映画・DVD「スーパーナチュラルハンター怪奇調査官」2008/09/17 01:10

妹が殺害された原因を調べようとする姉の物語。

ドイツに行った妹が殺害されてしまい、その原因を調べる姉は、
友人から、ドイツの超常現象のエキスパートの2人を紹介される。

最初の方から、いきなりですね。
この男には、見えるんですね。映像には映っていませんけど。
ひたすら謝ってるという事は、知ってる人なんでしょうね?
最後には、無残な姿に…。手作り感がありますね。

主人公の姉は、正夢をよく見るらしい。一種の能力ですよね。
その夢で見たモノをデッサンしているようで、
男の顔を描いてましたが、
この男は、妹の死と関係ある男でしたね。
この能力、いいんだか、悪いんだか分かりませんね。
場合によっては、恐いもんかも…。

姉の正夢に出てきた男は悩んでましたね。
死体の処理がどうだかとか、刑務所は嫌だとか言ってるし。
妹を殺した犯人って事なんでしょうかね?
ここでは、まだ、はっきりと分かりませんでした。
でも、なんとなく分かりますよね?

ドイツに住む超常現象のエキスパートの2人だけ、
名前が表示されて紹介されましたよね?
何でなんだろう?
どうして、2人だけ?特別だからって事なんでしょうかね?
それとも、シリーズもの?

姉の正夢に出てきた男の1人が殺された事を知った姉は、
もう1人の男を探すように、
超常現象のエキスパートの2人に頼みます。
2人は超常現象のエキスパートなんですかけどね。
探偵ではないんだけど…。姉、勘違いしてないよね?

殺された男の現場写真を分析すると、
ある事が分かったようなんですが、
これは、どうなんでしょう?本当にですか?
この事がきっかけで、
妹の霊が男を殺したと思ってしまうんですよね…。

超常現象のエキスパートの2人は、
姉に自分のベッドを使って欲しいと言い合います。
その前に、何で、姉はホテルに泊まらずに、
2人の部屋に泊まろうと思ったんですかね?
姉の考えが、ちょっと分からないです。
もしかして、いち早く、妹に関する情報を知りたいからかな?

妹がドイツに行ったのは、姉が勧めたようなんです。
アメリカでは不幸続きだったらしく、
モデルになりたかったようなんですが、
妹は、どうだったんでしょうね?
その為、父親に姉は責められたそうです。
姉も自分を責めたそうです。
これは、そうなるかもしれませんね。
自分が、ドイツに行けと言わなかったら…と思うと、
やるせないですね…。

姉は妹の事件の担当刑事と会い、情報を得ようとしますが、
現場には、指紋も証拠品も無かったと刑事が言うんです。
そんな事ってあるのかな?と思ったんですが、
この刑事が消してるんですよね。

悩んでる男には、恋人がいて、彼女は、妹の夢を見るんです。
この恋人も妹の事件と関係あるのかな?と思ってしまいます。
そして、彼女は、悩んでる男が、
もう1人の男を殺したと思ってましたね。

姉の様子が時々、おかしいんですよね。
まさか…って思ってしまいました…。
そんな事、ある訳ないか…。

妹の事件担当の刑事が天井を叩いていましたが、
これは何をしていたんだろう?
そうこうしているうちに、刑事の前に霊が現れて…。
これが一番気持ち悪かったですね。
ここまでするか?というくらいな状態になっちゃいました。
この刑事に対しての恨みが一番強かったのかな?

恋人が銃を持っていたのを見た悩んでいる男は、
彼女ともめてしまいましたね。彼女は銃を奪い、そして…。
どうして、こんな事になってしまったんですかね?
興奮しちゃって、つい、やっちゃったのかな?
そんな事無いか…。

悩んでいる男は、妹の状態を知らなかったみたいですね。
この男の言っている事からしたら、
もし知っていたら、違っていたかもしれませんね。

悩んでる男の前に、霊が現れます。
この霊、パッと見、あの人に似てるんだよなぁ。
違うのかなぁ…。
そして、悩んでいる男を、あるモノで攻撃。
これで、こうなるんでしょうか?
お約束シーンでしたね。

超常現象のエキスパートの1人はお留守番。
電話になかなか出なかったですね。
これは、一体?何で、こんなシーンがあったんだろう…。
この人も関係あると思わせたかったのかな?

霊の正体が分かりましたね。
これは、なんという展開なんだろう。
どうして、こうなったのかが分からないですね。
代わりにやったって事なのかな?
どうなんだろう…。

悩んでいる男の恋人が、とっさにある行動をしちゃいましたね。
これには、ちょっと驚いた。
でも、この女の人も可哀想だよな。

ある霊を退治する為に、あるモノを持ってこさせていましたね。
これは、日本と同じなんですね。効くんですね。
どの国でも同じなのかな?

妹の殺害に関係がある人間がもう1人いると知った姉は、
その人をボコボコします。これは、凄かったです。
本当に怒ってたんだね。
そして、霊が仕上げをしてましたが、
霊なのに、道具を使ってる…。
フィニッシュが凄かったね。
こんな力あるなら、道具を使わなくてもいいんじゃないのかね?

ラストは、何で、こんな事をしたの?と思える事をしましたね。
もしかして、証拠隠し?
誰も信じてもらえないかもしれないからね。

もっと超常現象があっても良かったのになぁ…と物足りない。
捜査を、もっといろいろな方法でやるのかと思っていたのに、
結局は、普通に捜査してるし。
一番、恐かったシーンは、
姉がある人をボコボコにしてるシーンだったしなぁ。
このシーンだけ見る価値は…無いかなぁ…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/09/17/3767755/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。