映画・DVD「マリブ・エクスプレス」2008/10/05 01:36

ある家族の素行調査する探偵の物語。

ロシアにコンピュータ技術が盗まれていると知り、
探偵にコンピュータを売っている男と
関係のある家族の素行調査を依頼。
調べているうちに、その家の使用人の男が殺されてしまい…。

結構、古い映画で、シリーズになってますよね。
このシリーズにしては珍しく、男が主人公。
どういう訳か、この主人公、女にもてまくってます。
何がいいんですかね?やっぱり、アレがいいんですかね。

主人公の探偵は、ある女から依頼を受けるんですが、
この依頼した女が凄いんですよね。
主人公と外で食事する為に、着替えた服がなんだかねぇ…。
これは、セクシーと言えるのでしょうか?
セクシーじゃなくて、ちょっと品が無いように見えるよね。
よっぽど、自分の体に自身が無いと着れないよね?

事件とは全く関係無いんですが、
主人公とレースしたがる3人家族がいるんです。
この家族、しつこいですね。
主人公に何度も勝ちたいんですね。
車を変えては、主人公にレース挑んでましたね。
ある事に対して、汚いと言っていましたが、
ちゃんと見もせずに、レース挑んだ方が悪いよね?
強烈なキャラで、ちょっとだけ面白かったです。
ただ、うるさいかなぁ…。

主人公が素行調査する家族には、
それぞれ秘密がありましたね。
その秘密は、家の使用人に繋がっているんですが、
この男が、本当に酷い奴でしたね。
しかし、そいつに対しての皆の態度が
予想と違って、驚きました。
こうなってしまった使用人は哀れでしたね。
やっぱり、悪い事は出来ませんね。

使用人は殺されてしまうんですが、
どうして、あんなモノを持ったんですかね?
これが分からなかったです。何か意味あったのかな?
意味無く、わざわざ、こんな事しないよね?
何だったんだろう…。

ある人の秘密は、よーく見ると分かるかもしれないですね。
なんとなく、そんな雰囲気あるし。

主人公、ある事が原因で中古車屋に行くのですが、
オーナーの言葉からすると、主人公は…?
これは、ちょっと面白かった。

調査している家のメイドの格好が凄かったね。
これは、ちょっと行き過ぎだよね。これはコスプレだよね。

アクションシーンの主人公は、カッコ悪かったね。
ここまで酷いとは…。
その分、一緒にいる人が頑張ってる感じでしたね。
最後の方のシーンでは、
一緒にいる人が勢いよくやってくれましたからね。
このシーンは、コミカルで楽しかったですね。

セクシーシーンで、
ちょっと場違いに思える音楽が流れてましたね。
これは、わざとなんだろうなぁ。

主人公、3人の男に対して、カッコイイ事を言うのですが…。
相手は主人公よりも上だったよね?

「あれ?」と思う人が登場してましたね。
これは最初気が付きませんでしたよ。
こういうのを見つけるのは楽しいですね。

使用人を殺した人は意外な人でしたね。
全く予想していませんでした。
この人、いろいろと頑張ったみたいです。
その成果が出ていたって事ですよね。
それと、使用人の秘密もちょっと分かりましたよね。
まさか、こういう事で殺したとはねぇ…。

レースカーを運転する主人公。助手席には、レーサーの女。
レーサーの女は、主人公の運転に興奮してしまい、
ある事をやろうとするんですよね。
この時の主人公とレーサーの女のやり取りが
ちょっと良かったですね。

素行調査する家族の夫人が人を呼ぶ時の方法が
ちょっと面白かったです。

何かと勘違いしている主人公の住んでいる船の隣の船にいる2人。
もっと面白くしてくれても良かったのになぁ。
でも、主人公にサービスするシーンは、少し面白かったです。

どうして、このタイトルか?
思い入れのある事からきてるみたいでした。
船なのに、「エクスプレス」って思いましたよ。
あれ?もしかして、船でも、この言葉使ったりするのかな?

オープニングとエンディングにタイプ映像が流れるのですが、
タイプしている指が凄いんですよね。
よく、こんなんでタイプできるなぁと関心してしまいます。
絶対、おかしいよね?

やっぱり、セクシーシーンが多かったですね。
同じようにアクションシーンも多かったですね。
でも、カッコイイと思えるシーン、笑えるシーンが
無かったのが残念でした…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/10/05/3800966/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。