映画・DVD「スポーツキル 地獄の殺戮ショー」2008/09/16 00:31

拉致されて、殺人賭博のコマになってしまった葬儀師の物語。

仕事中に覆面の男に拉致されてしまった葬儀師の女性は、
ある男性を殺す事が出来るか?の殺人賭博のコマになっていた。
殺さなければ、どうなるか分からない葬儀師は…。

実際に、こういうのありそうで、恐いですね。
司会者の男が憎たらしい。
金持ちはマジックミラーから見ているようで、
コマ達には分からないようになってましたね。
ここは、どこかの地下ですよね。

司会者は対決とか言っているんですが、対決じゃないよね?
殺す方と殺される方がいて、
殺す方がやるかやらないかで勝敗が決まるんです。
だから、殺される方は受身なんですよね。
口が塞がっていなければ、相手を説得できるかもしれないけど、
口が塞がっていれば、殺される可能性高いよね?
殺す方の人が、ある殺す方の人を殺さなかったけど、
どうなったんだろう?
殺す方の人は、木の箱に入るとか、
殺される方になるみたいだけど。
家に戻る事が出来たのかな?
とても気になります。

殺される方が女性で、殺す方がその女性の恋人。
やる事が気持ち悪かったですね。
生きる為だったら、こういう事やるのかなぁ。
考えてしましますね。

拉致された葬儀師の女性は、牢屋に入ってましたね。
その牢屋の番人が本当に気持ち悪かった…。
葬儀師の女性に、変な事しようとしたしね。見た目も…。

葬儀師は違反してしまい、目覚めると木の箱の中に。
結構、狭いですね。体をUターンできない狭さですね。
水があったんですが、近くに紙が貼られていて…。
でも、水が飲めたのは良かったかも。

木の箱には、死体もありましたね。
葬儀師は、幻覚を見てしまいましたね。
この幻覚、ちょっと面白い事を言ってました。

木の箱には、仕掛けもありましたね。
あるモノが突進してきたり、床から、あるモノが出てきたり。
普通じゃない通路もあったりして。
でも、葬儀師、頑張りましたね。

木の箱に閉じ込められたシーンは長かったですね。

金を掛けている財務の男は、酷い事を言うね。
社会のクズとか、なんとか。

殺人賭博に、葬儀師の女性の同僚の女性も連れて来られた。
やっぱり牢屋の番人は気持ち悪いね。
彼女、可哀想に…。
しかし、この同僚が容赦なく、何人も殺したみたいですね。
でも、相手がある人だと分かると…。
これが、普通の反応ですよね。さすがに出来ないよね…。

葬儀師の女性が殺す方になり、殺される方は、同僚でしたね。
しかも、同僚の状態が、本当に酷いんですよね。残酷です。
同僚は葬儀師の女性に頼み、葬儀師の女性は…。
これは、かなり辛い選択ですよね。酷い事させやがりますね。

酷い事を言っていた財務の男に、当局の捜査が入ってしまい、
この為に、財務の男が…。
葬儀師の女性が現れ、財務の男が賭けをしている奴らの1人と
分かったら、もう迷わず、やっちゃいましたね。
ちょっとスッキリしましたが、
この後、葬儀師の女性は大変事になっちゃうんですよね。
何で、こうなるんですかね?ちゃんと、やったはずなのに。

当局の男が葬儀師の女性が
木の箱から脱出した場所に来てましたね。
その時、葬儀師の女性は…。
このシーンは、ハラハラしましたね。どうなるんだろう?と。
当局の男は、あるモノを拾おうとしたら…。
このシーンは必要だったのかな?そして、当局の男は…。

これで終わりかな?と思ったら、まだまだありましたね。
葬儀師の女性、当局の男は、それぞれ、こんな風になるとはね。

ラストは、救われないですね。
こういう終わり方は、あまり好きではないです。
なんだか嫌な気分のまま、終わってしまいました…。

どこが「スポーツキル」なんだろう?
全然、スポーツじゃないですよね。
司会が言っているから、しょうがないのか…。

後味が悪いですね。気持ち悪いシーンが多かったですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/16/3765725/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。