映画・DVD「パラダイス・ロスト」2008/09/04 00:59

義理の父と関係をもち、母親の存在を邪魔と思う少女の物語。

主人公の少女は、女優の母親と義理の父と暮らしていた。
少女は、コールガールの仕事で、
義理の父と関係をもってしまう。
母親が邪魔な存在となり、
少女は母親をどうにかしようと計画し、実行するのですが…。

主人公の少女は、「初めて」を大事にしているらしく、
「初めて」の事を多く体験したいと思っているんです。
なので、「初めて」やる事には積極的になってます。
どんな事にも…。

少女の母親は女優と言ってるけど、
仕事してるようには見えない。
義理の父が企業家だからね。もう仕事しなくてもいいのか…。
役の為に、ある事をしたとか言ってるしね。本当かね?
だとしても、ろくな役じゃなさそう。
そして、少女を、娘を嫌ってるらしい。
少女に対して、一言多いんだよね。少女、可哀想…。

母親は、少女の誕生日に、ストリッパーを呼んだらしい。
少女の為だけじゃないらしい。後で、自分も楽しむらしい。
凄い母親だな…と思っていたら、少女の方が上手だった。
少女も凄いよね。行動的。でも、面白かった。

少女はコールガールの仕事を始めるのですが、
「初めて」の客は散々だったみたいで、泣かれたらしい…。

何度目かの客で、義理の父に会っちゃうんですよね。
事は部屋を暗くしたので、その場は、ばれなかったんですが…。
ちょっと抜けてたね。

この事によって、少女と義理の父の距離が縮まって、
一緒に過ごす事が多くなりましたね。
夕方の浜辺のシーンは、とても幸せそうで、いいですね。
勉強も見てもらうようになったようなんですが…。
こんな事やっていたら、勉強にならないよね?

部屋で少女と義理の父がベットに入ってるところに母親が登場。
このシーンは、ハラハラしましたが、
なんか楽しそうでいいですね。
義理の父の顔が面白かったです。

少女は、母親が邪魔になり、母親をどうにかしようと計画し、
母親にある薬を飲ませます。これは、あくどいね。
そして、いろいろなところに電話。
母親が楽しみにしているマッサージも…。
その結果に起こってしまった出来事のシーンが面白かった。

母親、パーティーでもやらかしてしまいましたね。
これは、母親が、ちょっと酷かったなぁ。
とても笑えない…。

少女は、少年達に、ある事を頼むんです。
もちろん、母親に対して、ある事をしてもらうように。
その結果、母親は…。
これは、母親が、ちょっと可哀想でしたね。
それにしても、少女は容赦しないですね。恐い…。

少女と義理の父が2人で外出。母親は留守番。
そして、最後の決定打を放っちゃいましたね。
これは、本当に洒落にならないね。
2人が戻ってくると、母親は…。
2人が母親をどうするのかと見守っていると…。
とうとう、やっちゃいましたね。
これで後戻りできなくなりましたね。
しかし、義理の父は話が違うと言って、
2人の関係がちょっと崩れ始めましたね。
ここから、どうなるのか?楽しくなりました。

2人でバカンス。しかし、そこには、隣の家の男もいました。
何で?と思ったら、少女が話していたらしい。
だけど、どうして、隣の家の男は来ちゃったんだろうね?
隣の家の男の行動が、ちょっと分からなかったです。
ただ単に一緒に楽しみたかったのかな?
でも、隣の家の男に相手いたしなぁ…本当に何でだろう?

少女義理の父の前に、刑事が現れた。
なんとか上手く話をするはずだったんですが…。
さすが、刑事ですね。見逃さない。
義理の父の一言にピンと来ましたね。
これは、マズかったですよね?
ちょっとハラハラしました。
やはり、こういう時に、余計な事は言わないに限りますね。

差出人不明で、あるモノが届いた。
義理の父は、隣の家の男の仕業だと考えていましたね。
確かに怪しいんですよね。こっちばかり見てるし。

少女と義理の父、それぞれ尋問を受けます。弁護士付きで。
少女の方に付いた弁護士、可哀想だったなぁ。
いる意味あったのかな?
この尋問で、お互いに、自分だけ助かろうと
思ってるように見えました。

少女が隣の家の男に接近。
そして、少女が手にしたものは…。
そんなに良いですかね?
俺は義理の父と同意見です。

また、あるモノが届けられた。
とうとう我慢できなくなった義理の父は…。
これは、ちょっと義理の父、可哀想でしたね。
なんか裏切られた感がありました…。

ラストは、ちょっと嫌な感じで終わってしまいました…。
これは、本当に恐いですね。
こんな事になったら、本当に嫌ですね。
ここでも、人間の恐さを実感しました…。

ところで、総代って、生徒の投票で決まる事もあるんですかね?
少女の成績で、総代っていうのは、どうなのかな?
って思うんですけど…。いいのかなぁ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/04/3740808/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。