映画・DVD「MISSING LINK 失われた環」2008/10/07 22:02

探検をする教授に会いに行こうとする少年の物語

冒険家に憧れる少年は、
ある教授が探検にでるという事を知り、
自分も探検に連れてってもらおうと思い、
教授に会いに行こうとするのですが…。

最初の方を見て、失敗したなぁ…と思ったんです。
もう、ごちゃごちゃなんです。
少年は冒険家に憧れているんで、
自分が冒険をしている妄想のシーンが多いんです。
現実の世界でも、変なモノ見えてるし。
そうかと思えば、
少年は、母にタバコ屋の男が近寄ってるのを嫌がったり。
一体、何の話なんだろう?と思っちゃいましたよ。
てっきり、少年の冒険ファンタジーだと思っていたので、
もう嫌になってきたんですが、
途中から、段々と話がちょっと深刻な方に向かうんですよね。
まさか、こういう展開になるとは思ってもいなかったので、
正直に言って、驚きました。
この旅は、少年にとって忘れられない旅になりましたよね。

少年とタバコ屋の男は仲が良いんだか?悪いんだか?
あのやり取りは、定番みたいだよね。

母親は、何で、大事なモノを見つかりそうな所に置いたかな。
少年がどういう行動をとるか予想つかなかったのかな?

少年は古本屋で、ある少女と出会い、
そして、彼女と旅をするんです。
少年も変わってたけど、彼女も変わってたよね?
2人、気が合いそうだよね。
彼女、賢いんだよなぁ。
最後の方に少年を助ける為に、ある事をするんですが、
よく思いついたよなって思いましたよ。
そして、よく行動できたと。

でも、一番凄かったのは、少年でしたよね。
教授に会いに行くのって、すぐなのかな?と思ったら、
全然違った…。
少年と少女、犯罪してますよね?
これ、大丈夫なのかな?

少女の家族も変わっていましたね。
皆で、あんな事して…。
だから、少女も…なんですね。

勝手に出て行ってしまった少年を探しに母親も行くんですが、
少年は、親の気持ち分かってないんだねぇ。
まぁ、しょうがないのかな、子供だから。

「えっ?」って思うシーンもありましたね。
その前のシーンで、少女があんな事言うんだもんな。
これには、騙されてしまいました…。
でも、少女の言った事は、少し当たってましたよね?

少年は、教授に会う事が出来るんですが、探検には…。
そりゃ、当然ですよね。じゃあ、別の件は?と見ていると…。
なんか、じれったいですね。
でも、これで、この場は良かったかもしれないですね。

少年が母親に思いの丈を言うシーンがあるんですが、
これは切なかったなぁ…。
だって、ある事実を知っちゃったんだからね。
俺も少年と同じかなぁ…。
でも、絶対、母親は違うと思うから、
それを表す為に、母親は少年を…。
このシーン見て、親子の話でもあるなぁ…と感じました。

ラストシーンの少年の顔の表情と言葉から、
これから少年がどうなるのか分かるような感じですよね。
ちょっと複雑だけど、こういう終わり方もあるんだなぁ…。

今、見終わって、やっとタイトルの意味が分かった気がします。
最初の方で、タイトルの言葉が出てくるんです。
その事だと思っていたんですが、
それだけじゃなかったんですね。
このタイトル、少年にも関わってますよね?
違うかなぁ、そんな気がするんですけどね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ここは○○○○-Yasu Blog?

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://suzuyasu.asablo.jp/blog/2008/10/07/3805458/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。