映画・DVD「ブレイブ・レジェンド -伝説の勇士ベオウルフ-」2008/09/07 00:12

ある王国を襲う怪物を退治しようとする伝説を持つ男の物語。

数々の伝説を持つ男は、国王の命令で、
仲間を連れ、ある王国を襲っている怪物退治にいく。
その王国は何かが違っていて、変に思う男達。
国王に会い、怪物を誘き寄せる為に、
宴会を開くと、怪物が現れ…。

怪物は当然ながら、CGでした。
とても動きが変で、気持ち悪かったです。
怪物は、人間と怪物の間に生まれたモノらしいんです。
母親が怪物なので、父親が人間って事ですよね?
一体、誰が、この母親と…?
そう考えると、ちょっと恐いですね。
怪物がCGなので、人々のやられる傷もCGなんですよね。
とても不自然で、変でした。

怪物に襲われている王国を目指す男達。
船に乗り、海を渡るのですが、
嵐に遭ってしまい、大変な事に。
その原因は、国王に逆らって、
若者を連れて来てしまった為に、海が裏切ったと…。
そんな事は無いと思うんですが、そう思うんですね。
「海が裏切る」という言葉が面白いなと思いました。

怪物に襲われている王国の王妃は、
美しいと言っていたのですが…。
人それぞれの見方に寄りますよね?
俺には、ちょっと…。
ただ、狂ってしまった王妃は、恐かった…。

怪物に襲われている王国には王子が2人いたのですが、
今は1人、兄だけいましたね。
2人で怪物退治に行ったのですが…。
これは、ちょっと、兄、情けないね。
2人して逃げ帰った方がどんなに良かったか。

怪物を誘き寄せる為に、宴会を開きます。
これから怪物との戦いだというのに、
沢山、酒を飲んでる奴もいる。
本当に大丈夫なんだろうか?と思っていると、
怪物とは違う問題が発生しちゃいましたね。
王子、見苦しかったです…。
伝説を持つ男に対して、ある事を言うんです。
自分の事は棚に上げて。
たぶん、悔しいんでしょうね。
自分には、伝説を持つ男のように出来ないから。

伝説を持つ男と一緒に来た若造がある女性といい感じに。
それを見た王子、割って入ったね。
これもなんか見苦しかった。
たぶん、この女性の事が好きなんだろうなぁ…。
しかし、女性は若造の方がいいみたいですね。
可哀想な王子…。

怪物が現れ、戦闘開始。
しかし、やっぱり怪物は強かった。
伝説を持つ男は、新しい武器を使用するんですが…。
この武器、本当に、この時代に作れるもんなんですかね?
どうなんでしょうか?

怪物に若造も立ち向かったが…。
伝説を持つ男、後悔していましたね。若造を連れて来た事を。
でも、連れて来たら、どうなるか予想できるじゃんかね?

怪物が現れ、王子は何をしかというと…。
んー、なんなんでしょうか、この王子は?
やっぱり…?
だったら、偉そうな事を言わなければいいのにね?

怪物に襲われている王国には、ある秘密がありました。
それは、怪物退治に来た男達が王国に来た時点で、
疑問に思った事と関係ありました…。
これは、酷い話ですね。でも、解決してないんですよね。
やっぱり殺さないと。

怪物の巣に行き、攻撃を仕掛ける男達。
もちろん、王子もいましたね。役に立つのかなぁ…。
そして、命令を無視して来てしまった若造。
なんか嫌な予感…。

伝説を持つ男が怪物に新しい武器で攻撃。
やっと当たりましたね。結構、威力あるね。
伝説を持つ男は、怪物を殺した証拠として、
ある体の一部を持ち帰ったんですが、
これで殺した証拠になるんですかね?
生きていられますよね?やっぱ、クビじゃないとねぇ。

怪物を殺し、平和が訪れたと思ったら、怪物の母親が怒った。
生きていたんですね。
今まで、『契約』を守ったんですかね?

怪物の母親を追う王子。そりゃ、追い掛けないとね。
ある意味、チャンスだし。
王子は、怪物の母親と対決するのですが…。
ちょっといい奴になったのにね。
ある伝言を国王にするんですが、やっぱり悔やんでたんですね。

若造も怪物の母親と対決。
マズい事になりそうだなと思ったら、人質にされちゃった…。
あんな事してる暇あるなら、逃げれば良かったのにね。

怪物の母親を倒すには、ある剣が必要らしいんです。
その剣がどこにあるかというと…。
そんな所にあるんですね。一番、安全だからかな?

伝説を持つ男は、怪物の母親を倒しに行きます。
その前に、剣を取得するんですが、なんかあっさりしてますね。
もうちょっと何かあってもいいのに…。勿体無いなぁ…。

怪物の母親と対決。しかし、強かった。
空も飛べるしね。
若造もなんとか動いて、伝説を持つ男をサポートします。
そして…。
この対決の結末は、「あれっ?」という感じでしたね。
失敗したかな?と思ったら…なんですからね。

伝説を持つ男が帰ってきたのを見た国王の顔が面白かったです。
なんで、こんな顔をしたんだろう?
本当に変な表情していたんですよね。

伝説を持つ男は国に帰ったんですが、
若造は残ったみたいですね。
それが分かる映像に、
「えっ?もう?早くねぇ」と思っちゃいました。

普通のアドベンチャー映画でした。
笑えるシーン、カッコイイと思えるシーンが無かったなぁ…。
ただ、怪物は気持ち悪かった。とっても不自然で。
ちょっと説明シーンが多過ぎのようにも見えました。
なんか勿体無かったです…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/07/3748665/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。