違ったみたいで、彼に憧れる青年が主人公でした。

この主人公の青年が、ちょっと独特な口調で話すんです。
それがなんとも言えないくらいに、不愉快になりますね。
どうして、こんな話し方なんだろう?

青年も強盗団最後の仕事に参加。列車強盗。
ボスの弟がちょっと暴走していて、恐かったですね。

少年に、ある人の居場所を聞くボスの弟も恐かった。
こんなにするなんて、容赦無いね。
結局、少年は知らなくて、逆ギレしてたね。

青年はボスの弟から残るように言われ、
ボスの弟の従兄弟は、離れる事になるシーンがあるんですが、
この従兄弟は、本当の従兄弟では無いですよね?違うよね?

青年は、ある人を守る為に、ボスの弟の従兄弟を…。
これ、凄かったですね。
こういう事するとは思わなかったんで、驚きましたよ。
どうしようか兄と相談した結果が…。
これは冷たいですね。一体、どうやって撮影したんだろう?
まさか、本物って訳無いよね?

いつしか憧れていたボスの弟と反対側に立ってしまった青年。
彼の前に、ボスの弟が現れ、
兄弟のどちらかに来て欲しいと言い、兄を選んだ。
食卓での青年は、明らかに態度が変でしたよね?
これじゃ、何かあると思われてもしょうがないよね?
このシーンは、ちょっとヒヤヒヤしました。

青年と彼の兄は、警察に協力する事になります。
自分達の身も危ないからね。
青年と彼の兄の友人さえ殺しちゃったしね。
こんな状態の人も平気で殺しちゃんだから、
本当に酷い奴だね。

またボスの弟と一緒に行動するようになった青年。
ボスの弟には、ある計画があって、
兄弟を仲間に入れたようですが、
兄弟は、もう違うんですよね。
それを知っているのか知らないのか
ボスの弟は、青年に弱い部分を打ち明けちゃうんですよね。
これには、驚きましたね。
人には弱い部分なんて見せない人だと思っていたんで。
いろいろと考えてしまう事があったんだろうな。

ボスの弟家族が教会に出掛けている間、
青年は、ちょっとしたストーカー行為。
ボスの弟のあるモノの臭いを嗅ぐとは思いませんでした。
かなり驚きました。
もう憧れじゃないみたいに見えました。

銀行を襲う前の日、青年の兄が泣いてましたね。
明日で、ボスの弟がどうにかなるからなんでしょうね。
そして、銀行を襲う当日に、ボスの弟は…。
この時のボスの弟なんですが、
兄弟に対して、背を向けたんですよね。
もしかして、分かっていたのかなぁ。
覚悟できていたのかもしれないですね。

この後のボスの弟は見世物になってました。
実際に、こんな事ってあったんでしょうか?
これは、驚きです。
そして、写真まで売られてるなんて、凄いですね。
今だったら、こんな事しないですよね?
それとも今でもやってんだろうか?
日本では考えられないですよね。

兄弟は2人で、あの出来事を演じていました。
兄がボスの弟役で、青年は自分の役。
何で、こんな事になってるんでしょうか?
実際にやった本人が演じてるんですからね。
信じられない光景でした…。

しかし、そんな中、ある出来事が起こってしまい、兄が…。
これにも驚きました。何で?って、思いましたね。

青年は、あのような事をして、
世間から称賛されたかったんですが、
どうも反応は違ったみたいですね。
世間って分からないもんですね。
自分のした事を悔やんでもいましたし…。
この時は、ちょっと青年に同情しましたね。

ラストは、
今まで、何でこうならなかったのか不思議でしたね。
あの独特の口調の青年がこんな風になっちゃうとは…。
可哀想な青年でしたね…。

登場人物が覚え辛かったです。
だから、複雑に感じました。
もしかしたら、単純な話かもしれないんですが…。
もう一度見たら、もう少し分かるかもしれないですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/02/3734127/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。