映画・DVD「スターシップ・トゥルーパーズ」2008/09/06 01:25

軍に入り、巨大な虫達と戦う青年の物語。

恋人が軍に入る為、自分も軍に入る事にした青年は、
訓練で実力を発揮し、分隊長となる。
しかし、ミスを犯してしまい、軍を辞めようとしたのだが、
故郷が巨大な虫達に襲われてしまい、
青年は軍に戻り、戦い続ける事を決心するのですが…。

最初は、彼女が軍に入るから、
自分も軍に入ると決めた青年は、だんだんと力を付けて、
最後には立派な戦士になりましたよね。
巨大な虫に1人立ち向かってるし。

軍に入ると、市民権がもらえるそうです。
市民権を得て出来る事って、
今の時代だと普通に出来そうなんですよね。
この映画の時代って、一体、どうなってんでしょうね?
主人公の両親は、市民権持ってないみたいなんですよね。

主人公には彼女いるんですが、
主人公の事を好きな女性もいましたね。
その女性はフットボールのチームメイトでもあるんですね。
主人公と女性のコンビネーションは、
カッコ良かったですね。

主人公と彼女と友人、3人一緒に軍に入る。
彼女はパイロット、友人は情報部、主人公は機動歩兵。
皆、バラバラ。でも、友情は変わらないと言ってましたね。
これは、ある意味、青春映画でもあるんですね。

主人公の彼女の副教官は、
主人公と試合中に口論になった男でしたね。
んー、主人公と彼女は、同じ歳だよね?
あの試合は学校対抗じゃないのかね?
だとしたら、あの男も同じ歳なのに、副教官?
なんか、ちょっと変だなぁと思いましたね。

主人公と彼女は、手紙のやり取りしてましたね。
手紙と言っても、今でいう、ビデオレターのようですね。
彼女からの手紙に、ショッキングな事が…。
周りの皆の反応が面白かったです。
主人公は可哀想だったけど…。

実は、主人公の隊に、
主人公の事が好きなチームメイトの女性が入っていたんです。
チーム対抗で実践のような事をしたんですが、
主人公と女性のコンビネーションがここでも見る事が。
あんな動きしなくてもいいと思うんだけどね…。

実弾を使用する訓練で事故が発生し、
仲間が死んでしまいましたね。
わざとじゃなかったのに、
実弾を撃っちゃった人、可哀想だったな。
市民権持ったらって夢があったのにね…。

主人公が事故を起こした原因として、公開処罰。
これは、痛そうでした。
でも、これは、少し軽い方にも見えましたね。
仲間が死んだんですから…。

主人公は除隊して、家に帰ろうとするんですが…。
これは、ある意味、運が良かったのかな?
酷い事になってしまったけど。

パイロットになる女性は、運転が危ないねぇ。
なんとか大丈夫だったけど、もうちょっとで…。
主人公との再会の時も、アホな事を言っていたなぁ。
何故、主人公がそう思うと思ってるんだ?
あんな事をしておいて。
何を勘違いしてるんだろう?と思ってしまいました。

出撃命令で、主人公も巨大な虫と対決。
しかし、数が半端無いですね。
しかも、なかなか死なない。
少しずつ近付いて、攻撃されちゃうのが多いね。
もっと強力な武器は無いんですかね。
これでは、簡単にやられそうですよね?

主人公、戦死した事になってた。
何で、こんな事になったんだろう?
あの後、何があったんだろうね。

どうも、主人公は新しい隊長に助けられたようですね。
この隊長が、あの人とは、驚きました。

作戦が賢い作戦になった。
これならば、大丈夫かもしれない。
しかし、もっと巨大な虫が登場。
それを主人公が…。
このシーンは、カッコ良かったです。
主人公、逞しくなったもんだなぁ…。

主人公と主人公の事が好きな女性がいい仲になりましたね。
女性がとても嬉しそうでしたね。
でも、この後、あんな事が起こるとはね…。

将軍を救う為に、隊が出陣。しかし、これは…。
こうなると、もう大変ですよね。

将軍生きていたけど、こんな状態じゃ邪魔だよね?
その将軍が…のシーンは、ちょっと面白かったですね。
スコーンって感じで。

巨大な虫達の頭脳を捕まえようとする為に、
主人公と仲間達は出発。
しかし、彼らよりも前に見つけられちゃうんですよね…。

主人公の彼女(?)の乗った船に何かが激突…。
彼女と副教官が一緒に脱出して、辿り着いた場所が…。
これは、もう駄目だなと思いましたね。
しかし、大丈夫だったと思ったら、巨大な虫の頭脳が登場。
これは、成虫になったら、飛べるのかな?
この巨大な虫の頭脳がとっても気持ち悪い事をするんですよね。
このシーンは、グロかったですね。

ラストは、あの人が活躍したようですね。
この人、やる気あったもんなぁ。

この間、「3」が公開されたんですよね?
本当は、「3」を映画館で見たかった。
しかし、これと続編を見てなかったんです。
馬鹿だったなぁ…。
この映画は大画面、大音響で見ないと…。
勿体無かったんですが、しょうがないですよね。
グロいシーンが結構、多かったですね。
お約束のシーンもありまして、
そのシーンは面白かったですね。
また見ても楽しめると思います。

映画・DVD「ブレイブ・レジェンド -伝説の勇士ベオウルフ-」2008/09/07 00:12

ある王国を襲う怪物を退治しようとする伝説を持つ男の物語。

数々の伝説を持つ男は、国王の命令で、
仲間を連れ、ある王国を襲っている怪物退治にいく。
その王国は何かが違っていて、変に思う男達。
国王に会い、怪物を誘き寄せる為に、
宴会を開くと、怪物が現れ…。

怪物は当然ながら、CGでした。
とても動きが変で、気持ち悪かったです。
怪物は、人間と怪物の間に生まれたモノらしいんです。
母親が怪物なので、父親が人間って事ですよね?
一体、誰が、この母親と…?
そう考えると、ちょっと恐いですね。
怪物がCGなので、人々のやられる傷もCGなんですよね。
とても不自然で、変でした。

怪物に襲われている王国を目指す男達。
船に乗り、海を渡るのですが、
嵐に遭ってしまい、大変な事に。
その原因は、国王に逆らって、
若者を連れて来てしまった為に、海が裏切ったと…。
そんな事は無いと思うんですが、そう思うんですね。
「海が裏切る」という言葉が面白いなと思いました。

怪物に襲われている王国の王妃は、
美しいと言っていたのですが…。
人それぞれの見方に寄りますよね?
俺には、ちょっと…。
ただ、狂ってしまった王妃は、恐かった…。

怪物に襲われている王国には王子が2人いたのですが、
今は1人、兄だけいましたね。
2人で怪物退治に行ったのですが…。
これは、ちょっと、兄、情けないね。
2人して逃げ帰った方がどんなに良かったか。

怪物を誘き寄せる為に、宴会を開きます。
これから怪物との戦いだというのに、
沢山、酒を飲んでる奴もいる。
本当に大丈夫なんだろうか?と思っていると、
怪物とは違う問題が発生しちゃいましたね。
王子、見苦しかったです…。
伝説を持つ男に対して、ある事を言うんです。
自分の事は棚に上げて。
たぶん、悔しいんでしょうね。
自分には、伝説を持つ男のように出来ないから。

伝説を持つ男と一緒に来た若造がある女性といい感じに。
それを見た王子、割って入ったね。
これもなんか見苦しかった。
たぶん、この女性の事が好きなんだろうなぁ…。
しかし、女性は若造の方がいいみたいですね。
可哀想な王子…。

怪物が現れ、戦闘開始。
しかし、やっぱり怪物は強かった。
伝説を持つ男は、新しい武器を使用するんですが…。
この武器、本当に、この時代に作れるもんなんですかね?
どうなんでしょうか?

怪物に若造も立ち向かったが…。
伝説を持つ男、後悔していましたね。若造を連れて来た事を。
でも、連れて来たら、どうなるか予想できるじゃんかね?

怪物が現れ、王子は何をしかというと…。
んー、なんなんでしょうか、この王子は?
やっぱり…?
だったら、偉そうな事を言わなければいいのにね?

怪物に襲われている王国には、ある秘密がありました。
それは、怪物退治に来た男達が王国に来た時点で、
疑問に思った事と関係ありました…。
これは、酷い話ですね。でも、解決してないんですよね。
やっぱり殺さないと。

怪物の巣に行き、攻撃を仕掛ける男達。
もちろん、王子もいましたね。役に立つのかなぁ…。
そして、命令を無視して来てしまった若造。
なんか嫌な予感…。

伝説を持つ男が怪物に新しい武器で攻撃。
やっと当たりましたね。結構、威力あるね。
伝説を持つ男は、怪物を殺した証拠として、
ある体の一部を持ち帰ったんですが、
これで殺した証拠になるんですかね?
生きていられますよね?やっぱ、クビじゃないとねぇ。

怪物を殺し、平和が訪れたと思ったら、怪物の母親が怒った。
生きていたんですね。
今まで、『契約』を守ったんですかね?

怪物の母親を追う王子。そりゃ、追い掛けないとね。
ある意味、チャンスだし。
王子は、怪物の母親と対決するのですが…。
ちょっといい奴になったのにね。
ある伝言を国王にするんですが、やっぱり悔やんでたんですね。

若造も怪物の母親と対決。
マズい事になりそうだなと思ったら、人質にされちゃった…。
あんな事してる暇あるなら、逃げれば良かったのにね。

怪物の母親を倒すには、ある剣が必要らしいんです。
その剣がどこにあるかというと…。
そんな所にあるんですね。一番、安全だからかな?

伝説を持つ男は、怪物の母親を倒しに行きます。
その前に、剣を取得するんですが、なんかあっさりしてますね。
もうちょっと何かあってもいいのに…。勿体無いなぁ…。

怪物の母親と対決。しかし、強かった。
空も飛べるしね。
若造もなんとか動いて、伝説を持つ男をサポートします。
そして…。
この対決の結末は、「あれっ?」という感じでしたね。
失敗したかな?と思ったら…なんですからね。

伝説を持つ男が帰ってきたのを見た国王の顔が面白かったです。
なんで、こんな顔をしたんだろう?
本当に変な表情していたんですよね。

伝説を持つ男は国に帰ったんですが、
若造は残ったみたいですね。
それが分かる映像に、
「えっ?もう?早くねぇ」と思っちゃいました。

普通のアドベンチャー映画でした。
笑えるシーン、カッコイイと思えるシーンが無かったなぁ…。
ただ、怪物は気持ち悪かった。とっても不自然で。
ちょっと説明シーンが多過ぎのようにも見えました。
なんか勿体無かったです…。

映画・DVD「正体不明 THEM」2008/09/08 01:27

何者かに襲われる夫婦の物語。

森の奥深い屋敷に住む夫婦は、
ある夜、外で物音がして、外を見ると、車が移動していた。
夫は、様子を見に、車に近付こうとすると、車が動き出した。
夫婦は屋敷内に隠れる事にするのですが、
何者かが屋敷に入ってしまい…。

冒頭の母親と娘のシーンは、ちょっと恐かったですね。
夜のあまり車の通らない道で起こってしまいましたからね。

この映画の主役の夫婦は、夫が作家で、妻が教師。
そして、森の奥深い屋敷に住んでます。
この屋敷が広そうなんですよね。
2人で住むには広過ぎるんじゃないかというくらい。
たぶん、作家の夫が、
こういう静かな場所で創作活動したいと言って、
この屋敷にしたそうですよね?

森の奥深い所に屋敷があって、
近所に誰も住んで無さそうなんですよね。
何かあったら、どうするんだろう?って、
何者かに襲われるんですよね?

最初は電話からでしたね。
どうやって、電話番号を見つけたんだろう?

屋敷の電気が消えちゃんですよね。
しかし、テレビだけ、砂嵐の画面が映ってる。
これ、どうやって、やったんだろう?
こんな事出来るんですかね?

妻を部屋に残して調べる夫。
負傷してしまいましたね…。
これは、痛そうだった。
妻に、どうにかしてもらうシーンも顔背けちゃいました…。

部屋で待つ妻。
ドアノブがガタガタと音を立て、取れちゃった…。
そして、穴から覗く妻。すると…。
これは、恐かった…。危なかったですね。
ヒヤヒヤしちゃいました…。

妻が屋根裏を進むシーンもハラハラしました。
ビニールが邪魔ですよね?
ここで、明らかに、何者かが人間って分かりましたね。

屋敷から脱出して、森の中へ行く夫婦。
しかし、夫は怪我をしてる為、妻だけ先に行かせます。
妻が森の中を走ります。
その後を追って来る何者かは、本当に人間?
奇妙な声を出してるんで、
「クライモリ」に出てきた奴らを思い出しましたよ。
彼らが何者か、もう分かりません。

「テテッ」という音も出してるんですよね。
これは一体、何の音なんだろう?
全く分からないので、不気味です。

妻が車を発見して、乗り込み、発進するんですが…。
一体、何があったんでしょうね?
この辺は映してくれてないんですよ。
もしかして、車の中に何者かがいたんですかね?
だとしたら、恐いね。

夫、やる時はやるんですね。
見直しましたよ。
でも、これは…。ちょっと驚きますね。
何で?って思いました…。
彼らの目的が分からなくなりました。

地下での出来事も恐かったなぁ…。
何者かの正体が分かり、夫婦に襲い掛かるんです。
集まると恐いもんですよね?
何するか分からないし…。

ラストは、助かるのか?助からないのか?
ハラハラしましたが、
これは、ちょっとショッキングな結末ですね…。
嫌な終わり方でした。

この映画は、たぶん、低予算映画ですよね?
短い時間なんですが、とても楽しむ事が出来ました。
こんな事が起こってしまった原因が馬鹿げてます。
そして、卑怯だ。自分達の事、分かって、行動してるし。
事実に基づいて、作成された映画なので、
本当に実際にあった話なんですよね?
尚更、恐いです…。本当に起こりそうで。
本当に後味悪い映画でした。
もう、こういう事は、実際に起きて欲しくないですね…。

映画・DVD「マイ・ルーム」2008/09/09 02:11

白血病になった姉と彼女を助けたいと思う妹の物語。

姉が白血病になった為に、骨髄移植が必要と、
20年ぶりに、妹は2人の息子を連れて帰った。
妹の息子の兄の方は、悪さを行い、施設に入っていた。
言う事を聞かない妹の息子の兄の方は、検査を拒否。
しかし、姉と接する内に、だんだんと気持ちが変わり始めて…。

妹の息子の兄の方は、レオ様でした。とても若いですね。
でも、演技力は凄いですね。
すぐに気持ちがコロコロと変わりそうな青年の役だったので、
演技するのは難しかったんじゃないかなぁ…?

妹の息子の兄の方は、ある事をやってしまい、施設に入る事に。
その施設での彼は、ちょっと可哀想な状態でしたね。
施設の人の話を聞けば、しょうがないかもしれないけどね。

妹は美容師免許を取得する為に、頑張ってましたね。
そこに、姉から病気の連絡。
妹は、息子2人と一緒に姉の下に行きます。
もうこれだけで、妹の姉を思う気持ちが表れてますよね?

姉は、寝たきりの父親と叔母さんの世話をしていました。
姉妹再会するのは、20年ぶりなので、
20年間しているんでしょうね。凄い事ですよね。
それなのに、姉が白血病になっちゃうなんて、可哀想です。
なんか報われない感じがしますね。

姉が世話をしている叔母さん、面白い人ですよね。
人気テレビドラマを見ての反応いいですね。
そのドラマに影響で夢でも、あの反応。
叔母さんは、体に機械を付けていて、起動すると…。
妹の2人の息子の反応が面白かったです。

妹が父親と再会。
しかし、妹は、父親の姿をまともに見れないみたいですね。
20年ぶりに会って、この状態だったら、ちょっとショックかな。

息子2人も父親に初めて会う事に。
しかし、こちらも上手くいきませんでしたね…。

姉と妹の息子の兄の方が一緒に車で出掛けます。
運転は、妹の息子の兄の方。結構、スピード出すね。
ちょっと危ないし、恐いかも。
妹の息子の兄の方は、姉から自分の父親の話を聞きましたね。
やっぱり、気になるよね、自分の父親の事。
聞いてみて、どうだったんだろう?彼は。

車で思い切った事をしましたね。
2人とも楽しそうでした。
見てるこっちも楽しい気持ちになれました。
姉が本当に病気とは思えないですね。

姉と妹が衝突。お互いに、言いたい事を言いましたね。
姉妹、兄弟だから、喧嘩できるんですよね。
喧嘩したくないから、疎遠にしてたとか言っていたけど、
それは、ちょっと違うと思う。
喧嘩しないと、分からない事もあるからね。

皆で、ディズニーワールドへ行って、遊びます。
叔母さんも乗ってますね、凄い。
妹の息子の弟の方が
叔母さんの乗ってるカートを押すシーンが面白かった。
皆、何故か別行動。
妹は、息子の兄の方と話し合い。
彼は、妹に意見を言いましたね。
そして、妹も彼に、ある事を言いましたよね。
これは、辛いなぁ…。こんな事があったなんて。
姉は1人でいましたね。一応、病人だよ?1人にするかなぁ…。
彼女は、疲れてしまったのか、倒れてしまい、
ある方に助けられていましたね。
深刻なシーンなんだけど、ちょっと緊張感が取れて良かった。

姉が妹の本当の気持ちを告白…。
俺も同じように感じるかもしれないですね。

妹の息子の兄の方は、なかなか心を開かない。
しかし、姉に対しては、だんだんと心を開きましたね。
彼なりに悩んでいる事が分かって、
辛い気持ちが伝わってきました…。

姉が恋の話を妹にするんですが、これは衝撃的ですね。
相当なショックを受けたんだろうなぁ…。

妹が姉のカツラをセットすると言い出します。
カツラを取った姉の姿を見て、
さすがにショックだったんでしょうね。
姉の前から一度、姿を消しましたよね。
知っている人が、こういう姿になっていたら、
やっぱり、俺もショックだろうなぁ…。

妹がセットしたカツラを付けた姉は、
とても可愛くなりましたね。
これは大成功ですよね。
嬉しそうに動く姉の姿を見るのが、ちょっと辛かったです…。

妹の息子の弟の方が叔母さんにメイクをしてあげましたね。
結果は…。凄い事になってました…。
でも、叔母さんは満足気でしたね。

妹がある決断をする時がやってきました。
妹は、部屋に行き、荷物をまとめて、
出て行こうとするのですが…。
ここで思わぬ人が登場しましたね。
「えっ?どうして?」と思いましたよ。
妹は改めて、決断し、実行するのですが…。
この決断は、良かったです。俺もこの決断にするはずです。

ラストシーンは、とても幸せな場面でしたね。
姉が寝たきりの父親と遊ぶシーン。
妹が部屋に入ると、姉が妹に笑い掛けるんです。
この時の姉の姿を見たら、ジーンと来てしまいました…。

白血病って、恐い病気ですね。
あまり身近に感じない病気なので、
こういう映画を見ると、思い知らされます。
「骨髄バンクに登録してみようかな?」と考えさせられますね。
あと、改めて、「家族っていいなぁ」と思いました。

映画・DVD「サイボーグ・ソルジャーズ」2008/09/10 01:05

金属と結合した人間達の戦いの物語。

研究室から2人の兄弟を連れ出した女博士は、
その研究室の者達から追われていた。
2人の兄弟は、普通の人間ではなく、
金属と結合し、パワーを持っていた。
兄の方は、ある事があった為に、飛び出してしまい、
弟は、兄を探していたのですが、研究室からの追っ手もあり…。

タイトルに「サイボーグ」ってあるのに、本当は違うんだよね。
金属が結合した人間で、人には無いパワーを持ってる。
研究室から逃げた兄弟の兄は、尻尾があって、
エネルギー弾を放つ事が出来る。
弟は、翼を持ち、飛べる事が出来て、羽根も武器となる。
彼らを追う研究室からの追っ手の姉妹の姉は、
腕がブルブル震えるらしいけど、どんな効果があるか謎です。
妹が、どんな能力があるのか分かりませんでした…。
後、バブルな男と素早い男。
悪もんのボスは、
特別なパワーを持っているようには見えなかったなぁ…。
金属と結合した者は、空腹にならないそうです。
周りからエネルギーをもらってるらしい。
なんとも凄いもんだ。金属と結合して、ここまで出来るのか…。

場面が変わる所が、あのすっごい映画「」に似てるんですよね。
回想シーンも何故か絵なんです。しかも、この絵が…。
これは、危ない予感です。

兄を探す弟は、研究室の追っ手と争ってる兄を見つけ、
連れて帰ろうとするんですが、兄、言う事聞かず。
母親が生きていると知って、一瞬、迷ったんだけどね。
やっぱり駄目だったね。
どうして、飛び出しちゃったのか?については、
ちゃんと説明シーンが流れるので、分かるのですが、
兄、可哀想な思いをしちゃったんだね…。
この状況なら、飛び出すかも。
でも、何も罪の無い人をどうにかするのは間違ってるよね?

女博士は、牢屋にいる、ある男を連れてきて、
協力してもらおうと思い、弟を刑務所に行かせます。
弟は、刑務所に堂々と進入。これは、凄い。
そして、男を連れて行きました。
こんな簡単な警備の刑務所で大丈夫なんだろか?

連れてきた男の近くには、彼の父親も牢屋にいました。
この父親が、ちょっと変になってしました。
どうして、こんな状態になったのか?
ある人がこういう状態にしたのは分かったんだけど、
どうして、こういう事したのかが分からなかったです。
もしかして、見過ごしたかな?
それにしても、五月蝿い父親でした。
これじゃあ、男の様な状態になっちゃうよね…。

連れてきた男、見た目は、悪い事をするようには見えない。
本当に悪い事したんだろか?疑問です。
根っからの悪では無いはず。
彼には、ある秘密があったんですよね。
でも、あまり驚きもしませんでした。
やっぱりそうか…という感じです。

連れてきた男に、ある飲み物を勧める女博士。
こんな色の飲み物って、絶対何かあるよね?
女博士は、ハーブとか言ってるけど、違うと思うんだけど。
連れてきた男は、この飲み物で、
金属と結合した者になると思っていたんですが、
何か食ってるから、大丈夫なのかな?
後半で、この飲み物の正体が分かるんですが、ちょっとなぁ…。

連れてきた男、いろいろと知り過ぎてるんですよね。
何でなんだろう…?と思ったら、関係あったんですね。
彼は、修行する事になります。
最初は、なかなか上手く動けないんですが、
徐々に変わっていってましたね。
自主練もやってましたし、偉いね。
自分の動きに驚いていましたね。

弟と男の2人で修行していたんですが、新たに助っ人が登場。
宇宙最高の格闘家に修行してもらう事になったのですが、
この格闘家がちょっとなぁ…。あまり強そうに見えない…。
なんで、この人が宇宙最高の格闘家なんだろうね?
2人のパンチを受けるシーンがあるんですが、これはなぁ…。
なんだろう、この防御…。

研究室からの追っ手の中に裏切り者がいると知り、
裏切り者を探す姉。裏切り者って、一体、何をしてたの?
情報を漏らしていたらしいんですが、
その情報で何か起こったんだろうか?
ここ、ちょっと分からなかったです。

研究室からの追っ手の姉も辛い思いをしていましたね。
これは、ちょっと可哀想だったなぁ…。
姉と妹の喧嘩シーン。上から水が…。
この演出は一体?
もっとカッコイイの、または面白いのを見たかったなぁ。
残念…。

女博士は、研究室からの追っ手に、
もう少しで捕まる所だったみたいなんです。
しかし、逃げる事が出来た…。
どうやって逃げたんだろうと思ったら、
女博士にも秘密がありましたね。
でも、これは反則じゃありませんかね?

兄は、ある組織のボスに会いに行きます。
ボスは船に乗っていて、兄は桟橋を行きます。
その桟橋のシーンが面白かったです。
兄の行く手を止めようと、いろいろな人達が出てきては…。
その人達の中に、「えっ?」と思う人も。
勇敢ですね。自分がどうなるか分かりそうなのに、
立ち向かうなんて、凄い。

女博士の隠れ家に研究室の追っ手達が来た。
どうして、この場所が分かったんでしょうか?
何で?どこかに隠れ家を見つけたシーン、あった?
また見過ごしちゃったのかな?

ここで、ちょっと悲しいシーンがありましたね。
これは、故意じゃないよね…。

研究室からの追っ手と対決シーン。
それぞれ、自分の得意技で戦います。
しかし、緊張感が無いんですよね。
何でだろう?
妹、弱過ぎです。
やっぱり、リーダーは強かったね。3人で戦っても…。

対決の決着は、ある方が決めてくれました。
この人、いいトコ取りですね。

エンドロールは、未公開シーン集なんでしょうか…。
んー、これは席立たない効果あるのかなぁ…。
あと、この出来事が起こる前も流してたけど、
あまり意味があるとは思えないんですよね…。

エンドロール後にも、ある映像がありましたね。
真似するなとありましたが、真似できませんから…。

途中、音がこもっていたりと、悪い部分が見えてしまいました。
もう少し、何かあっても良かったのになぁ…。
残念です…。