映画・DVD「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」2008/09/11 01:01

宝探しをしている男の物語。

疫病の調査を行っている女医は、謎の男に襲われていたが、
宝探しをしている男の助けられた。
宝探しをしている男は、砂漠で見つけたコインを取得し、
宝を積んだ船が砂漠にあると思い、
仲間と砂漠へと向かうのですが…。

疫病の調査をしていた女医は、謎の男に襲われていましたが、
宝探しをしている男に救われましたね。
タイミング良過ぎだよね?

船で目覚めた女医が助手の手伝いをするのが、
ちょっと面白かった。助手、気付いてないからね。

砂漠で見つかったコインは、宝を積んだ船にあったモノと見て、
宝探しをしている男は、砂漠にその船があると思ったんですが、
どうして、砂漠に船が…?
宝探しをしている男の推理は、川の水位が上がった時に、
船が進んだというんですが、そんな事ってあるんですかね?
どうなんだろうね?

宝探しをしている男は、
お調子者の助手とコンピュータに強い助手で、
提督のボートで行く事になったのですが、軍に追われる事に。
水上チェイスは凄かったですね。
宝探しをしている男なんて、相手のボートに乗ってるし。
コンピュータに強い助手は、照明弾で攻撃するし。
そして、提督のボートは、最後には…。
その一部始終を電話で聞いていた提督の表情が面白かったです。

疫病の調査をする女医は、井戸の水を調べようと中に入ります。
その間に、兵士が来て、一緒に調査している医師が…。
兵士は、井戸の中にも人がいるとみて、
銃を撃とうとするのですが…。
これは、ちょっと恐かったです。
上にいる兵士が中にいる女医の姿が見えないってのが
良くもあり、悪くもありで。

どうして、軍は女医を捕まえようとしているのか?
それは、女医の調査で明らかになりましたね。
これは酷いですね。現実にも起こりそうで恐いです。

ある村を訪れた
宝探しをしている男とお調子者の助手と女医は、
そこの一族のリーダーと会うんですが、
その時のやり取りがちょっと面白かった。
アメリカ人で、こんな所に来る人は○○○って思ってんですね。

村に入る前のお調子者の助手が…のシーンは、
「えっ?えっ?まだ?」と言ってました。
一体、どうなってんだろね?

3人は、村で見つけたモノを頼りに、船を探しに砂漠へ。
しかし、そこでは、船ではなく、厳重な警備の施設を発見。
ここが怪しいと思った3人は、施設に忍び込むために、
ある行動にでるんですが、これも凄い事してましたね。
最初が一番凄かった。よく、こんな所に隠れたよね?

厳重な警備の施設の正体が分かり、提督に報告して、
提督に政府の人に書類を持って、
どうにかしてもらおうとしたんですが…。
なんだろうなぁ、この人。やっぱ駄目だね。

施設から脱出しようとした3人だったんですが、
捕まってしまい、宝探しをしている男とお調子者の助手は、
車の荷台に乗せられてしまいました。
なんとか脱出しようと、ある行動にでるんですが…。
これで、気が付かないとはね。
ここからが2人、大変そうでしたね。
どうするつもりなんだろう?と思っていたら、あるモノを発見。
それを利用してのシーンは、面白かったです。
これは、頭いいなぁ。実際に出来るかどうか分からないけれど。

宝探しをしている男とお調子者の助手と一族のリーダーが
施設に忍び込むんですが、どうも様子がおかしい…。
宝探しをしている男は女医を、
お調子者の助手は、ある事の阻止を、
一族のリーダーは仲間と共に脱出をします。
お調子者の助手は、大変なモンを受け持っちゃったよね。
宝探しをしている男も危ない事になってましたね。
2人ともハラハラしました。

宝探しをしている男とお調子者の助手と女医が車で逃げる。
しかし、将軍がヘリで追ってきました。
逃げている時に、お約束のシーンがありました。
すっかり忘れていましたよ。こういうの好きです。

車で逃げながら、ヘリに攻撃していると…。
なんという、好都合なんでしょうかね。
こういうの「あり」ですか?「あり」なんでしょうね。

囲まれてしまった3人。
将軍をやっつければ、どうにかなると考えて、攻撃すると…。
どうなるかと、ヒヤヒヤしました。

CIAの人、最後に面白い事しちゃいましたね。
この後、どうなったのかなぁ。
提督もちゃっかりしてるよね。
宝探しをしている男と女医は、やっぱり、こうなりましたか。
とても楽しそうで、いいなぁ。
それにしても、綺麗な所ですよね。
一体、どこなんだろう?

娯楽映画でした。
いろいろなもんが詰まってますね。
これは大画面、大音響で見たかったなぁ。
「シリーズ」ものになってもらいたいもんです。
こういう冒険映画、好きです。
また、見るかもしれないですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/11/3755120/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。